桑原教授らの論文が英国王立化学会のChemical Communications誌のインサイドバックカバーに選出されました

桑原教授らの論文が英国王立化学会のChemical Communications誌のインサイドバックカバーに選出されました

2019.09.28

 桑原正靖教授らの論文 “In situ condensation of an anti-cancer drug into fibrin gel enabling effective inhibition of tumor cell growth”が高く評価され,英国王立化学会のChemical Communications誌のインサイドバックカバーに選出されました。
 おめでとうございます。
 詳細は化学科のホームページを参照ください。

リンク:日本大学文理学部化学科ホームページ


このページをシェアする