来場者投票によるベスト5/10作品

 1994年度の学園祭での展示発表以来、ご来場下さった皆さんに気に入った作品を「5点以内」選んでアンケート用紙に記入(投票)していただいています。以下は、その結果をまとめたものです。なお、199499年の各年のベスト5作品(合計30点)を展示した2000年の「回顧展」のみ、上位7位まで掲載しました。
 2005年度の第12回からは、学園祭を離れての単独開催になりました。つまり、私たちの展覧会を唯一の目的にご来場された方々の投票とアンケートの結果ということになります。上位10作品を掲載します。

 2009年度の台6回に関しては、毎日新聞・東京新聞との共催で展覧会を開催し、後藤ゼミ・毎日新聞「東京写真」・東京新聞「東京Oh!」の3種類合計58点を展示し、全てを投票の対象にしました。その結果も出しておりますが、これまでに合わせて、後藤ゼミ作品に限定してのベスト10を掲載します。


《 第16回(2009年度)》 N=1,368

1位(434票)No.57  リアルワールド −現実のような幻想−
2位(250票)No. 自転車対策が生んだハイテク収納空間 −江戸川区から広がる根−
3位(250票)No.47  農大色の彩現 −光に乗せたメッセージ−
4位(216票)No.23  西新宿のインキュベーター? −広告塔としての繭(コクーン)
5位(204票)No.31  交番の隣で演じ続ける紳士淑女 −演出家は台東区です−
6位(175票)No.  東京大深度地下鉄 −深化は深化と言えるのか?−
7位(157票)No.52  そこに三沢はいなかった −悲しみに染まるリング−
8位(149票)No.54  無差別殺傷事件と神田祭 −祭が秋葉原を変える瞬間−
9位(149票)No.22  片道370円の山登り −気軽に楽しめる山、高尾山−
10
位(139) No.42  足を運ばせるための仕掛け(1) −六本木ヒルズの太極拳イベント−
 
 DATA】 20091117()1126()文理学部百周年記念館1Fのエントランスホール/来場者数:2,109名/アンケート回答者:1,368(回答率64.9%)/男性59.2%、女性38.4%20歳代48.5%20歳未満16.3%60歳以上14.6%50歳代7.8%30歳代5.8%40歳代5.5%/文理学部の学生52.3%(社会学科:社会学科以外=38.361.7)、世田谷区民19.8%、日大の卒業生・父母9.0%、その他7.5%、日大教職員3.4%、他大学・短大・専門学校の学生2.9%、高校生2.0%、日大他学部の学生1.6%/初めて61.8%24回目29.4%5回目以上6.6%自由回答欄にご記入いただいた「生の声」もご覧下さい。また、本展覧会の一環で会期中に開催した「東京ドキュメンタリー」上映&「東京写真」をめぐるトークセッション参加者の「生の声」も紹介しておきます。


《 第15回(2008年度)》 N=969

1位(264票)No.13  靖国神社と見世物小屋 −聖と俗の共存共栄−
2位(225票)No. 目映いキャンドル −東京タワーの皮肉−
3位(198票)No.  知られざる水運の力 −ごみ運搬船から見えるもの−
4位(180票)No.16  予備校までが超高層ビル化−「志望校を見下ろす、合格力!」って?−
5位(179票)No.12  上野の森のマンガ展 −広がる美術?−
6位(166票)No.11  お江戸日本橋七つ立ち −首都高の両面性−
7位(146票)No.20  新宿御苑の効能 −\200で得られるストレス発散とリフレッシュ−
8位(128票)No.19  日常性を踏み越える −お姫様気分で英会話−
9位(123票)No.  外国人向け商売と24時間営業 −ここでも進む東京集中−
10
位(108票)No.  百貨店への“誘”歩道 −地下通路を介した新宿の一体化と巨大化−
10
位(108票)No.  ライトピア −光に隠された思惑−
 
 DATA】 20081118()1127()文理学部百周年記念館1Fのエントランスホール/来場者数:1,309名/アンケート回答者:969(回答率74.0%)/男性55.5%、女性42.5%20歳代56.7%20歳未満14.4%60歳以上9.6%50歳代7.4%40歳代5.9%30歳代4.9%/文理学部の学生58.1%(社会学科:社会学科以外=49.150.9)、日大の卒業生・父母12.8%世田谷区12.0%、その他5.9%、日大教職員4.9%、他大学・短大・専門学校の学生2.8%、日大他学部の学生2.0%、高校生0.8%/初めて61.8%24回目29.4%5回目以上6.6%/ポスター・リーフレットを見て40.4%、ゼミ関係者に勧められて29.0%、ゼミホームページを見て4.3%、世田谷の区報を見て1.8%、雑誌0.3%、その他23.2%(複数回答)/自由回答欄にご記入いただいた「生の声」もご覧下さい。


