カリキュラム

カリキュラムの特徴

このカリキュラムは平成29年4月現在のものです。平成30年度からは公認心理師資格取得のためのコースも開設予定です。これに伴いカリキュラムに一部は変更されることがあります。

幅広い基礎力を養成

1,2年では、基本的・全般的な知識や技術を幅広く学ぶことができ、専門的学習に必要な基礎的能力を養成します。

専門的な知識や技術を修得するためのコース(3年から)

3年から「臨床科学」と「行動科学」の2つのコースに分かれ、より専門的な知識や技術を学ぶことができます。
※臨床科学コースは、対人的な心理的援助のための基礎となる知識や技能を修得することを目標としています。
※行動科学コースは、社会の中で心理学を活かしていくための知識や方法を修得することを目標としています。

演習・実習の重視

講義科目だけでなく、少人数制の演習や実験実習科目を多く開講しています。

自分で考える能力を磨く

3・4年次にはゼミに参加し、心理学の知識や方法を使って、考えていく能力を磨きます。

心理学科専門科目カリキュラム編成

1年 心理学の基礎を学ぶ

必修科目

導入科目

自主創造の基礎1・2
少人数のクラスで大学における学び方等について学ぶ

講義科目

心理学概説1・2
心理学全般の基礎知識について学ぶ
心理学研究法
心理学における研究の方法について学ぶ
心理統計法1・2
心理学で用いられるデータ解析の手法を学ぶ

実習科目

心理情報処理基礎実習
コンピュータを用い、実際のデータ解析方法を習得する

心理学科専門科目以外の科目

心理学科の専門科目以外にも

総合教育科目
外国語科目
保健体育科目(実技・講義)
コンピュータ・情報リテラシー

…などの科目を履修する必要があります

2年 心理学の全般的知識を学ぶ

必修科目

講義科目

心理検査法
心理検査の理論と方法を学ぶ
心理測定法
心理学における測定方法について学ぶ
心理調査概説
心理学における調査の方法の基礎を学ぶ

研究科目

心理学研究1・2
心理学の英語の文献を読む

実習科目

心理学基礎実験・実習1・2
実際の実験や検査を通じて心理学の基本的な研究方法を習得する
選択必修科目(以下のうち6科目選択)

講義科目

発達心理学
受精から死までの人間の発達的変化について学ぶ
社会心理学
社会的現象や社会的人間としての行動について学ぶ
知覚心理学
人間の心と環境をつなぐ「知覚」について学ぶ
認知心理学
記憶、言語、思考などの人間の知的機能について学ぶ
学習心理学
人間の行動の習得や変容の原理について学ぶ
パーソナリティ心理学
性格の概念や理論について学ぶ
臨床心理学
心理カウンセリングの基礎について学ぶ
生理心理学
脳の電気現象などの生理的指標について学ぶ
心理調査計画法
調査の企画立案・実施法について学ぶ

3年 2コースに分かれて専門知識を学ぶ

必修科目

研究科目(ゼミ)

心理学ゼミ1・2
各教員のゼミに所属して専門分野に関する文献購読・研究発表などを行なう

実習科目

心理情報処理実習
統計ソフトを用い、応用的なデータ解析を修得する

4年 ゼミや卒論に取り組み専門性を高める

必修科目

研究科目(ゼミ)

心理学ゼミ3・4
各教員のゼミに所属して専門分野に関する文献購読・研究発表などを行なう

行動科学コース

講義科目(以下のうち2科目選択)

社会心理学特講
認知心理学特講
生理心理学特講
社会、認知、行動等の心理学に関する専門的講義

実習科目(以下のうち1科目選択)

認知心理学実験1・2
生理心理学実験1・2
社会心理学実験・実習1・2
心理調査法実習1・2
心理学各分野の専門的実験実習

実習科目(選択)

行動科学特別実習
検査・面接等の技法を習得する

臨床科学コース

講義科目(以下のうち4科目選択)

臨床心理学特講2
臨床心理学特講3
心理検査法特講
臨床心理学特講1(2年次から履修可)
精神保健学(2年次から履修可)
臨床心理学に関する専門的講義

実習科目(必修)

心理検査法実習
臨床心理に関する専門的実習
臨床心理学のテーマ関する調査実習

実習科目(選択)

カウンセリング実習
臨床心理に関する専門的実習
選択科目

講義科目

映像心理学
家族心理学
老年心理学
臨床社会心理学
学校心理学
健康心理学
感情心理学
犯罪心理学
環境心理学
法心理学
応用心理学各分野の専門的講義

選択科目

卒業論文(選択)

研究テーマを考え、論文を執筆する

ページのトップへ