卒業の認定に関する方針

文理学部の目指す教育

日本大学の教育の理念「自主創造」のもと、文理学部では「文」と「理」の融合を特色とした教育と研究を行っています。とりわけ、総合的・学際的な教育を基礎として、教養教育と専門教育を有機的に結びつける教育を目指します。21世紀を迎えた文理学部では、国内外で専門的知識を総合的に活かす個性的な学生を生み出すことを教育目標に掲げ、新たな「知」の再構築が求められている現代社会において、ゆるぎない信念と未来への希望をもって「質の高い教育」を維持し、「きめ細かな学習支援」を展開しながら、国際社会に貢献する有為の人材を育成していきます。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

【文理学部(文学)】

文理学部は,日本大学の学則第1条に掲げた「自主創造」を基本理念とし,実社会で活躍する人材の育成を目指す。このため人文系・社会系・理学系の学問を幅広く学び,困難に立ち向かうリベラルアーツ(教養)を身につけるとともに,学科ごとの専門的知識・技術を修得し,教養と知識・技能をともに生かしながら新たな地平を切り開く総合的実践力の獲得を教育目標とし,以下の能力を身につけ,所定の年限在学し,かつ所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し,学士(文学)の学位を授与する。

  1. 自主性と創造力
    自分から目標を定め,その実現に向けて,自ら考え,行動するとともに,伝統を尊重しながらも,既存の権威や規範に拘束されない創造力をもっている。
  2. 多様性に対する想像力と理解力
    古今東西の多様な文化や社会について豊かな想像力と理解力をもち,少数者を含めた他者への共感的な感覚や態度を身につけている。
  3. 自然や人間・社会の複雑性を認識し,問題を発見する力
    自然の摂理を解明するとともに,多くの対立や葛藤を抱えた人間・社会の複雑性を科学的に認識し,問題を見出すことができる。
  4. 多くの人々とともに問題解決に向かう力
    見出された問題に立ち向かい,的確な情報収集や分析をしながら多くの人々と協力し,解釈や解決に向けてリーダーシップを発揮することができる。
  5. 創造的なコミュニケーション能力
    言語や身体など,さまざまな媒体を通して他者の思いや考えを受けとめるとともに,自分の思いや考えを伝え,創造的な対話と議論を重ねることができる。
  6. 専門的知識や技能を総合的に活用する力
    幅広い教養の基盤に立って,各学科の学位プログラムに基づいて修得した専門的知識・技能をつなぎ,総合的に活用することができる。

【文理学部(社会学)】

文理学部は,日本大学の学則第1条に掲げた「自主創造」を基本理念とし,実社会で活躍する人材の育成を目指す。このため人文系・社会系・理学系の学問を幅広く学び,困難に立ち向かうリベラルアーツ(教養)を身につけるとともに,学科ごとの専門的知識・技術を修得し,教養と知識・技能をともに生かしながら新たな地平を切り開く総合的実践力の獲得を教育目標とし,以下の能力を身につけ,所定の年限在学し,かつ所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し,学士(社会学)の学位を授与する。