《 第14回(2007年度)》 N=912

1位(247票)No.11  「撮られるなんて、予想外です。」−高架下の高級車−
2位(231票)No.13  ファインダー −光と影の追跡者−
3位(179票)No.21  グローバリズムとナショナリズム −meet the east again
4位(162票)No.14  新宿西口広場 −駅近(地下)宿泊費0円−
5位(149票)No.  “ホンモノそっくりのニセモノ(食品サンプル)”の発信基地 −職人技の視覚効果(マジック)
6位(145票)No.18  現代に生きる街頭紙芝居 −愛される「繋がりの場」−
7位(130票)No. 絵馬の縦列がけ! −梅の咲く頃までが見頃です−!−
8位(126票)No.22  環境をデザインする心 −JR東日本の最新車両−
9位(123票)No.12  人の流れと川の流れ −作られた観光名所−
10
位(118票)No.  時代の流れに抗って −オタクと権力とのせめぎ合い−
 
 DATA】 20071120()1129()文理学部百周年記念館1Fのエントランスホール/来場者数:1,586名/アンケート回答者:912(回答率68.0%)/男性59.2%、女性38.5%20歳代54.7%20歳未満14.3%60歳以上11.5%50歳代7.3%40歳代5.9%30歳代5.1%/文理学部の学生50.4%(社会学科:社会学科以外=41.059.0)世田谷区12.4%、日大の卒業生・父母11.4%、その他9.1%、日大教職員5.5%、他大学・短大・専門学校の学生4.4%、高校生2.5%、日大他学部の学生2.0%/初めて57.2%24回目33.2%5回目以上7.4%/ポスター・リーフレットを見て42.6%、ゼミ関係者に勧められて24.0%、ゼミホームページを見て3.0%、雑誌0.5%、その他27.2%(複数回答)/自由回答欄にご記入いただいた「生の声もご覧下さい。


《 第13回(2006年度)》 N=1418 

1位(385票)No.18  「食」から「客」へ −マクドナルド化最前線−
2位(318票)No.20  吉祥寺協奏曲 −井の頭公園とハモニカ横丁が生み出す音色−
3位(298票)No.  あなたはどこで眠りますか? −東京のお墓事情を読む−
4位(277票)No.19  見せかけの銀座開放 −エキストラとしての役割−
5位(273票)No.12  インビジブル・ミラー −皇居の後ろ姿−
6位(272票)No.  神楽坂花柳界のジレンマ −「見えない」価値の行方−
7位(225票)No. イスラムカラーの巨大パレット −アッラーアクバル(神は偉大なり)!−
8位(208票)No.  街と乙女の事情 −照らし出された影と陰−
9位(196票)No.21  バスに揺られて竜宮城へ −リピーター様大歓迎−
10
位(195票)No.  銀座の中の“純和風” −オンリーワン、歌舞伎座−
 
 DATA】 2006a1121()1130()文理学部百周年記念館1Fのエントランスホール/来場者数:2086名/アンケート回答者:1418(回答率68.0%)/男性56.5%、女性41.4%20歳代58.5%20歳未満13.2%60歳以上10.1%50歳代6.8%40歳代5.4%30歳代4.5%/文理学部の学生54.4%(社会学科:社会学科以外=19.135.3)世田谷区12.0%、日大の卒業生・父母10.4%、他大学・短大・専門学校の学生5.2%、文理学部の教職員4.7%、日大他学部の学生2.0%、高校生1.8%、その他8.5%/初めて62.1%24回目31.2%5回目以上4.5%/ポスターを見て34.1%、友人・家族に勧められて30.3%、リーフレットを見て8.3%、ゼミホームページを見て3.5%、その他のホームページを見て1.6%、その他35.9%(複数回答)/自由回答欄にご記入いただいた「生の声」もご覧下さい。


