TOP研究組織図の概要 < 無機物性グループ:金丸龍夫
無機物性グループ
 
金丸 龍夫 (Tatsuo KANAMARU)
日本大学文理学部地球システム科学科 助教
kanamaru.tatsuo@nihon-u.ac.jp
・プロジェクト中で担当するテーマ
(1)岩石に含まれる鉄酸化物の磁気的性質の研究
研究室HP:http://www.chs.nihon-u.ac.jp/geo_dpt/kanamaru/contents/

研究紹介
 岩石には磁石になる性質を持つ鉄酸化物が普遍的に含まれます.磁鉄鉱や赤鉄鉱と言われる鉱物がその代表的なものです.これらの鉱物はもともと岩石を作ったマグマに由来するものがほとんどですが,地球表層でのプロセスにより形成されることがあります.例えば,極域で風化した岩石は,顕著な赤色化を示し,火山噴出物も定置時に赤色化することがあります.これは細粒な赤鉄鉱が晶出したためと考えられますが,これが晶出する過程は必ずしも明らかになっていません.つまり,この赤鉄鉱の形成過程を調べることにより,岩石の風化の過程やその程度,火山噴出物の定置過程を明らかにすることができると考え,岩石に含まれる赤鉄鉱や磁鉄鉱の性質を敏感に捉えることが出来る磁気的性質から,岩石の地表での変化・変質にアプローチする研究を行なっています.

・本プロジェクトに関わる過去の報告など
(4) 2012年3月3日 2011年度報告会要旨  Download
(3) 2010年度研究報告書  Download
(2) 2009年度研究報告書  Download
(1) 2009年7月23日キックオフミーティング要旨  Download