日本大学文理学部社会学科 仲川秀樹ゼミナール
HOME最新トピックゼミナール内容フィールドワークプロフィールゼミ就職講座イベント



1 ゼミメインテーマ
2 「ゼミナール1」
3 「ゼミナール2」
4 ゼミ生卒業論文コレクション


 
4 ゼミ生卒業論文コレクション


    
  

☆2016年(平成28年)
塙 優希子 「ゴルフにみる流行とファッション ―女性ゴルファーをめぐって―」
竹股のぞみ 「アニメが子どもに与える影響 ―子ども期のジェンダー形成について―」
田村 謙人 「デジタルゲーム文化論 ―ゲームによる影響効果を考える―」
猪野  暉 「マンガの社会学的研究 ―マンガにみる社会現象をめぐって―」
成澤 涼華 「テレビ番組が視聴者に与える影響と流行現象
       ―“ヒルナンデス!”の内容分析を主として―」
大友千沙希 「誰もが“送り手”になるということ ―SNSからよみとく“私らしさ”の社会学―」
坂井 媛香 「メイクの社会史 ―メイクの流行からみる世相と現在(いま)―」
宮ア 加奈 「ジャニーズがメディアに与える影響 ―“嵐”ブレイクの背景を探る―」
長井 友美 「“女子高生”というブランド力」
木村 七海 「地域活性化と自伝風サブカルチャー ―映像作品からみるまちの魅力―」
☆2014年(平成26年)
渡辺 涼子 「社会変動からみる流行とファッション ―世代・階層と時代のトレンド―」
神津 愛奈 「メディア環境にみるライフ・スタイルの移り変わり ―マス・メディアからパーソナル・メディアへ―」
森下 奈美 「食の文化社会学 ―食空間(ライフ・スタイル)をめぐる人間模様―」
芹澤 美月 「女子大生とファッション ―女性誌の影響力と時代性―」
九石 楓夏 「ペットをめぐる人間と時代性 ―ペットの存在と価値―」
白井 綾香 「流行と経済の関係性を社会学する ―ポピュラーカルチャーから時代を読み解く―」
木原 菜美 「プロ野球女性ファンにみる文化の社会学 ―変化していく時代とファン―」
南 友里衣 「女性の『美』をめぐる社会学的研究 ―美容、健康、そして美ブーム―」
伊東  霞 「銀座の街と社会学 ―マス・メディアとファッションをめぐって―」
☆2013年(平成25年)
畠中 理沙 「社会学の窓からみたロック ―“日本のロックバンド”の受容過程―」
久保田真紀 「アジア大衆音楽の変遷 ―メディアから見るアイドルファンの動向―」
八木 柚香 「ブームのメカニズム ―お笑い芸人のメディア露出とその分岐点―」
太田 理絵 「ファッションブログと流行の関係性 ―海外ファッションブログとコミュニケーション・ツール―」
芦刈  優 「流行の追随過程 ―ヘアートレンドをめぐる選択動機―」
齋籐 嘉子 「SNSが社会に与えた影響 ―今日の私たちのコミュニケーションスタイル―」
田中 純令 「バンギャルの社会学 ―少女文化と永遠の青春―」
倉  茉里 「キャラクター人気の時代性 ―CMとの関係からみる現代の日本人―」
中尾  唯 「Endress SHOCK現象 ―チケット争奪の社会的背景―」
西口 貴重 「政治報道に見るマスコミの真実 ―送り手と受け手の反応―」
☆2011年(平成23年)
酒井 菜摘 「『ゼクシィ』の社会学的研究 ―ウエディングのトレンドをめぐって―」
久保麻亜紗 「社会学から考える『女性らしさ』 ―時代にみるライフ・スタイルをめぐって―」
駒松 依子 「『安室奈美恵』の社会学 ―幅広い支持層とその理由―」
白江芙実那 「ギャル系女性誌の社会学的研究 ―女性の周辺環境を中心に―」
堀田 里恵 「少女のライフスタイル分析 ―『少女の友』から見る時代の連続性―」
金杉 知美 「女性ファッション誌にみる流行の推移 ―多様化する女性ファッション―」
島村 彩菜 「『OZmagazine』を社会学する ―女性の情報誌選択基準とその魅力―」
津久井千晶 「売れる本とは何か ―よりみちパン!セからみる出版のトレンド―」
松山 弥生 「ファッション通販の変遷と社会的影響 ―通信販売の歴史と展望―」
尾ノ上大河 「三億円事件のエンタテイメント性 ―犯罪をエンタテイメントするには―」
☆2010年(平成22年)
千野れいか 「キャリア女性の社会学的研究 ―幸せの本質―」
原田 怜子 「エンターテイメント・ホラー ―恐怖文化を社会学する―」
井原友利恵 「ディズニーの未来 ―ディズニーの夢と魔法の王国を社会学的に探る―」
下平小百合 「キャラクタービジネスの社会学研究 ―コラボレーションのマーケットをめぐって―」
太刀川遥香 「メディア文化にみるストリートダンス ―ファッションとエンターテイメントのパースペクティヴ―」
國友 由佳 「パーソナルコミュニケーションとオーディエンス
           ―ブログにみる“おしゃれ”と“カワイイ”を中心として―」

