文理学部
日本大学大学院文学研究科
日本語教育コース
概要

⽇本語教育コースについて

日本語教育コース

日本大学文理学部と大学院文学研究科に「日本語教育コース」を開設します。
学部に「基礎コース」、大学院には「基礎コース」と「応用コース」を設置します。
専門職として本格的に日本語教師をめざす人はもちろん、人文系・社会系・理学系の学科を問わず、自身の専門を深めながら日本語教員としての知識とスキルを獲得したい人も歓迎します。

日本語教育コース

学部

基礎コース

日本語教育に関わる基礎的な科目を履修

日本語の教授法入門や日本語教育実習など、指定された日本語教育に関わる基礎的な科目を履修すると、学部から「基礎コース」の修了証明書が発行される予定です。

学部 大学院
学部 大学院

大学院

基礎コース
応用コース

日本語教師としてより
専門性の高い知識・スキルを獲得

大学院にも学部とは異なる「基礎コース」を開設します。
また、大学院ではさらに高いレベルの「応用コース」も新設します。指定の科目群から所定の単位数を履修すると大学院から「応用コース」の修了証明書が発行される予定です。
なお、大学院では「日本語教育コース」所属の教員が指導教員となり、日本語教育をテーマとした修士論文・博士論文を執筆することが可能となる予定です。

日本語教育に関わる基礎的な科目を履修

日本語の教授法入門や、日本語教育実習など、指定された日本語教育に関わる基礎的な科目を履修すると、学部から「基礎コース」の修了証明書が発行される予定です。

日本語教師としてより
専門性の高い知識・スキルを獲得

大学院にも学部とは異なる「基礎コース」を開設します。
また、大学院ではさらに高いレベルの「応用コース」も新設します。指定の科目群から所定の単位数を履修すると大学院から「応用コース」の修了証明書が発行される予定です。
なお、大学院では「日本語教育コース」所属の教員が指導教員となり、日本語教育をテーマとした修士論文・博士論文を執筆することが可能となる予定です。

日本語教育コースの3つのポイント

Point 1

コース修了後、日本語教師として働く前提となる履修証明書を発行します。民間試験である「日本語教育能力検定試験」の合格証明とともに、この証明書があなたのキャリア形成に効力を発揮します。

Point 2

日本語教育コースで修得した単位は、専攻によって大学・大学院修了要件単位に含まれるよう計画しており、それぞれの専門を修得しながら、日本語教育を学ぶことができます。

Point 3

海外から日本に来て働く人が増える中、企業でも多様な人材育成の鍵として日本語教育の知識・スキルが重視されています。日本語ネイティブの学生にも海外の学生との交流の機会を提供し、多様化する社会に応える人材を育成します。

留学生・日本語教育センター

留学生・日本語教育センターは、日本語教育コースを履修する学生をはじめ、学部・大学院に所属する留学生の学修から生活までのサポートをする機関です。日本語教育の経験豊かな教員集団が運営に当たります。センターは留学生同士、留学生と日本語ネイティブとの交流の場!

下記のイベントも開催予定
(外国語教育センター等と連携)

  • 外国語サロン
    (英語・中国語・韓国語)
  • ランゲージ・エクスチェンジ
  • 外国人留学生交流会
  • 留学生研修旅行 等

「国際教養科目」・「アカデミック・ライティング」
を新設

国際教養科目

留学生と日本語ネイティブが参加し、日本学をテーマにダイナミックにディスカッションを繰り広げつつ学び合う「国際日本学入門」をはじめとした科目群を学部科目として新設します。

アカデミック・ライティング

日本語と英語で学術的な文章を書くための基礎的スキルの獲得をめざす「アカデミック・ライティング」を学部の「国際教養科目」と大学院の「共通科目」として新設します。大学院には、アカデミック・ライティングの指導者として教壇に立つための知識とスキルを教授する、指導法をめぐる科目なども設置する予定です。

「国際教養科目」・「アカデミック・ライティング」を新設