学校において予防すべき感染症について

学校保健安全法施行規則第18条に定める「学校において予防すべき感染症」にあげられる感染が疑われる場合は,速やかに医療機関を受診し,罹患が確認されたら各学科に必ず報告してください。同規則第19条に定められている期間は出席停止となりますので,しっかり休養し自己判断で登校しないようにしてください。登校する際には医療機関で「学校感染症登校許可書」を記入してもらい,教務課と欠席した授業の担当教員(コピー可)へ提出してください。(教職員は庶務課へ提出してください)