2017年度授業計画
政治とジャーナリズム研究 現代社会と社会学 社会学演習 キャリアデザイン2
社会調査実習  
社会学演習
 
【授業テーマ】
メディアと社会のかかわりを学ぶ
【授業のねらい】
 私たちが「世の中で起こっていること」や「社会の姿」として認識することの大半はメディアによって伝えられることです。メディアと社会のかかわりを学ぶことで、メディアが発達した現代社会を生きている私たちの生活を社会学的な視点で考察することを目標とします。
【授業の方法】
 前期は「メディアの特徴と機能」をテーマにした講義とグループワークを行いながら、関連する文献(新書)を読んでいきます。新書を読んでのプレゼンを前期に4回課します。まずは本を読むことと活発に意見交換ができるようになることを目指します。夏休み(8月上旬)に合宿を行う予定です。合宿に参加できない人は代わりに課題図書を読んでの1万字のレポートを夏休みの宿題として課します。
【事前学修・事後学修,授業計画コメント】
 履修生には、演習での意見交換や共同研究への積極的な参加を望みます。グループでの議論で自分の意見をきちんと述べたり、人前で話をしたりするコミュニケーション能力を養うことにも力を入れます。文献を読んだ感想についても口頭でのプレゼンテーションを実践します。
【成績評価の方法】
 平常点=100% 課題レポートやプレゼンテーション、意見交換への参画度などを総合して平常点として評価します。
 
 
Copyright(C)2009 Takemaru Nakase All Rights Reserved.