  1. 知識・理解(文化・社会・自然等)
    学生は,各自の問題意識・研究テーマに対して,社会学的にアプローチするための,研究の足場・支えとなってくれる社会学理論・社会思想を習得する。社会的存在としての人間の社会的行為,集団・組織,規範,逸脱,システムと機能,意味,権力,階級・階層といった社会学が前提とする概念を習得し,社会の構造や成立について理解する。その上で学生は,日常生活文化や多様な社会問題を社会学的に解読できるセンスを養う。
  2. 汎用的技能(コミュニケーションスキル,数量的スキル,問題解決能力等)
    学生は,社会学理論や社会思想を利用して研究を進めていく中から,社会的現実をみる視点と考察のための専門的な発想力を習得する。学生は,現代社会の日常生活に生起する出来事・現象の問題点を把握し,理解する調査力(社会調査リテラシー)を習得する。当該問題を研究する上で,学外の人々へのインタビューや,質問紙の配布及び統計学的分析,あるいは文献調査・ドキュメント分析等を駆使し,社会的解決を構想するセンスを養う。
  3. 態度・志向性(自己管理力,チームワーク,倫理観,社会的責任等)
    学生は,個別研究および,共同研究を通して,チームワークと組織人として適切な振る舞いを習得する。学生は,何事にも全力で取り組む態度を習得する。社会学理論と実証を中心とする各自の社会学的研究計画を構想し,輪読・実査するという一連の流れを習得し,その中で計画を遂行する自己管理能力を身につける。また社会調査の基礎的知識あるいは実査を通して,調査協力者との関係,調査報告のあり方,調査倫理を学び,社会調査という社会的な営みの意義及び,自身の行為・態度を自己反映的に捉え返すセンスを養う。学生は上記及び,DP1・2をふまえた上で,研究成果を発信し,社会に還元する責任感を養う。
  4. 総合的な学習経験と創造的思考力
    学生は,感性と社会学的想像力を研ぎ澄まし,発想力と企画力,調査力(社会調査リテラシー)と分析力,そして表現(構成)力と応用(問題解決)力を,実践的な諸活動を通して質的に高めて,社会を生き抜いていけるバイタリティとクリエイティビティに富んだ人材になる。学生は日本大学社会学科の伝統である理論と実証を総合的に学習し,既存の社会の問題をブレイクスルーし,オルタナティブな社会構想を構築するセンスを養う。

【文理学部(社会福祉学)】

社会福祉学科は,社会福祉の専門的な価値・知識・技術と豊かな人間性と福祉マインドを持ち,複雑化する生活課題・社会問題の解決に社会のさまざまな分野で取り組み,人々が幸せに生活することのできる福祉社会の創造に貢献できる実践力を有する人材の養成を目的とし,以下の能力を身につけ,所定の年限在学し,かつ所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し,学士(社会福祉学)の学位を授与する。

  1. 専門的・多角的な知識・理解
    人間や社会に関する幅広い教養と社会福祉に関する専門的な知識に基づき,福祉社会のありようについて多面的に理解し,考察できる。
  2. 総合的な思考・判断
    福祉専門職,公務員,産業人など,どのような立場であっても,社会や身近な環境に存在するさまざまな福祉課題を見抜き,職業人及び市民としての立場から課題解決の方向を考えることができる。
  3. 多様性に対応できるコミュニケーションスキル,協働して課題解決する力
    生活の背景や社会的地位の多様性を踏まえてさまざまな人々とコミュニケートでき,ともに課題解決するための信頼関係,協働関係を構築することができる。
  4. 主体的に学び・探求し・成長し続けられる態度・志向性)
    福祉社会のありように深い関心をもち,福祉サービス,行政,産業などそれぞれの立場において,主体的に探究し続けることができる。職業人として必要な使命感や責任感をもち,自らの実践や社会とのかかわりを常に省察し,社会や課題の変化に応じて新しい知識や技能を学び,成長し続けることができる。

【文理学部(教育学)】

教育学科は,日本大学の学則第1条に掲げた「自主創造」を基本理念とし,実社会で活躍する人材の育成を目指す。教育学の専門的知識・技術を修得し,教養と知識・技能をともに生かしながら,国家の枠を超えて世界と共同し,新たな地平を切り開く総合的実践力の獲得を教育目標とし,以下の能力を身につけ,所定の年限在学し,かつ所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し,学士(教育学)の学位を授与する。

