令和2年度後学期授業の実施に係る基本方針について

カテゴリ:

令和2年度後学期授業の実施に係る基本方針について

2020.07.31

令和2年度後学期授業の実施につきましては,新型コロナウイルス感染症の拡大状況を考慮し,以下の基本方針により実施します。

1 原則として,令和2年度前学期と同様に遠隔授業(オンライン,オンデマンド,課題研究)で実施します。
2 学科専門科目(一部のコース科目を含む)のうち,実験・実習・実技につきましては,学生及び教職員の安全を十分に配慮した上で,
  対面による授業として実施することができるものとします。
  対面授業を実施する際には,感染症対策を徹底し,遠隔授業(オンデマンド等)の準備を併せて行うことにより,対面授業に出席が困難な学生(基礎疾患をもっている学生・
  入国できていない留学生・遠隔地にいる学生・感染リスクなどの理由により対面授業に出席できない学生等)に対して配慮することとします。
3 上記2の対面による授業の実施に際しては,指定されている通常の時間割の時間帯で行うことを原則としますが,前学期の集中授業期間の設定に代えて通常の土曜日3~5時限に変更し
  設定することもあります。
4 学科専門科目(一部のコース科目を含む)のうち,演習及び卒業論文指導等の科目に関して,一部の授業回について対面により実施することがあります。
5 後学期定期試験期間(予備日含む・令和3年1月26日(火)~29日(金))については,試験を実施しないこととします。

【今後のスケジュール】
・8月24日(月) 対面で実施する科目の提示(実験・実習・実技) ⇒ COMITS2にて周知します。 
・9月 7日(月) シラバスの公開 ⇒ 日本大学文理学部シラバスサイトを確認してください。

後学期ガイダンス期間の変更,桜麗祭中止による授業実施等により,後学期の学事日程が変更となります。
※詳細は,COMITS2にて確認をしてください。

なお,後学期ガイダンスに関しては別途,お知らせしますので,お待ちください。

このページをシェアする