Q&A

利用・入館に関して

開館時間を教えて欲しい。
図書ホームページのカレンダーにて確認することが可能です。
学生証/図書館利用証を忘れた時でも、図書館に入館できますか。
入館可能ですが、1階受付カウンターにて手続きが必要となります。ただし、図書の貸出はできません。
地下書庫への入庫方法を教えてください。
地下書庫入口で、学生証/図書館利用証と引き換えに「入庫証」を受け取り携行してください。

利用者に関して

文理学部に所属しているが、文理学部図書館の利用登録に関する手続き方法を知りたい。
本学の学生(大学院を含む)は有効な学生証で利用できます。それ以外の方は、図書館利用証の取得が必要となります。
身分証明できるもの(教職員証、受講証、運転免許証など住所が記載されたもの)を持参のうえ、1階受付カウンターにて手続きをしてください。
文理学部図書館は誰でも利用できますか。
利用対象者は、文理学部に所属している方、日本大学に所属している方、分館長が許可し所定の手続きをされた方です。
一般の方は利用できません。なお、利用についての詳細は、図書館ホームページ「利用案内」の学部外の方のご利用についてを参照してください。
卒業後も図書館を利用できますか。
所定の手続き後、利用可能となります。公的な証明書類(運転免許証、健康保険証など住所が記載されたもの)を持参してください。

貸出・返却に関して

図書の貸出・返却手続きはどこでできますか。
図書の貸出・返却・予約等の各種手続きは、1階貸出・返却カウンターで行っています。また、貸出の手続きをした図書は返本台や書架に置かず、必ず1階貸出・返却カウンターで返却手続きをしてください。
図書館閉館中に図書を返却できますか。
図書館閉館時は、ブックポスト(図書館入口前)に返却可能です。ただし、CDやDVDといった付属資料は破損しやすいため投函せず、資料とセットにし開館中にカウンターで返却手続きをとってください。また、相互貸借で借りた図書は、ブックポストに返却しないでください。
入学試験等で入校が禁止されている場合は、ブックポストのご利用はできません。
図書は何冊まで、何日間借りることができますか。
貸出冊数と期間は、利用者身分によって異なります。図書館ホームページ「利用案内」の貸出・返却を参照してください。
地下書庫の資料は借りることができますか。
雑誌、新聞等一部の資料以外は、借りることができます。
自分の借りている資料の冊数と返却期限が知りたいのですが。
My OPACにログインし、貸出・予約状況照会にて確認が可能です。
また、貸出返却カウンタースタッフにお尋ねください。
返却期限日が過ぎてから借りている図書を返却した場合、どうなりますか。
延滞した場合は、貸出停止になります。期限内の返却をお願いします。

延長に関して

資料を続けて借りることは可能ですか。
2回まで延長することが可能です。必ず手続きをおこなってください(ただし、学内の方に限ります)。
電話で貸出期間の延長手続きをすることはできますか。
電話による延長手続きはできません。貸出期間内に必ずその図書を図書館に持参して、1階貸出・返却カウンターで延長の手続きをしてください。手続きをした日から、利用者区分に応じて貸出期間を延長することができます。また、初回に限り、MyOPACからの延長手続きも可能です(学部生・大学院生前期課程に限ります)。
ただし、返却期限前に他者から貸出予約の申し込みがあった資料は、延長することができません。
返却期限日が過ぎてしまったのですが、貸出期間を延長することはできますか。
返却期限日を過ぎている場合は、貸出期間の延長手続きはできません。

図書予約に関して

利用したい資料が貸出中になっています。
借りたい資料が貸出中のときは、資料の予約が可能です。
ただし、図書館から連絡を受けてから2日以内に貸出手続きをとることが必要です(文理学部所属の方はWEBからの予約も可能です)。