《 第12回(2005年度)》 N=1357 

1位(309票)No.23  菊と白百合 −靖国神社の天皇性−
2位(266票)No. 足元見つめて55年 −遠い街「新橋」−
3位(251票)No.  見えないシェルター −渋谷における空間と人間の二面性と共通性−
4位(222票)No.  女のサンクチュアリ −ひとときのやすらぎを求めて−
5位(194票)No.  歌舞伎町WARS −上を向くと殺されるぞ−
6位(180票)No.  「東京」の動脈硬化 −通勤・通学の難民化−
7位(172票)No. 渋谷駅前分煙スペース −タバコの煙に包まれるハチ公−
8位(163票)No.11  金喰い橋 −そして誰も使わなくなった・・・−
9位(139票)No.15  恵比寿、ちょっと贅沢なコンビニです。 −onからoffへのスリップ−
9位(139票)No.21  ああ上野 −消えそうで消えない西郷会館−
 
 DATA】 20051122()121()文理学部百周年記念館1Fのエントランスホール/来場者数:1854名/アンケート回答者:1357(回答率73.2%)/男性55.2%、女性42.8%20歳代58.0%20歳未満14.6%60歳以上9.7%50歳代6.9%30歳代4.9%40歳代4.4%/文理学部の学生58.4%(社会学科:社会学科以外=40.659.4)世田谷区10.5%、日大の卒業生・父母9.6%、文理学部の教職員3.9%、他大学・短大・専門学校の学生2.7%、日大他学部の学生2.1%、高校生1.4%、他大学・短大・高校の教職員1.3%、その他8.8%/初めて73.9%24回目18.4%5回目以上3.2%/チラシ・ポスターを見て30.8%、友人・家族に勧められて22.7%、ポストカードを見て11.8%、ホームページを見て2.0%、その他22.1%(複数回答)/自由回答欄にご記入いただいた「生の声」もご覧下さい(初公開です)。


《 第11回(2004年度)》 N=1008

1位(384票)No.  新「川の手/海の手」論  −下町の新「山の手」−
2位(207票)No. ホームレス式情報ネットワーク −炊き出しに見る計算と選択−
3位(203票)No.11  江戸の中心と東京の中心 −東京駅をはさんで対峙する日本橋と丸の内−
4位(191票)No.20  コミュニティの衰退 −監視社会化を引き起こす根本原因−
5位(190票)No.  時の流れに身をまかせ −姿を消した日暮里駄菓子屋問屋街−
 
 DATA】 20041029()30()1号館118教室/来場者数:千数百名/アンケート回答者:1008名/男性50.1%、女性49.6%20歳代47.4%20歳未満29.2%50歳代9.3%40歳代6.8%30歳代3.9%60歳以上2.8%/文理学部の学生38.6%(社会学科:社会学科以外=33.366.7)、一般13.2%、日大生の父母10.3%、他大学・短大・専門学校生10.2%、高校生9.7%、日大の卒業生9.7%、その他(文理学部の教職員、小・中学生など)8.3%/初めて72.2%2回目12.0%3回目以上15.8%/「桜麗祭大賞」受賞(7回目)


《 第10回(2003年度)》 N=1381

1位(349票)No.23  絶叫と静寂の衝突点  −イルミネーションの副産物−
2位(301票)No.30  対向するまなざし −浜離宮と汐留との「借景」関係−
3位(278票)No.15  お台場温泉物語 −都心型温泉の誕生−
4位(201票)No.17  新宿29時 −「今日」の終焉のために−
5位(189票)No.27  キッカケは“Merry” −でも、笑顔は観るもの?−
 
 DATA】 2003111()3()1号館118教室/来場者数:2000名/アンケート回答者:1381(回答率69.1%)/男性42.8%、女性56.4%20歳代40.9%20歳未満29.8%40歳代9.6%50歳代9.3%60歳以上4.9%30歳代4.6%/文理学部の学生34.8%(社会学科:社会学科以外=35.864.2)、一般17.2%、高校生11.4%、日大生の父母10.6%、他大学・短大・専門学校生9.6%、日大の卒業生7.5%、その他(文理学部の教職員、小・中学生など)7.7%/初めて73.7%2回目13.1%3回目以上9.7%/「桜麗祭大賞」受賞(6回目)


《 第9回(2002年度)》 N=1374

1位(366票)No.12  東京型通学スタイル  −私も"越境"通学生!?−
2位(318票)No.30   「東京」のワールドカップ −日本のセンター・フォワード−
3位(283票)No.17  仰天!!ライバル企業の街角共演!? −なんでこうなるの・・・・−
4位(242票)No.11  光の共鳴 −変わらぬシンボルと進む再開発−
5位(224票)No.29  超「マン喫」でおやすみ −さらなる多様化の先にあるものは?−
 
