日本大学文理学部社会学科は、わが国の私立大学における最初の社会学科として、1920(大正9)年に創設されました。近年では、2004(平成16)年に、社会調査の専門家を養成するための「社会調査士コース」を設置し、さらなる充実を図っています。そして2010(平成22)年より、更に充実した新しいカリキュラムがスタートしました。

学科事務室受付
 社会学とは人と人、人と社会、社会と社会の関わりを研究する学問です。
  しかし、現代社会ではこうした関わりが複雑化、多様化しており、多くの問題に直面しています。社会学科では、このような状況に対応できる柔軟な知性と感性を養うことを目指しています。そして最終的には,「基礎となる理論を理解し,調査をはじめとする研究法を修得して現状を分析し,それらを踏まえて企画立案ができる人材」を育てることが目標です。