文理学部資料館「華ひらく王朝の和歌-勅撰三代集の世界-」展の開催について

文理学部資料館「華ひらく王朝の和歌-勅撰三代集の世界-」展の開催について

2019.05.15

 文理学部資料館では「華ひらく王朝の和歌-勅撰三代集の世界-」と題した展示会を行ないます。

 古今和歌集・後撰和歌集・拾遺和歌集。天皇や上皇などの命によって撰ばれた,勅撰二十一代集の中でも,最も尊重され,規範ともされたのが,第一から第三番目までのこの三代集でした。古今集を筆頭に,三代集はのちの日本の文学や文化に,とても大きな影響を及ぼしました。
 今回の展示では特に,二番目の後撰集の研究に多大な足跡を残した,本学国文学科の岸上慎二名誉教授の旧蔵本を軸としながら,三代集とその周辺の貴重書をご披露します。今回が初公開となる資料も少なくありません。また控えめながら新発見,と言える資料などもあります。
 十~十一世紀頃の王朝において和歌が鮮やかに華ひらき,その和歌によってまた,さまざまな文化が多彩に活性化していった様相について知って学んで楽しんで,深く考えていく機会となれば幸いです。

  会  期:令和元年6月10日(月)~7月22日(月)
  会  場:文理学部資料館展示室(図書館棟1階)
  開館時間:平日10時~17時(土曜日は13時まで)
       ※ただし7月20日・21日は平日の開館時間で特別開館
  休 館 日:日曜日
  入 館 料:無料
  主  催:日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館
  協  力:日本大学図書館文理学部分館・日本大学国文学会
  後  援:和歌文学会
  お問い合わせ先:03-5317-8590(資料館事務室直通)

※詳細は,資料館ホームページ,またはこちらをご覧ください。
このページをシェアする