卒業の認定に関する方針

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

【文理学部(文学)】

日本大学文理学部(学士(文学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(文学))における能力を修得したものに,「学士(文学)」の学位を授与する。

[DP1] 国内外の文学・思想・歴史・多様な言語を中心とした幅広く豊かな知識と教養を基に,社会に対しての倫理観を高めることができる。

[DP2] 日本及び世界の歴史や,国際社会が直面している問題を理解し,文学・様々な言語を中心とする専門性に基づきながら,その多様性について説明することができる。

[DP3] 既存の知識にとらわれることなく, 得られる情報を人文系諸学の諸概念や理論に基づいて批判的, 論理的に考察し, その本質を理解しようと努めることができる。

[DP4] 資料や事象を注意深く観察・検討し,自ら能動的に問題を発見し,人文系諸学の研究を通して解決策を提案することができる。

[DP5] 人文系諸学の専門的知識を身に着け, 強い意思をもって, 人文学分野の未来に向かって果敢に挑戦することができる。

[DP6] 様々な言語を通じて他者の意見を聴き,自分と異なる価値観を理解・尊重し,自分の考えを伝え,他者と実りのある議論をすることができる。

[DP7] 人文系諸学の実践的なスキルを活用しながら,集団の中で他者と連携し,リーダーシップを発揮することで,協働者の力を引き出し,その活躍を支援することができる。

[DP8] 客観的に自己を見つめ,振り返りを通じて,様々な文化についての知識や多様性の理解を活かしながら自己の資質を高めることができる。

【文理学部(社会学)】

日本大学文理学部(学士(社会学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(社会学))における能力を修得したものに,「学士(社会学)」の学位を授与する。

[DP1]
幅広く豊かな知識と教養,そして社会学の枠組みや方法を基に,自己の倫理観や社会に対する責任感を高めることができる。

[DP2]
国際社会が直面している問題を理解し,日常生活から国際社会に至る現代社会の多層性と多様性について説明することができる。

[DP3]
社会事象や問題の性質に合わせデータや文献を収集し,それに即して現代社会の多層性・多様性を論理的・批判的に思考することができる。

[DP4]
社会学の枠組みや方法に即し社会事象や問題を観察・検討するのみならず,問題を発見・理解し,適切な解決策を提案することができる。

[DP5]
社会学理論や実証を中心とする調査・研究を通じ,あきらめない気持ちで,社会問題の発見・解決や社会学の刷新に向かって果敢に挑戦することができる。

[DP6]
社会学理論や実証を中心とする調査・研究を通じ,他者の意見を聴いて,自分と異なる価値観を理解・尊重し,自分の考えを伝え,他者と議論することができる。

[DP7]
社会学理論や実証を中心とする調査・研究を通じ,対話や議論を積み重ねながらチームワークに必要なリーダーシップを発揮し,適正な形で協働者への支援を行うことができる。

[DP8]
社会学理論や実証を中心とする調査・研究を通じ,自身の行為・態度を自己反省的に捉え返す省察力と自己管理能力を発揮することができる。

【文理学部(社会福祉学)】

日本大学文理学部(学士(社会福祉学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(社会福祉学))における能力を修得したものに,「学士(社会福祉学)」の学位を授与する。

[DP1]
幅広く豊かな知識と教養を基に,人間や社会に対しての倫理観を高めることができる。

[DP2]
日本及び世界の歴史や,国際社会が直面している社会福祉の問題を理解し,福祉社会の多様性について説明することができる。

[DP3]
得られる情報を客観的に捉え,論理的な思考,批判的な思考をすることができる。

[DP4]
社会や身近な環境に存在する福祉課題を見抜き,職業人及び市民としての立場から,課題解決の方向を提案することができる。

[DP5]
どんなに困難な社会福祉の課題に関しても忍耐強く取り組み,社会福祉学の未来に向かって果敢に挑戦することができる。

[DP6]
他者の意見を聴いて,自分と異なる価値観を理解・尊重し,問題解決するための信頼・協働関係を構築することができる。

[DP7]
集団において他者と連携しながら,リーダーシップを発揮し,社会福祉の当事者や協働者の力を引き出し,支援することができる。

[DP8]
自らの実践や社会との関わりを常に振り返り,社会の変化に応じた新たな知識や技能を学び,自己の資質を高めることができる。

【文理学部(教育学)】

日本大学文理学部(学士(教育学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(教育学))における能力を修得したものに,「学士(教育学)」の学位を授与する。

[DP1]
幅広い教養と倫理感を持ち,学科の学位プログラムに基づいて習得した専門的知識・技能をつなぎ,総合的に活用することができる。

[DP2]
古今東西の多様な文化や社会について豊かな想像力と理解力をもち,少数者を含めた他者への共感的な感覚や態度を身に付けている。

[DP3]
学科の学位プログラムに基づいて習得した専門的・知識技能をつなぎ,総合的に活用する論理的・批判的思考力を身に付ける。

[DP4]
自然の摂理を解明するとともに,多くの対立や葛藤を抱えた人間・社会の複雑性を科学的に認識し,問題を見出すことができる。

[DP5]
自ら新しきを作り出す気概を持ち,行動できる。

[DP6]
言語や身体など,様々な媒体を通して他者の思いや考えを受けとめるとともに,自分の思いや考えを伝え,創造的な対話と議論を重ねることができる。

[DP7]
見出され問題に立ち向かい,的確な情報収集や分析をしながら多くの人々と協力し,解釈や解決に向けてリーダーシップを発揮することができる。

[DP8]
普遍的な市民としての自覚をもち,その専門的知識の社会的な意味を省察的に考え,総合的な活動につなげることができる。

【文理学部(体育学)】

日本大学文理学部(学士(体育学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(体育学))における能力を修得したものに,「学士(体育学)」の学位を授与する。

