盗難には注意しましょう

盗難には注意しましょう

学内といえども注意

学内での盗難が多発しています。特に、授業前後に机や椅子に置いたまま席を離れて置き引きに遭うケースが多いです。
多くの学生が出入りする場でも発生しているようですので、席を離れる時は、貴重品に限らず自身の持ち物の管理には十分気を付けてください。



・ 所持品から目を離さない。

・ 教室・図書館・食堂・屋外ベンチなどで、手荷物を置いたまま席を離れない。

・ 財布等の貴重品は常に身に付け、トイレ等のわずかな時間席を離れる時も、決して置いたままにしない。

盗難に遭った場合

大学構内では、外部から「窃盗」目的で侵入した者を見分けることは困難です。大学内といえども決して安全ではありませんので、充分に注意が必要です。
万が一盗難にあった場合は至急、以下の手続きを行ってください。



・ キャッシュカード・クレジットカードが盗まれた時は、直ちに金融機関やカード会社に連絡する。

・ 最寄の警察に「被害届」を提出する。

・ 学生課に「学内での盗難届」を提出する。


なお、構内で不審物・不審者を見かけた時は、教職員または警備員にお知らせください。