本学部情報科学科宮田研究室の学生が情報処理学会山下記念研究賞を受賞しました。

本学部情報科学科宮田研究室の学生が情報処理学会山下記念研究賞を受賞しました。

2020.03.21

 令和2年3月6日(金)に本学部情報科学科宮田研究室に所属した中原涼太さんが情報処理学会から山下記念研究賞を受賞しました。
 山下記念研究賞とは,1年間に情報処理学会で発表された研究会およびシンポジウム発表論文の中から特に優秀な論文に授与されるものです。
 今回は,中原さんの下記論文が選定されました。

  中原涼太, 長岡大二, 呉健朗, 大西俊輝, 柴田万里那, 宮田章裕:
  複数対話型エージェントの役割分担によるユーモア生成システムの基礎検討.
  情報処理学会グループウェアとネットワークサービスワークショップ2018論文集,
  Vol.2018, pp.1–8 (2018).



 研究内容にご興味がある方は,下記リンクより宮田研究室ウェブサイトをご参照ください。

【リンク】
  山下記念研究賞について
  山下記念研究賞受賞紹介ページ
  日本大学文理学部情報科学科ウェブサイト
  日本大学文理学部情報科学科宮田研究室ウェブサイト
このページをシェアする