公認心理師

新しい国家資格:公認心理師

心理学関連のはじめての国家資格です。国民の心の健康の保持増進に寄与するために、以下のような専門的な仕事を担います。

  1. 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  2. 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  3. 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  4. 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

このような職域が活躍の場として考えられています。

保健・医療領域

病院・診療所(精神科、小児科、相談部門など)
保健所、精神保健福祉センター

福祉領域

児童福祉施設、児童相談所
障害者福祉施設
高齢者福祉施設、相談援助機関

教育領域

学校
教育センター

司法・法務領域

刑務所・拘置所
鑑別所・少年院
家庭裁判所、警察

産業・労働領域

企業でのメンタルヘルス
外部従業員支援プログラム

公認心理師の資格を取得するには

日本大学文理学部心理学科では・・・

平成30年度より、心理学科に公認心理師の受験資格取得に対応した「公認心理師コース」を設置します(準備中) 。
平成30年度より、大学院臨床心理学コースでは、公認心理師の受験資格取得に対応したカリキュラムを整備し、臨床心理士と併せて2つの資格取得が可能なコースを開設します(準備中)。
平成34年度より、大学院心理科学コースにおいても、公認心理師の受験資格取得に対応したカリキュラムを開講し、心理学の研究とともに公認心理師の資格取得が可能なコースを開設します(準備中)。

日本大学文理学部心理学科では公認心理師の育成をこのように考えています

  • 社会心理学・環境心理学・認知心理学・発達心理学・生理心理学・臨床心理学の心理学の各領域について、専門的に学ぶカリキュラムを備えています。公認心理師として生涯の基盤となる知識・技術・態度を修得することで、科学的心理学の知識や技術を基礎とした心理学的支援ができる人材を育てます。
  • 心理学における研究法についても理解を深め、医学等の隣接領域と連携した研究ができる人材を育てます。
  • 演習・実習(心理演習)や外部実習(心理実習)では、それぞれの分野の第一人者が指導を担当し、心理学的なアセスメントや支援法、コミュニケーション法等について、公認心理師に必要な実践力を身につけることができます。

心理学科専門科目カリキュラム編成

心理学基礎科目(公認心理師指定科目を含む)

心理学研究法
心理学統計法
心理学実験
心理学情報処理実習
心理調査法概論
心理的アセスメント など

心理学共通専門科目(公認心理師指定科目と共通)

知覚・認知心理学
学習・言語心理学
感情・人格心理学
神経・生理心理学
社会・集団・家族心理学
発達心理学
教育・学校心理学
司法・犯罪心理学
産業・組織心理学
精神疾患とその治療

心理学研究科目

心理学ゼミ
卒業論文(選択)

心理学専門科目(選択必修科目)

心理学専門講義科目

基礎心理学特講
応用心理学特講
認知心理学特講
生理心理学特講
社会心理学特講
臨床心理学特講
カウンセリング特講
心理面接特講
心理検査法特講

心理学専門実験実習科目

認知心理学実験
生理心理学実験
社会心理学実験実習
環境心理学実験実
行動科学実験実習
心理検査法実習
臨床心理学実習

公認心理師コース専門科目

公認心理師の職責
人体の構造と機能及び疾病
関係行政論A・B
健康・医療心理学
福祉心理学
障害者・障害児心理学
心理学的支援法A・B
心理演習A・B

公認心理師コース実習科目

心理実習
(外部実習・80時間以上)

心理学科卒業に必要な科目群(公認心理師受験資格に必要な科目も含みます)
公認心理師コース科目群

このカリキュラム構成は公認心理師法に基づく素案であり、 国の設置認可等の状況によっては変更になる場合があります。

公認心理師コースは、入学後、卒業に必要な科目の成績等に応じて、選考が行われます。

公認心理師の受験資格を得るためには、多くの科目の履修・単位取得が必要です。それだけ社会から高度な知識・技能と職務への真摯さを要求されている資格です。心理学について、深く学び、考え、研究しようという意欲のある方をお待ちしています。

ページのトップへ