ホーム > イベント一覧 > 第5回“「東京」を観る、「東京」を読む。”展の開催について
 第5回“「東京」を観る、「東京」を読む。”展の開催について

   日本大学文理学部では、「東京写真:新聞ジャーナリズムと社会学」をメインテーマとして、下記のような展示発表とドキュメンタ
リー上映&トークセッションを開催致します。
 入場無料・上映&トークセッションは先着順(予約不要)となっています。
 多数の皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。

    主催:日本大学文理学部
    共催:毎日新聞社・東京新聞写真部
    後援:日本都市社会学会・世田谷区・世田谷区教育委員会・調布市教育委員会・府中市教育委員会・下高井戸商店街振興組合・桜上水商店会・松沢地区町会連合会

   <展示発表>
    A.“東京Oh!”展  東京新聞写真部
  B.“東京写真”展  毎日新聞社
    C.“写真で語る:「東京」の社会学 '09”展
          「東京人」観察学会(日本大学文理学部社会学科 後藤ゼミ)
    会 場:日本大学文理学部百周年記念館1Fのエントランスホール
    会 期:11月17日(火)~26日(木)の10日間 
          平日・土日・祝日共、毎日午前10時~午後7時  

    <「東京ドキュメンタリー」の上映と「東京写真」をめぐるギャラリートーク>
     会 場:日本大学文理学部百周年記念館2Fの国際会議場
     日 時:11月21日(土)午後1時~5時半(開場12時半)
     [東京ドキュメンタリーの上映] 13:00~15:00
     (1)「少し優しい気持ちになれる瞬間」
     (2)「歌舞伎町想い人―街の繁栄と安全を願って―」
       (3)「『繋ぐ人』という音―羽田・穴守稲荷神社―」
       (4)「池袋、ホームレス問題―てのはしと住民の思い―」
     (5)「個性を発信! 読者モデル―主役は街の若者たち―」
      ※ 社会学科学生が制作した作品(いずれも「仮題」)です。プログラムを変更する場合があります。
     [東京写真トークセッション] 15:30~17:30
      登壇者:
       (1) 佐藤賢二郎氏(毎日新聞外信部記者)   2006年度新聞協会賞受賞
       (2) 戸上航一氏(東京新聞写真部カメラマン) 2009年度新聞協会賞受賞
       (3) 笠原和則氏(東京新聞写真部カメラマン) 2009年度新聞協会賞受賞
       (4) 嶋邦夫氏(東京新聞写真部カメラマン)  2009年度新聞協会賞受賞
       (5) 社会学科後藤ゼミの3・4年生3名
      司会:後藤範章日本大学教授

     問い合わせ:日本大学文理学部社会学科事務室(03-5317-9713)
               または後藤(E-mail:ngotoh@chs.nihon-u.ac.jp)まで

     詳しくは、下記をご参照下さい。
    http://www.chs.nihon-u.ac.jp/soc_dpt/ngotoh/tokyo/Information/09Poster.pdf


 
Nihon University College of Humanities and Sciences