TOP研究組織図の概要 < 理論解析グループ:久保康則
分子物質グループ
 
久保 康則(Yasunori KUBO)
日本大学文理学部物理学科 教授
・プロジェクト中で担当するテーマ
(1)重い電子系の電子状態の研究
(2)量子臨界点近傍の電子状態の研究
研究室HP:http://w3p.phys.chs.nihon-u.ac.jp/~kubo/

研究紹介
 重い電子はフェルミ準位近傍に位置する局在的なf電子と遍歴的な電子との混成効果に起因する。その基本的なシナリオは周期的アンダーソンモデル等で説明され,RKKY相互作用と近藤効果の拮抗が鍵になる。従来はCe化合物系が多く研究され,重い電子の起源について基本的なシナリオに従った理解が得られている。また,磁気秩序・量子臨界点・超伝導と重い電子系の関係についての研究が進められている。一方,Yb化合物系は相補的に重要にもかかわらずCe化合物系に比べて物質例は少ない。最近(1997)見いだされた希土類化合物RT2Zn20(R=rare earth, T=transition metal) は,重い電子系をなし,希土類原子が単位胞あたり5%以下の希釈系で,RKKY相互作用と近藤効果の拮抗を探る格好の標的と目されている。この研究では,これらの電子構造を評価し,f電子と遍歴的な電子との混成効果を電子論的に吟味し,重い電子の描像を明確にする。 

・本プロジェクトに関わる過去の報告など
(4) 2012年3月3日 2011年度報告会要旨  Download
(3) 2010年度研究報告書  Download
(2) 2009年度研究報告書  Download
(1) 2009年7月23日キックオフミーティング要旨  Download

・業績リスト
【論文・査読つき総説・国際会議抄録など】
(8)Matsushita,M.;Sakaguchi,J.;Taga,Y.;Ohya,M.;Yoshiguchi,S.;Ota,H.;Hirose,Y.;Enoki,K.; Honda,F.;Sugiyama,K.;Hagiwara,M.;Kindo,K.;Tanaka,T.;Kubo,Y.;Takeuchi,T.;Settai,R.;Onuki,Y.;J. Phys. Soc. Jpn. 2011, 80, 074605.
(7)Onuki,Y.; Yasui,S.; Matsushita,M.; Yoshiuch,S.; Ohya,M.; Hirose,Y.;Dung,N.D.; Honda,F.; Takeuchi,T.; Settai,R.; Sugiyama,K.;Yamamoto,E.;Matsuda,T.D; Haga,Y.; Tanaka,T.; Kubo,Y.; Harima,H.; J. Phys. Soc. Jpn. 2011, 80, SA003.
(6)Tanaka,T.; Kubo,Y.; J. Phys. Soc. Jpn. 2011, 80, SA125.
(5) Koizumi, A.; Motoyama, G.; Kubo, Y; Tanaka, T; Itoh, M.; Sakurai, Y.; Phys.Rev.Lett. 2011, 106,136401.
(4) Tanaka, T; Kubo, Y; J. Phys. Soc. Jpn. 2010, 79, 124710.
(3) Ohya,M.; Matsushita,M.; Yoshiuch,S.; Takeuchi,T.; Honda,F.; Settai,R.; Tanaka,T.; Kubo,Y.; Onuki,Y.; J. Phys. Soc. Jpn. 2010, 79, 083601.
(2) Takeuchi,T.; Yasui,S.; Toda,M.; Matsushita,M.; Yoshiuch,S.; Ohya,M.; Katayama,K.; Hirose,Y.; Yoshitani,N.; Honda,F.; Sugiyama,K.; Hagiwara,M.; Kindo,K.; Yamamoto,E.; Haga,Y.; Tanaka,T.;Kubo,Y.; Settai,R.; Onuki,Y.; J. Phys. Soc. Jpn. 2010, 79, 064609.
(1)Yoshiuch,S.;Toda,M.;Matsushita,M.;Yasui,S.;Hirose,Y.;Ohya,M.;Katayama,K.;Honda,F.;Sugiyama,K.; Hagiwara,M.; Kindo,K.;Takeuchi,T.; Yamamoto,E.; Haga,Y.;Settai,R.; Tanaka,T.; Kubo,Y.; Onuki,Y.; J. Phys. Soc. Jpn. 2009, 78, 12371.


【国際会議発表】
(2) "Temperature-Pressure Phase Diagram of Quadrupolar Order in PrTr2Al20(Tr=Ti,V)", Toshiki Tanaka, Kazuyuki Matsubayashi, Akito Sakai, Satoru Nakatuji, Yasunori Kubo and Yoshiya Uwatoko, The 19th International Conference on Magnetism with Strongly Correlated Electron Systems (Bexico, Busan, Korea July 8-13, 2012)
(1) "Electronic Structures of Heavy-Fermion Compound RT2X20(R = Pr, Yb, T = Fe, Co, Ru, Ir, Os, X = Al, Zn) ", Toshiki Tanaka and Yasunori Kubo. International Conference on Heavy Electrons ( Tokyo September 17-20, 2010)