会長挨拶

会長就任挨拶

会長就任挨拶

 平素は校友会活動に対しご理解,ご協力を賜り心より御礼申し上げます。
 校友の皆様には新型コロナウィルス蔓延の折,ご健康に十分ご留意くださるようお願い申しあげます。
 この度令和2年度日本大学文理学部校友会総会におきまして,早田卓次前会長退任にあたり会長の職を拝命することになりました,昭和43年度文理学部体育学科卒業の一箭正孝(いちやまさたか)です。
 本学が創立130周年を迎えた昨年10月4日,帝国ホテル東京で創立130周年記念式典が盛大に開催されました。田中英壽理事長が「これまで以上に学生の成長を支援し広く社会に貢献できる大学を目指してまいります。その実現のために一歩ずつではありますが常に歩みを進め,140年,150年と続く輝かしい未来を創っていく所存です。」と式辞を述べられました。
 文理学部校友会におきましても早田卓次前会長の多大なご尽力・ご指導のおかげで大きな発展を遂げてまいりました。北は北海道札幌市から,南は九州宮崎県宮崎市まで,海外は台湾支部の合計21支部が活動しています。早田卓次前会長の方針を引き継ぎ,県支部,海外支部との絆を深め,文理学部のご理解ご協力をいただき,校友会と文理学部が車の両輪となって,更なる発展を遂げるように尽力してまいる所存でございます。
 この度,大塚吉兵衛学長任期満了(令和2年8月31日)に伴う次期日本大学学長として昭和49年日本大学文理学部史学科卒業の加藤直人教授の学長就任が決定いたしました。任期は,令和2年9月1日から3年間となります。校友の皆様と共にお祝申し上げます。
 結びに,創立130周年記念式典で田中英壽理事長の式辞にありました「輝かしい未来を創っていく」のお言葉を心に,正会員の更なる拡充及び学生ファーストを念頭にした校友会活動に邁進致しますことを校友の皆様にお約束いたします。併せまして,新型コロナウィルスが早く終結し,希望に満ちた生活に戻れることを願い,皆様のご健勝とご活躍を祈念申し上げ,挨拶とさせていただきます。

文理学部校友会 会長
一箭 正孝