  1. 自主性と創造力
    自分から目標を定め,その実現に向けて,自ら考え,行動するとともに,伝統を尊重しながらも,既存の権威や規範に拘束されない創造力をもっている。ただし伝統は,常にチャレンジしてこそ,その良さを守ることができる。したがって求められるのは,進取の気象であり,自ら新しきを作り出す気概をもっていることである。
  2. 多様性に対する想像力と理解力
    古今東西の多様な文化や社会について豊かな想像力と理解力をもち,少数者を含めた他者への共感的な感覚や態度を身につけている。ただし,他者への共感は迎合ではない。そこには,無私性を尊重した議論を重んじて,結論を急がない精神が必要である。
  3. 自然や人間・社会の複雑性を認識し,問題を発見する力
    自然の摂理を解明するとともに,多くの対立や葛藤を抱えた人間・社会の複雑性を科学的に認識し,問題を見出すことができる。そのためには,あらゆる問題を批判的に分析しようとする態度を身につけておかなくてはならない。
  4. 多くの人々とともに問題解決に向かう力
    見出された問題に立ち向かい,的確な情報収集や分析をしながら多くの人々と協力し,解釈や解決に向けてリーダーシップを発揮することができる。ただし極めて複雑な社会現象である教育においては,単に評論すべきではなく,より具体的な個々の事象に応じた分析が求められる。
  5. 創造的なコミュニケーション能力
    言語や身体など,さまざまな媒体を通して他者の思いや考えを受けとめるとともに,自分の思いや考えを伝え,創造的な対話と議論を重ねることができる。ただし他者とのコミュニケーションは,ともすれば迎合や共同規制に陥りやすい。したがって,常に自らの立ち位置を忘れないようにしなくてはならない。
  6. 専門的知識や技能を総合的に活用する力
    幅広い教養の基盤に立って,各学科の学位プログラムに基づいて修得した専門的知識・技能をつなぎ,総合的に活用することができる。ただし専門的知識は,ややもすると独善や排他へとつながりやすい。したがって,普遍的な市民としての自覚をもち,その専門的知識の社会的な意味を考えぬくことが求められる。

【文理学部(体育学)】

体育学科は,体育・スポーツと健康を取り巻く様々な学問領域における最先端の研究成果を活かしながら,優れた運動技能と高度な科学的知識・技術及び実践知を備えた,活力あふれる人間性豊かな指導者・専門家を養成することを目的としている。

体育学科では,所定の単位を修得し,以下の能力を備えた者に学士(体育学)の学位を授与する。

  1. 知識・理解(文化・社会・自然等)
    体育・スポーツ科学及び健康科学に関わる基礎的・専門的知識を有し,それらを実際の指導や社会貢献に活かすための豊かな教養を身につけている。
  2. 汎用的技能(コミュニケーションスキル,数量的スキル,問題解決能力 等)
    体育・スポーツ科学及び健康科学に関わる基礎的・専門的知識を活かし,問題解決を図るために実践と省察を用いて,協調性をもって適切な行動・判断及び指導ができる能力を身につけている。
  3. 態度・志向性(自己管理力,チームワーク,倫理観,社会的責任 等)
    より良い社会構築のために自己の役割を認識し,他者と協力して積極的に貢献しようとする態度を身につけている。
  4. 総合的な学習経験と創造的思考力
    総合大学ならではの広範な知識を養い,体育学科において人文科学・社会科学・自然科学を中心とした「科学知」及び各種実習や方法論を通して「実践知」を習得し,多面的な思考力を身につけている。

【文理学部(心理学)】

心理学科は,日本大学の学則第1条に掲げた「自主創造」を基本理念とし,心理学の素養を身につけた,実社会で活躍する人材の育成を目指す。このため文理学部などで開講されている基礎教育科目,総合教育科目や外国語教育科目などを幅広く学び,困難に立ち向かうリベラルアーツ(教養)を身につけるとともに,心理学の専門的知識・技術を修得し,人と社会に関する教養と知識・技能をともに生かしながら新たな地平を切り開く総合的実践力の獲得を教育目標とし,以下の能力を身につけ,所定の年限在学し,かつ所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し,学士(心理学)の学位を授与する。