 DATA】 2002112()4()1号館118教室/来場者数:2233名/アンケート回答者:1374(回答率61.5%)/男性40.5%、女性59.0%20歳代38.1%20歳未満33.9%40歳代10.8%50歳代7.7%30歳代5.2%60歳以上3.1%/文理学部の学生28.1%、一般20.5%、高校生15.1%、他大学・短大・専門学校生11.3%、日大生の父母9.5%、日大の卒業生7.4%、その他(文理学部の教職員、小・中学生など)8.1%/初めて79.3%2回目9.6%3回目以上9.6%/「桜麗祭大賞」受賞(5回目)


《 第8回(2001年度)》 N=1101 

1位(311票)No.13  The International Exposition of 'Replicas' −世界(の寄せ集め)都市・東京−
2位(264票)No.28   “バリアフリー”のその先 −全ての人々の共生のために−
3位(258票)No.11  マゴコロ買イマス −聞コエナクナルアノ笛ノ音−
4位(254票)No.26  若奥様の行列 −学校歴にもブランド信仰−
5位(207票)No.29  現代新宿的事情 −大きな街の灯・小さな家の灯−
 
 DATA】 2001112()4()1号館118教室/アンケート回答者:1101名/男性46.3%、女性52.8%20歳代40.1%20歳未満34.5%40歳代9.1%50歳代6.0%60歳以上4.9%30歳代4.4%/文理学部の学生33.2%、一般17.3%、高校生16.7%、他大学・短大・専門学校生8.2%、日大生の父母7.9%、日大の卒業生7.5%、その他(日大他学部の学生、小・中学生、文理学部の教職員など)9.1%/「桜麗祭大賞」受賞(4回目)


《 第7回(2000年度):過去6年間の回顧展》 N=638

1位( 83票)1995年1位  さくらやのさくら −東京パフォーマンス劇場−
2位( 82票)1997年1位  我が輩は猫だけど・・・−自由と不自由をめぐるヒトとネコの論理−
3位( 63票)1996年1位  座りたいのに座れない −ひとときの安らぎを奪われた空間−
4位( 59票)1995年2位  人間定規 −恋人たちの無言のルール−
5位( 57票)1999年2位  Whose Space? −“女子高生”というシールド−
6位( 56票)1999年1位  もっと奥の細道 −見えないことの風情−
7位( 55票)1998年2位  「公共性」と「私性」の折り合い −携帯電話のアイロニー−

 DATA】 2000113()5()1号館118教室/アンケート回答者:638名/女性56.3%、男性43.7%20歳未満40.1%20歳代37.8%40歳代8.3%50歳代5.3%30歳代4.9%60歳以上3.3%/文理学部の学生29.4%、高校生21.6%、一般16.0%、他大学・短大・専門学校生10.7%、日大の卒業生8.6%、日大生の父母6.9%、その他(小・中学生、文理学部の教職員など)6.8%


《 第6回(1999年度)》 N=1041 

1位(251票)No.30  もっと奥の細道 −見えないことの風情−
2位(243票)No.  Whose Space? −“女子高生”というシールド−
3位(230票)No.  ギャルからギャルママへ −ギャル・カルチャーのボリュームアップ−
4位(219票)No.11  第四の生活空間 −遠距離通勤者の電車生活−
5位(212票)No.14  魔法のレジャーシート −東京ディズニーランド(TDL)の上野公園化−

 DATA】 19991030()111()1号館118教室/アンケート回答者:1041名/女性57.7%、男性41.4%20歳代39.7%20歳未満35.0%40歳代8.3%50歳代7.1%30歳代4.6%60歳以上4.5%/文理学部の学生29.5%、一般20.4%、他大学・短大・専門学校生15.0%、高校生12.7%、日大生の父母9.1%、日大の卒業生7.4%、その他(文理学部の教職員、小・中学生など)5.9%


《 第5回(1998年度)》 N=1047

1位(334票)No.30  対話(ダイアローグ) −1998年の「山谷ブルース」−
2位(279票)No.  「公共性」と「私性」の折り合い −携帯電話のアイロニー−
3位(246票)No.17  天使になる日 −舞台としての東京−
4位(215票)No.15  東京都檜原村 −東京の中の非「東京」−
5位(200票)No.25  気がつけば中吊り −視線の誘導−