[DP1]
体育学を中心とした幅広く豊かな知識と教養を基に,社会に対しての倫理観を高めることができる。

[DP2]
日本及び世界の歴史や,国際社会が直面している問題を理解し,その多様性について説明することができる。

[DP3]
得られる情報を客観的に捉え,論理的な思考,批判的な思考をすることができる。

[DP4]
資料や事象を注意深く観察・検討し,自ら能動的に問題を発見し,体育学を通して解決策を提案することができる。

[DP5]
あきらめない気持ちで,体育学分野の未来に向かって果敢に挑戦することができる。

[DP6]
他者の意見を聴いて,自分と異なる価値観を理解・尊重し,自分の考えを伝え,他者と議論することができる。

[DP7]
集団の中で他者と連携しながら,リーダーシップを発揮することで,協働者の力を引き出し,その活躍を支援することができる。

[DP8]
謙虚に自己を見つめ,振り返りを通じて,体育学を活かしながら自己の資質を高めることができる。

【文理学部(心理学)】

日本大学文理学部(学士(心理学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(心理学))における能力を修得したものに,「学士(心理学)」の学位を授与する。

[DP1]
心理学を中心とした,幅広く豊かな知識と教養を基に,社会に対しての倫理観を高めることができる。

[DP2]
現代社会が直面している問題を理解し,その多様性について心理学を活かしながら説明することができる。

[DP3]
得られる情報を客観的に捉え,論理的な思考,批判的な思考をすることができる。

[DP4]
資料や事象を注意深く観察・検討し,自ら能動的に問題を発見し,心理学を活かしながら解決策を提案することができる。

[DP5]
あきらめない気持ちで,心理学に解決が託された課題に向かって果敢に挑戦することができる。

[DP6]
他者の意見を聴いて,自分と異なる価値観を理解・尊重し,自分の考えを伝え,他者と議論することができる。

[DP7]
集団の中で他者と連携しながら,リーダーシップを発揮することで,協働者の力を引き出し,その活躍を支援することができる。

[DP8]
謙虚に自己を見つめ,振り返りを通じて,心理学を活かしながら自己の資質を高めることができる。

【文理学部(地理学)】

日本大学文理学部(学士(地理学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(地理学))における能力を修得したものに,「学士(地理学)」の学位を授与する。

[DP1]
地理学に関する幅広く豊かな知識と教養を基に,社会に対しての倫理観を高めることができる。

[DP2]
日本及び世界の情勢や,国際社会が直面している問題を理解し,その多様性について説明することができる。

[DP3]
得られる情報を客観的に捉え,論理的な思考,批判的な思考をすることができる。

[DP4]
資料や事象を注意深く観察・検討して,自ら能動的に問題を発見し,地理学に基づく解決策を提案することができる。

[DP5]
あきらめない気持ちで,地理学分野が解決すべき課題に向かって果敢に挑戦することができる。

[DP6]
他者の意見を聴いて,自分と異なる価値観を理解・尊重し,自分の考えを伝えて,他者と議論することができる。

[DP7]
集団の中で他者と連携しつつリーダーシップを発揮し,協働者の力を引き出して,その活躍を支援することができる。

[DP8]
謙虚に自己を見つめ,振り返ることで,地理学を活用しながら自己の資質を高めることができる。

【文理学部(理学)】

日本大学文理学部(学士(理学))は,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部(学士(理学))における能力を修得したものに,「学士(理学)」の学位を授与する。

[DP1]
社会人として必要な教養を身に着け,科学技術の進歩がもたらす倫理的問題を理解し,自らの役割を説明することができる。

[DP2]
現代社会における情報科学・自然科学の役割を理解し,国際社会が直面している問題点などを説明することができる。

[DP3]
物事を科学的根拠に基づいて客観的に捉え,批判的・論理的に考察し,既存の知識にとらわれることなく,物事の本質を捉えることができる。

[DP4]
日常生活における現象を注意深く観察・検討し,自ら能動的に考察することにより科学的問題を発見し,解決策を提案することができる。

[DP5]
情報科学・自然科学の専門的知識を身に付け,あきらめない意思を持って,未解決問題に向かって果敢に取り組むことができる。

[DP6]
社会的・学問的背景の異なる他者の意見を聴いて,自分と異なる価値観を理解すると共に自分の考え方をわかりやすく伝え,他者と議論することができる。

[DP7]
学修活動のみならず日常生活においても他者と連携し,時には自ら進んでリーダーシップを発揮することで協働者の力を引き出すことができる。

[DP8]
他者の評価を謙虚に受け止め,自分の学修生活がもたらす意義を追求し,科学分野の知識や経験を活かしながら自己の資質を高めることができる。



・令和元年度以前はこちら