2011年度の後藤ゼミ年間スケジュール

 

 

04/13()* 配布物:スケジュール表、シラバス、研究室利用規約、後藤ゼミBooklet20104年生の配付資料など

  0) 今年度の約束事:時間厳守の実現/情報の公開と意思の共有

    1) 出席票回収と本日のゼミ日誌(ブログ)担当者 ※ブログは必ず土曜日夜までにアップする。翌水曜日のゼミが始まるまでにブログに各自必ず目を通し、内容を確認しておく。

2) 自己紹介(12分以内)

3) ゼミガイダンス並びにゼミの方針と年間スケジュールについて

<<ゼミの基本方針>>

a. ゼミ生一人びとりの個性や能力の創造と開花==ゼミの第一義的な目的・目標。各人が「幸せな人生」を歩んでいくための確かな土台作り(=人間形成)。「誰もが皆、人生の主人公!」。

b. ゼミプロジェクトの成果の外へ向けての発表と共有財産の形成==ゼミの第二義的な目的・目標。後藤ゼミが引き続き成長・発展・進化し、ゼミの卒業生を含む「コミュニティ(=「東京人」観察学会)の土壌」をより豊穣なものにしていくために。

c. Doing Sociology==基本は、何と言っても「社会学すること」。

d. Sense of WonderSociological Imagination==Doing Sociologyに不可欠な二大要素。

e. 優れた表現者/Fieldworker(調査者ないし観察者)Sociologist(社会学徒)たれ!==フィールドワークと社会学を武器に、第三者に向けて「秀でた表現」のできる人材の育成。ゼミブログも。

f. せめぎ合いとつむぎ合いのダイナミズム==後藤ゼミの一大スローガン!

g. エクスタシー==楽苦しさの果てにエクスタシーを味わえるゼミにしよう!(隠れたスローガン)

h. 情報開示と意思決定プロセスの透明性==舞台の裏側までを見渡せる環境(=予測可能性と計算可能性)下での諸変数のコントロールと合理的な判断並びに行動。情報を得て、考えて、創意工夫をして、提案して、多くの人を巻き込んで実践して、トライ・アンド・エラーを繰り返し、経験を通して成長していく培養基。

i.柔軟な発想とフットワークの軽やかさ==状況への適確な対応。歩きながら/走りながら(いくつものことを同時に)考え、歩きながら/走りながら解決していく道筋をつける力。「情報」の収集・整理・加工・分析(=有意味化)が鍵を握る。

j. コミュニケーション/インターフェイス力、マネジメント力==異質な要素をつなぎ合わせる能力。時間と仕事と自分に対するマネジメント。創造的な仕事に時間とエネルギーを振り分ける力。

k. 時間厳守と責任の所在の明確化、そして「有言実行」==過去の反省に立って。

l. “デモ・シカ日大生”からの脱却==「日大生」として「いま、ここ」にいる自分への問いかけ。

m. 脱“平均的日大生&集団主義(仲良しグループ/メダカの学校)”==「個性」をしなやかに磨き、「能力」をしたたかに高めるために(その1)。

n. 異質多様性の最大化==「個性」をしなやかに磨き、「能力」をしたたかに高めるために(その2)。

o. 自分の創造的破壊==「個性」をしなやかに磨き、「能力」をしたたかに高めるために(その3)。

4) ショート・スピーチについて――各回の冒頭に、昨年度に続き「今日の日経新聞より」を行う。その日の日経新聞朝刊に掲載された記事の中から1つを取り上げ/紹介し、コメントするというもの。毎回、2人ずつ。

  5) これまでずっと続けてきた「現役ゼミ生の文章表現力向上を目指した実践講座」は、行わない。一定(「やらないよりはまし」という程度)の効果はあったが、これだけでは文章表現力の向上は望めない。―→Facebookを活用することにしたい。

6) 4年生からの説明==総務・イベント・会計・システム・ブックレットの各班について、ブログの担当について、その他(時間があれば、班編制を行う)。

  

04/20()* 4限:ゼミプロジェクトの視点と方法と経緯と成果(後藤のレクチャー)/5限:メール・googleFacebookの活用術と作法について(メディア・ラボにて)

04/27() 3限:卒論指導4年生研究計画書提出/テキストに関する意見交換)/45限:インタビュー実習(インタビュアーとインタビュイーのロールプレイング)と他己紹介――各自、インタビュアーを2回、インタビュイーを2回(4回×20分=80分)。今回の課題は、「本人が気づいていない良いところ/素晴らしいところを、インタビューで引き出すこと」。他己紹介=インタビュー実習の成果報告(1人につき2分×45人=90分)。ゼミコンパ。

  

05/11()* 45限:班と部会のあり方の再検討と再編成――1)、システム、イベント、ブックレット、会計の5つの班と広報・宣伝(昨年はなし)、PLP、会場デザイン・運営、渉内・渉外の4つの作業部会のあり方の見直し、2)班と部会の再編成、3)各班・部会別の作戦会議

 

05/14() 8510日(ゼミ会)――卒業生を交えての交流・懇親会。演習生にも参加を働きかける。

2011年度 春のゼミ会:文理学部のコスモス(3号館)にて

時間:午後1時半〜4時半

会費:学生千円・卒業生2千円

参加見込み:70名程度と見込んで、料理と飲み物を用意する。

 

05/18()*  45限:「東京探検団」「東京」の“未体験ゾーン”を探検・探索・探訪し、社会学的想像力を高めると共に、写真撮影を促進するためのプログラム)の企画コンペとプランニング――企画案のプレゼンと選考、プランニング(―→観察学会MLで公表する)

 