 DATA】 1998111()3()1号館117教室/アンケート回答者:1047名/女性53.5%、男性45.1%20歳代43.6%20歳未満29.6%40歳代10.0%50歳代5.9%30歳代5.3%60歳以上4.1%/文理学部の学生28.9%、一般19.6%、高校生14.4%、他大学・短大・専門学校生14.1%、日大生の父母8.9%、日大の卒業生6.7%、その他(文理学部の教職員、小・中学生など)7.4%


《 第4回(1997年度)》 N=1340

1位(434票)No.22  我が輩は猫だけど・・・ −自由と不自由をめぐるヒトとネコの論理−
2位(334票)No.15  コヤジの生態 −セッカセカの一年生♪−
3位(319票)No.  Welcome to Another World −「オレ」と「ボク」と「ワタシ」をつなぐもの−
4位(268票)No.25  丘の向こうの蜃気楼 −新都心幻影−
5位(255票)No.  「安眠」できぬ生者と「永眠」できぬ死者 −静かに“眠れぬ”東京人−

 DATA】 1997111()3()1号館115教室/アンケート回答者:1340名/女性55.4%、男性42.8%2041.3%20歳未満34.8%40歳代9.6%50歳代6.4%30歳代3.8%60歳以上2.2%/文理学部の学生29.8%、高校生17.3%、一般16.1%、他大学・短大・専門学校生14.4%、日大生の父母9.9%、日大の卒業生7.0%、その他(文理学部の教職員、小・中学生など)5.5%


《 第3回(1996年度)》 N=798

1位(281票)No.17  座りたいのに座れない −ひとときの安らぎを奪われた空間−
2位(225票)No.  愛してない人と、ピーしてる? −見えないコードによる束縛−
3位(170票)No.  女子高生は単一民族? −「っていうかぁー」世代の言い分−
4位(134票)No.20  これも一つの街の美化? −街角の即席ゴミ箱−
5位(118票)No.27  イメージの中の日本 −サムライ、ニンジャ、カラテ、キモノ−

 DATA】 1996111()3()1号館115教室/アンケート回答者:798名/男性51.3%、女性47.5%20歳代52.3%20歳未満32.9%40歳代6.2%50歳代3.1%30歳代2.8%60歳以上1.6%/文理学部の学生46.6%、高校生14.2%、他大学・短大・専門学校生11.8%、一般10.1%、日大生の父母5.3%、日大の卒業生5.0%、その他(文理学部の教職員、小・中学生など)7.0%/「桜麗祭大賞」受賞(3回目)


《 第2回(1995年度)》 N=706

1位(195票)No.11  さくらやのさくら −東京パフォーマンス劇場−
2位(188票)No.30  人間定規 −恋人たちの無言のルール−
3位(139票)No.  近くて遠い2人 −ゲームセンターのメディア性−
4位(136票)No.  通りすぎる都会の日本人 −匿名性(anonymity)の達人−
5位(109票)No.  めまい −「東京」ラビリンス−

 DATA】 1995113()5()1号館124教室/アンケート回答者:706名/女性56.5%、男性41.9%20歳未満39.5%20歳代39.1%40歳代8.2%30歳代4.7%50歳代4.5%60歳以上2.7%/文理学部の学生32.7%、一般21.5%、高校生18.0%、他大学・短大・専門学校生16.0%、文理学部の卒業生4.7%、文理学部の教職員4.1%、その他(小・中学生など)3.0%/「桜麗祭大賞」受賞(2回目)


《 第1回(1994年度)N=478

1位(154票)No.18  現代の家族模様 −サザエさん一家の団らん風景は、今−
2位(103票)No.12  自由と無関心の共存 −まなざしの非交差−
3位(100票)No.30  出発の瞬間 −「東京卒業」?−
4位( 87票)No.26  きっと彼も「東京人」!? −外国人と内国人のボーダーレス−
5位( 84票)No.  夜明けの歌舞伎町 −不夜城を覆う静寂の一時−

 DATA】 1994114()6()1号館113教室/アンケート回答者:478名/男性49.5%、女性49.0%20歳代48.3%20歳未満31.8%40歳代7.1%50歳代5.2%30歳代3.8%60歳以上2.3%/文理学部の学生44.5%、一般19.5%、他大学・短大・専門学校生15.7%、高校生10.9%、文理学部の教職員5.2%、その他(文理学部の卒業生、小・中学生など)4.2%/「桜麗祭大賞」受賞(1回目)