川崎結希子 「東京ガールズコレクションと神戸コレクション研究 ―魅了するリアル・クローズの世界―」
立川 真衣 「『SMAP』伝説 ―その社会学的研究―」
上原 しの 「Jリーグの魅力 ―エンターテイメントにみるサッカー―」
飯田 千晶 「ファッションと音楽の社会学 ―『KERA』から探るファッションと音楽の関係性―」
今井 理紗 「社会学から考える理想の女性像 ―Up To Date,Perfect!憧れのヒロインをめざして―」
相田 晴美 「テレビ情報誌の魅力 ―テレビ情報誌とエンターテイメントの世界―」
有野 信  「スタバを社会学する ―カフェブームと文化の喫茶(点)―」
☆2009年(平成21年)
仲 真奈美 「女性誌と流行―『小悪魔ageha』の誌面分析―」
藤澤 千英 「ディズニーとエンターテインメントの世界
―ディズニーとテーマパークの関係性をめぐって―」
外山 杏  「女性誌からみたファッションと流行
―『CanCam』、『小悪魔ageha』をめぐって―」
八木菜津美 「注目される子どものファッション―記号価値としての子どもたち―」
土屋亜沙美 「女性誌からみた流行とファッション―女性誌のセグメンテーション化をめぐって―」
藤貫 香里 「キャラクターグッズからみた流行とファッション―サンリオ・キティ―」
☆2004年(平成16年)
宮原 芳枝 「若い女性の求める雑誌を探る―『an・an』『non−no』のメディア研究」
久保田麻美 「雑誌にみる女性の結婚観の変化―現代女性が望む結婚のスタイルとは―」
杉野 美幸 「テーマパークの流行―東京ディズニーランドの一人勝ちからみる―」
久富 裕子 「映画産業と映画環境の変化―シネコンのファッション性をパースペクティヴとして―」
盛田 美恵 「犯罪報道と報道被害―日本の犯罪報道と報道態勢の構造分析を中心として―」
小泉 温  「マス・メディアの効果研究―テレビ、バラエティ番組をめぐって―」
森山 拓郎 「好感度からみるCMの受容過程研究―シンボルがあたえる影響―」
細田 里子 「外食産業のファッション化―新しいおしゃれスポットをめぐって―」
蟹江 典子 「流行発生の地域差をみる―東京と名古屋の流行比較―」
宮崎佳奈子 「マス・コミュニケーションにおける影響と効果―人びとの意思決定をめぐって―」
力石美由季 「
コレクション・グッズにみる現代の消費文化―玩具付き菓子への社会学的アプローチ―
山本 里美 「変わる親子関係―ニューファミリーからコミュニケーションファミリーへ―」
杉村 美紀 「ベストセラーの社会的調査―読者の求めるトレンド―」
栗林 愛  「メディア研究―情報環境とメディア環境の分析―」
高橋 典子 「広告からよむ“女”と“男”―CM内容分析―」
新谷 優子 「女子学生ファッション―お姉さま・お嬢さま・カジュアル系―」
佐々木かおり「ファッションと流行―歴史と社会的背景―」
☆2003年(平成15年)
福田 佳世 「広告の社会学的研究―自社CMを決定づけるシンボル的効果―」
増田 美華 「カフェ環境にみる現代人が求める空間―カフェをめぐる影響と効果―」
木全 裕子 「ヤクルト・スワローズの社会学的研究―チーム内ヒューマン・リレーション―」
篠原あかね 「
ファッション雑誌と女子学生―教科書的『JJ』から『Popteen』そして。いま---―」
阿部 好佳 「スタジオ・ジブリの社会学的研究―『おもひでぽろぽろ』『耳をすませば』の世界―」
