このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

日本大学文理学部> 研究情報> 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

このページの内容を印刷

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

構造制御および電子状態制御に基づく新物質の開発

事業番号 S0901022
プロジェクトリーダー 小林昭子

分子物質は構造性に富み、構造制御や分子軌道制御によって様々な機能を設計する事が可能です。また、無機化合物では種々の元素の意図的な組み合わせによって優れた電子機能性物質を作り出す事が出来ます。本事業“構造制御および電子状態制御に基づく新物質の開発”では、日本大学文理学部において互いに独立に研究を行ってきた、化学科、物理学科、物理生命システム科学科の物質化学関連の教員が参集し,学部外研究者の協力も得て、旧来の研究分野を超えて互いに協力し研究を遂行します。これまで各教員が独立に達成してきた無機および分子性物質の電子機能に関する高い研究実績とアクティビティを集結し、独創性の高い物質研究を行なうことが出来る研究環境、施設、設備を整える事を目指します。またグループ間の緊密な討論を通して、協力して研究を推進する環境を作り出し、本学部に新物質開発の研究拠点を形成することを目指します。

東アジアにおける都市形成プロセスの統合的把握とそのデジタル化をめぐる研究

プロジェクトリーダー 加藤直人

本研究は, 次に示す研究を通じて, 東アジアにおける都市形成をめぐる個別研究分野の成果を統合的に把握し,東アジア都市の多面的かつ重層的な歴史的実態を総体的に解明しようとするものです。

  1. 都市形成の具体的歴史過程の特徴を各種画像資料から分析・摘出して,それを再構成するデジタルアーカイブの構築。
  2. その歴史的過程を,過去から現在に至る地図情報上に提示することを可能とするデジタルマップの構築。
  3. 地理学,文学,心理学,環境・生態学の各領域で都市形成の諾特徴を分析・摘出し,その成果を提示するデジタルアーカイブの構築。
  4. 上の諾成果の相互連関性と相互規定性の分析・摘出を各研究班間での共同討議を通じて行い, 各研究班の成果を統合的に再構成する把握利用できる多言語インデックスおよびビュアーのシステムの構築。

関連リンク