物理学科 鈴木俊夫 教授 共同研究チーム「原子核の存在限界(中性子ドリップライン)の新たなメカニズム 」を解明「Nature」誌に掲載されました

カテゴリ:

物理学科 鈴木俊夫 教授 共同研究チーム「原子核の存在限界(中性子ドリップライン)の新たなメカニズム 」を解明「Nature」誌に掲載されました

2020.11.05

 本学部物理学科 鈴木俊夫 教授は,東京大学,理化学研究所,日本原子力研究開発機構,上智大学,宇都宮大学の研究者と協力して,中性子ドリップラインが決まる新たなメカニズムを論理的に解明しました。
 これまでは,酸素の場合のように核力の平均的な作法(モノポール項)が魔法数を変えて,新たな魔法数がドリップライン
を決めていると考えられてきました。
 ところが,フッ素,ネオン,ナトリウム,マグネシウムでは,原子核の形が球形から楕円形へ変形して起こる結合エネルギーの増減がドリップラインの決定に重要であることを,基本的な核力を用いた第一原理的な大規模殻模型計算によって示しました。
 理論計算によるドリップライン,31F, 34Ne, 39Na、は実験を再現し、42Mg がドリップラインであることを予言します。

 この成果は,2020年11月4日(英国時間)に「Nature」誌に掲載されました。
 詳しくは,プレスリリース情報を是非ご確認ください。

 ■リンク

このページをシェアする