日本大学文理学部 | コース科目

 

コース科目

コース科目

日本大学文理学部は、1901年に設置された日本大学高等師範科を前身とし発展した学部です。高等師範科は教員養成を目的とした学校であり、その伝統を受け継ぎ、現在でも教員養成に力を入れており、また、多くの教員も輩出しています。
人文系・社会系・理学系18のどの学科に属しても、教職コースを履修することで教員免許を取得することが可能となっています。コース科目とは、大学を卒業し学士の資格を得るための総合教育科目や各学科の専門科目などにプラスして履修・修得するカリキュラムのことで、教職コースのように就職に有利な様々な資格を得ることができる教科群です。文理学部の非常に多くの学生がコース科目を履修し、資格を取得して卒業しており、学部の特徴的なカリキュラムといえます。以下に5つのコース科目を簡単に紹介します。

●教職コース

中学・高校の各教科の教員免許状を取得するコースです。教職センターでは、教員免許を取得することに留まらず、教員採用試験の対策から、採用後の教師力向上まで、総合的にサポートする環境が整っています。

●社会教育主事コース

社会教育主事とは、都道府県・市町村の教育委員会の事務局に必ず置かれる社会教育の専門職員です。社会教育法により専門職員を配置することが明記されています。

●司書教諭コース

司書教諭とは、教員免許状を取得するともに所定の科目を修得することで得られる資格であり、学校図書館(図書室)に置かれる読書教育の専門教員です。

●司書コース

司書とは、公共の図書館などで図書資料の収集・整理・保管を行う専門的職員であり、図書館情報学の知識と技術を必要とし、国家資格として図書館法でも定められています。

●学芸員コース

学芸員とは、博物館資料の収集・整理・保管・展示および調査研究をする博物館(美術館・天文台・科学館・動物園・植物園・水族館などを含む)の専門職員です。博物館法で定められた国家資格です。