学校において予防すべき感染症について

学校保健安全法施行規則第18条に定める「学校において予防すべき感染症」にあげられる感染が疑われる場合は速やかに医療機関を受診してください。罹患が確認された場合はすみやかに保健室、各学科へ電話報告してください。医師から感染予防上登校しても支障がないことを確認してから登校するようにしてください。その際、医療機関に治癒証明書の作成を依頼し、学生は教務課と欠席した授業の担当教員(コピー可)へ提出してください。教職員については、庶務課へ提出してください。