05/25() ゼミ全体での「東京探検団」1時に教室に集合し、出席を取った上で出発):ウルトラモダーン東京――エキナカ最前線(品川・渋谷・新宿)。商業空間と広告空間(デジタルサイネージ)を中心として。下高井戸→品川→渋谷→新宿/レトロ東京――新宿思い出(しょんべん)横丁の探索。終了後、軽く打ち上げ(自由参加)。

 

06/01() 卒論指導4年生の第1回中間発表会@/レジュメ配布)3時限ぶち抜き

 

06/08()* 45限:写真撮影チームの編成/映像フィールドワークの企画コンペとチーム編成――1)企画案のプレゼンと選考、2)チーム編成と作戦会議

 

06/15()* グループ別フィールドワークの実施@――映像フィールドワーク班と写真撮影班別

 

06/22() 卒論指導4年生の第1回中間発表会A/レジュメ配布)3時限ぶち抜き

 

06/29() 卒論指導3年生の第1回中間発表会/レジュメ配布)3時限ぶち抜き

 

07/06()* グループ別フィールドワークの実施A――映像フィールドワーク班と写真撮影班別

 

07/13()* 4年生の卒論執筆者の最終確定/前期を振り返って/ゼミ合宿説明会

 

08/01()08/04()頃 ゼミ合宿(山中湖セミナーハウス)実施

   1) 作品(写真)のセレクション

   2) フィールドワークとキャプション作成のためのキャプション班編成(班長・副班長)及び班別の会議と発表  

   3) 部会別の会議と発表    4) 下半期のスケジュールの決定、その他

※ 社会学演習の合宿も同日並行で実施し、連携を図る。演習の学生は、初日夜までと2日目に参加する。初日夜には、ゼミ生にも参加してもらって「下高井戸/桜上水物語」(小作品)の発表会を開催する。3日目午前中は、演習とゼミを別々に分けて行う。3日午後のイベントと打ち上げは、合同で行う。

※ 8月中は、原則としてゼミ活動を「完全休止」する。但し、卒業生を交えての観察学会ウェブの改訂作業&懇親会を1回行う予定。

 

9/上旬からゼミ活動再始動(特にフィールドワークの実施とキャプション案の作成)

 

09/28()* 1次案の報告・検討会、その他

 

10/05() 卒論第2回中間発表会3時限ぶち抜き/34年生全員の発表が終わるまで/レジュメ配布

 

10/12()* 2次案の報告・検討会、その他

 

10/19()* 各部会からの報告と検討、その他

 

10/26() 3次案の報告・検討会、その他3時限ぶち抜き)

 

10/下旬〜11/下旬 入ゼミ希望者へのゼミ説明会・相談会開催(意欲と可能性のある学生を1人でも多く!)

 

10/28()10/30() 桜麗祭  今年も参加する?

 

9月頃より同時併行して

  1) ポスター・リーフレット・パンフレット等の制作(主にPLP部会)

  2) 広報及び宣伝活動(主に広報・宣伝部会)

  3) 展示発表のための諸準備(主に会場デザイン・運営部会)

  4) ゼミ内のキャプション班・部会間及び他ゼミ・学科との連絡・調整(主に渉内・渉外部会)

 

11/02() 4次(最終)案の報告・検討会、その他3時限ぶち抜き)

 

11/09()* 各部会からの報告と検討、ソシオ・フェスタの諸準備、その他

 

11/16()* 作品タイトル・キャプション及びパンフレットなどの最終版の確認11/22頃までに版下を入稿する)

 

11/30() ソシオ・フェスタ'11の最終確認

 

12/05() ソシオ・フェスタ'11会場設営

 

12/06()10() 社会学科主催の学術イベント「ソシオ・フェスタ'11の開催 毎日10:0018:30

      百周年記念館1Fのエントランスホール他にて

     後藤ゼミによる“写真で語る:「東京」の社会学 '11”展(18回目)、ほか

 

  12/10() 映像作品の上映会の開催 14:0018:00 百周年記念館2Fの国際会議場にて

  「東京」ドキュメンタリー(社会学演習)及びゼミの映像作品

   1900 懇親会(秋のゼミ会)開催 

 

12/14()* 4年生卒論最終発表会45限/レジュメ配布)

 

12/21()22() ゼミ旅行(フェスタの総括と打ち上げを兼ねる)

 

 

2012年>

 

01/10頃 卒論提出

 

01/11() 3年ゼミ長・副ゼミ長他役職の決定、2012年度へ向けて

 

01/18() 1年間の総まとめ

 

02/04前後 卒論口述試問及びゼミ代表者のリハーサル

 

02/10頃 11回社会学科卒論発表会(全員参加し、レポートを作成する)

 

02/末までに 卒論発表会レポート提出

 

03/初め頃までに 観察学会ウェブの更新(今年度作品のアップほか)、観察学会ニュース第15号発行

 

03/25() ゼミブックレット発行2011年度も作るのであれば)、卒業パーティ/謝恩会

 

2012年度>

 

04/12() 2012年度第1回目のゼミ

 

 

 

※「東京探検団」のテーマ(「東京人」観察学会の愛唱歌)

   

   わ・わ・われらは東京探検団 勇気りんりんるりの色 望みにもえる呼び声は 朝焼け空にこだまする

   わ・わ・われらは東京探検団

   

  わ・わ・われらは東京探検団 力ようよう海の色 胸も高鳴る呼び声は まひるの空にこだまする

   わ・わ・われらは東京探検団

   

  わ・わ・われらは東京探検団 知恵は七色虹の色 夢もふくらむ歌声は 夕焼け空にこだまする

   わ・わ・われらは東京探検団

   

  わ・わ・われらは東京探検団 誓いはかたく鉄の色 あしたをめざす歌声は 月夜の空にこだまする

   わ・わ・われらは東京探検団