  1. 自主性と創造力
    書かれていることや人の話をそのまま信じるのではなく,本当にそうなのか検証するクリティカルかつ実証的な態度が身についている。さらに,クリティカルかつ実証的な態度をもって自主的に自分の考えを掘り下げ,創造的な思考を発展させることができる。
  2. 多様性に対する想像力と理解力
    心理学の全般的知識及び心理学諸領域をバランスよく習得し,人と社会に関する多様性を理解することで,自分とは違う他者や異文化に対する洞察を深め,寛容な態度をもつことができる。
  3. 自然や人間・社会の複雑性を認識し,問題を発見する力
    心理学の全般的知識及び心理学諸領域をバランスよく習得し,人は環境(自然や他者・社会)から影響を受け,環境に影響を与えている存在であることを心理学的視点から理解し,人と環境との間に存在する問題を見いだすことができる。
  4. 多くの人々とともに問題解決に向かう力
    人と環境(自然や他者・社会)との間に存在する問題に対し,多くの人々と協力し,心理学的な点から,また心理学的な方法を用いて問題解決を図る力が身についている。
  5. 創造的なコミュニケーション能力
    多様な人々との間のコミュニケーションを大事にし,人の話に耳を傾け受容的に理解することができる。また,自分の考えを明快に説明したり,聞く人を説得したりするためのスキルが身についている。
  6. 専門的知識や技能を総合的に活用する力
    心理学の学修により,自己・他者・社会に関する心理学的な理解を深め,自己成長につなげるとともに,心理学を社会に役立てることができる。

【文理学部(地理学)】

地理学の対象となる広範な分野をもとに,自然と社会・文化に関する幅広い知識を獲得し,自然・社会の関係をローカルからグローバルまで総合的に理解し,課題に立ち向かうことができる人材の育成を目指し,以下の能力を身につけ,所定の年限在学し,かつ所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し,学士(地理学)の学位を授与する。

  1. 屋内外における資料の収集・分析,観測・実験などの技能をもとに,地域の問題を総合的に解決する自主性と創造力をもっている。
  2. 世界や日本の地誌の理解を通じて,多様性に対する認識を持ち,他者を尊重する態度を身につけている。
  3. 自然や人間・社会の複雑な関連性を地理学的に認識し,課題を見出し社会の発展に寄与することができる。
  4. グループで行う地域調査や実験・実習を通じて,コミュニケーション能力や自己管理力を持ち,高いチームワークの意義を十分に理解し,リーダーシップも発揮しつつ協働して活動することができる。
  5. 地域固有の課題を総合的に解決するため,自分の考えを伝え,地域に根差す人々や関係者と根気よく議論することができる。
  6. 自然・経済・社会・文化に関する地理学の知識を活用して,みずから地域固有の課題を発見し,総合的な視点からその課題をバランスよく解決することができる。

【文理学部(理学)】

文理学部は,日本大学の学則第1条に掲げた「自主創造」を基本理念とし,実社会で活躍する人材の育成を目指す。このため人文系・社会系・理学系の学問を幅広く学び,困難に立ち向かうリベラルアーツ(教養)を身に付けるとともに,学科ごとの専門的知識・技術を修得し,教養と知識・技能をともに生かしながら新たな地平を切り開く総合的実践力の獲得を教育目標とし,以下の能力を身につけ,所定の年限在学し,かつ所定の授業科目及び単位を修得した学生の卒業を認定し,学士(理学)の学位を授与する。

  1. 自主性と創造力
    自分から目標を定め,その実現に向けて,自ら考え,行動するとともに,伝統を尊重しながらも,既存の権威や規範に拘束されない創造力をもっている。
  2. 多様性に対する想像力と理解力
    古今東西の多様な文化や社会について豊かな想像力と理解力をもち,少数者を含めた他者への共感的な感覚や態度を身につけている。
  3. 自然や人間・社会の複雑性を認識し,問題を発見する力
    自然の摂理を解明するとともに,多くの対立や葛藤を抱えた人間・社会の複雑性を科学的に認識し,問題を見出すことができる。
  4. 多くの人々とともに問題解決に向かう力
    見出された問題に立ち向かい,的確な情報収集や分析をしながら多くの人々と協力し,解釈や解決に向けてリーダーシップを発揮することができる。
  5. 創造的なコミュニケーション能力
    言語や身体など,さまざまな媒体を通して他者の思いや考えを受けとめるとともに,自分の思いや考えを伝え,創造的な対話と議論を重ねることができる。
  6. 専門的知識や技能を総合的に活用する力
    幅広い教養の基盤に立って,各学科の学位プログラムに基づいて修得した専門的知識・技能をつなぎ,総合的に活用することができる。