安達麻希子 「広告の社会学的研究―ジョージアとBOSSにみる比較CMの試み―」
伊藤 彩  「サブカルチャーとしてのアニメ―声優ファン層をめぐって―」
小安 佑佳 「ファッションからみる街―シンボル化する都市空間をめぐって―」
江良友美夏 「女性におけるストリート・ファッション―雑誌と流行の関係性―」
清野 旭子 「メディアと若者のライフ・スタイル―大都市と地方都市の流行比較をめぐって―」
久保 晋作 「サブカルチャーの研究―ビート・ジェネレーション―」
田村 尚葵 「ヒーローの研究―時代のスポーツヒーロー像―」
新井 健一 「テレビ・メディアの研究―ドラマ番組からみた流行―」
広木 茜  「社会的連鎖としての“癒しブーム”―飲料水CMから―」
☆2002年(平成14年)
森島 彰紀 「新聞の将来」
☆2001年(平成13年)
高野 美穂 「雑誌の研究―新しい価値観の創出と創刊誌―」
石塚裕美子 「現代社会と“美”ブーム―ダイエットブームのゆくえ―」
奥山 典子 「流行のグレードと階層分化―雑誌『GINZA』をめぐって―
比嘉 香織 「占いの流行の背景と社会心理」
中島 香織 「
流行におけるマス・メディアと個人―ファッション・コミュニケーション的行為からの視点―」
上島奈緒子 「音楽化社会論―音楽とコミュニケーション―」
田代さやか 「社会変動と流行のサイクル」
大島清志郎 「ニッポンにおける“オタク”の検証」
菊地 孝行 「日本の音楽シーンとマーケティング」
満生絵里子 「豊かさとは何か?―日本とドイツの環境問題を考える―」
和田 麻衣 「少女マンガの変遷―『りぼん』と『なかよし』―」
齋藤 直宏 「流行(音楽)について―レコード会社の戦略―」
小林 泰彦 「日本映画産業の変遷」
深澤 久美 「ブランドをめぐる日本人の意識」
赤坂由布子 「地方都市とマスコミ」
☆2000年(平成12年)
品川華也子 「テレビと政治ならびにそれに影響される大衆の心理」
保倉 聡子 「マス・メディアの変遷から見た性意識の変化―セックステリングの時代―」
白武 陽美 「消費社会における広告の機能と役割―CM効果とその影響について―」
岡安麻貴子 「流行に見られる社会心理―キャラクターグッズと幼児化現象―」
植藤 淳子 「現代社会とマス・メディア―テレビジャーナリズムが人びとに与える影響―」
千賀亜利沙 「ニュースの社会的機能―情報に対する欲求と影響―」
☆1999年(平成11年)
山田 亜樹 「テレビの多チャンネル化が社会に及ぼす流行」
安 麻紀子 「流行の微差化―バーチャルペットにみる心理―」
尾崎 良樹 「ワールドカップをめぐる国際報道―フランスでの検証を中心に―」
☆1997年(平成9年)
君島 澄子 「現代社会と映画―映画が与える人びとの影響―」
松倉 宏樹 「現代の若者はどういう存在か―メディア・流行からとらえた若者論」
二村 順子 「広告における流行について」
柏木 直子 「くちコミュニケーションについて」
☆1996年(平成8年)
木村 愛  「マスコミにおける広告の影響や効果について」
渡邊 由美 「現代社会と女性の役割―女性史をたどって―」
飯沼比奈子 「ファンとブームの社会心理」
笹野智恵美 「文庫版コミックの流行」
吉村 仁美 「タブーの流行について」



 Copyright (C) 2009 日本大学文理学部社会学科 仲川秀樹ゼミナール