施設予約に関して

視聴覚資料の利用は可能ですか。
館内1階マルチメディア・スペースがご利用いただけます。施設の予約が必要となります。
(視聴覚資料の館外貸出はおこなっておりません。館内でご利用ください。)
図書館施設の予約方法を教えてください。
図書館ホームページの図書館施設予約にて行います。ログインをして、利用したい施設・時間帯を選択し、利用目的・人数を入力します。
予約方法の詳細は、図書館ホームページのWeb予約方法を参照してください。

資料・蔵書検索に関して

文理学部図書館の資料はどのような順番で並んでいますか。
資料は全て日本十進分類法(NDC)順に左から右、上から下に並んでいます。
資料の探し方がわかりません。
図書館の資料はOPACで検索できます。書名や著者から目的の資料を検索することができ、表示された「配置場所」と「請求記号」を確認して該当の書架に行きます。
不明な点は、貸出・返却カウンター、レファレンスカウンターにお問合せください。または、図書館ホームページ「本・雑誌を探す」の蔵書の探し方にある“検索方法についての詳しい説明”を参照してください。
OPACの配架場所が学科研究室になっている資料の利用は可能ですか。
研究室資料は教員が使用している場合がありますので、状況によっては利用できないこともあります。直接学科研究室へお問い合わせください。
資料のコピーは可能ですか。
図書館の資料は著作権の範囲内で複写ができます。

レファレンスに関して

他大学の図書館を利用することは可能ですか。
相手館にもよりますが、紹介状の必要な館、事前連絡が必要な機関があります。余裕をもって(来館希望日から3日前くらい)レファレンスカウンターに相談に来てください。
雑誌をOPACで検索したら、「図書館1F学術雑誌」と表示されてあるので学術雑誌コーナーに行ってみたが、見つかりませんでした。
雑誌は年代によって置き場所が異なっています。「所蔵巻号」の「配架場所」を確認してください。学術雑誌コーナーの雑誌はタイトル順、大学の紀要は大学名順、図書館B2書庫Bは請求記号順に並んでいます。
なお、欠号がある場合もありますので、バックナンバーは詳細表示画面で巻号を確認してください。
他学部から図書や資料のコピーを取寄せた場合、どのくらいの日数がかかりますか。また、料金はかかりますか。
通常1週間くらいで到着しますが、状況によってさらに日数がかかる場合もあります。
図書取り寄せの場合は無料です。複写の場合はモノクロ1枚10円、カラー1枚50円の複写料金がかかります。図書館レファレンスカウンターにて、相互利用サービスをご利用ください。
雑誌の取寄せは可能ですか。
雑誌の取寄せは原則的にはできませんが、特定の雑誌論文が必要であれば、コピーを取寄せることができます。
他大学/他機関からの資料の取寄せは可能ですか。
国内に所蔵があれば、およそ1週間で図書・複写(コピー)の取寄せができます。 料金は、図書(1冊800円前後)/ 複写(モノクロ1枚50円前後、カラー1枚100円前後+郵送料)です。海外からの取寄せも可能ですが、料金・時間ともに国内よりもかかります。

その他

MyOPACとは何ですか。
図書館からのお知らせ、図書の貸出・延滞・罰則・予約状況の表示、ブックマークの利用等が行えます。
当利用者サービスは当学部に利用登録している方が利用可能です。
図書館のパソコンでインターネットの利用ができますか。
図書館内のパソコンは蔵書検索用です。印刷もできません。
館内で飲食はできますか。
館内での食事は禁止です。飲料の摂取はできますが、持ち込みは水筒やペットボトルに入った飲料のみ許可しています。
館内で携帯電話は利用できますか。
館内では通話禁止です。ただし、休憩室(1F・2F)のみ通話ができます。館内ではマナーモードにしてください。
学外からスマートフォンやパソコンでデータベースの利用は可能ですか。
文理学部所属の学生、院生、教職員であれば、学外から利用できるデータベース・電子資料があります。詳しくは、”文理の電子資料”のページの、【学外からの利用方法】をご確認ください。