哲学科からのお知らせ




  ●大学院文学研究科哲学専攻 博士後期課程コロキアム  

  日 時 : 2017年6月29日(木) >>>
 ポスタ

 
 ●学位論文「公聴会」開催のお知らせ


   日 時 : 2016年12月11日(日) >>> ポスター

   日 時 : 2016年12月24日(土) >>> ポスター

  ●哲学専攻 大学院特別講義

   日 時:2016年7月11日(月) >>> ポスター

 
 ●大学院文学研究科哲学専攻 博士後期課程コロキアム
 

   日 時:2016年6月23日(木) >>> ポスター

 
  日本大学人文科学研究所哲学ワークショップ

   第10回 現代形而上学から倫理学へ

   日 時:2016年3月14日(月) >>> ポスター

>>> プログラム・要旨

  ●哲学専攻 大学院特別講義

   日 時:2015年12月19日(土) >>> ポスター

 ●日本大学哲学会 第66回(平成27年度)学術研究発表会
 
  日 時:2015年10月24日(土) >>> ポスター

  ●日本大学人文科学研究所哲学講演会

  日 時:2015619日(金) >>> ポスター

  場 所:日本大学文理学部 3202教室

 ●日本大学人文科学研究所哲学ワークショップ

  9回 Topics in Ontology

  日 時:2015529日(金) >>> ポスター



  ●哲学専攻 大学院特別講義

   日 時:2015年2月26日(木) >>> ポスター


学位論文「公聴会」開催のお知らせ

  日 時:2014年12月26日(金) >>> ポスター


哲学専攻 大学院特別講義

  日 時:2014年12月8日(月) >>> ポスター


哲学若手研究者 研究発表会

  日 時:2014年10月30日(木) >>> ポスター


日本大学哲学会 第65回(平成26年度)学術研究発表会

  日 時:2014年10月25日(土) >>> ポスター


Workshop on Meaning, Quantification and Context

  日 時:2014年7月28日(月) >>> ポスター


日本大学人文科学研究所 哲学ワークショップ第5回
  「フェミニスト現象学」のご案内

  日 時:2014年3月5日(水) >>> ポスター



学位論文「公聴会」開催のお知らせ

  日 時:2013年12月20日(金) >>> ポスター


哲学若手研究者 研究発表会

  日 時:2013年10月31日(木) >>> ポスター


日本大学哲学会 第64回(平成25年度)学術研究発表会

  日 時:2013年10月26日(土) >>> ポスター


哲学専攻 大学院特別講義

  日 時:2013年10月3日(木) >>> ポスター


大学院文学研究科哲学専攻 博士後期課程コロキアム

  日 時:2013年6月27日(木) >>> ポスター



日本大学人文科学研究所 哲学ワークショップ 第4回
  「哲学とミソジニー ふたたび」

  日 時:2013年6月23日(日) >>> ポスター


人文科学研究所 Hayo Krombach 氏 哲学講演会

  日 時:2013年4月17日(水) >>> ポスター


論理学講演会

  日 時:2013年3月24日(日) >>> ポスター



人文科学研究所 哲学ワークショップ第3回

  日 時:2013年3月22日(火) >>> ポスター


人文科学研究所 Zed Adams氏 哲学講演会

  日 時:2013年2月12日(火) >>> ポスター



哲学専攻 大学院特別講義

  日 時:2013年1月25日(金) >>> ポスター

人文科学研究所 哲学講演会

  日 時:2012年11月28日(土) >>> ポスター


哲学専攻 大学院特別講義

  日 時:2012年11月19日(月) >>> ポスター



哲学若手研究者 研究発表会

  日 時:2012年10月31日(水) >>> プログラム

日本大学哲学会 第63回学術研究発表会

  日 時:2012年10月27日(土) >>> プログラム

人文科学研究所哲学第2回ワークショップ

  日 時:2012年10月20日(土) >>> ポスター

講演会のお知らせ >>> ポスター

新プラグマティズムの旗手、R・シュスターマン氏来学
『プラグマティズムと哲学の実践』刊行記念講演
2012年6月20日(水)15:00~17:00

【講演】
R・シュスターマン「プラグマティズムの今日的意味」
黒柳修一「シュスターマン氏のプラグマティズム観について」

プラグマティズムこそがアメリカ的な哲学であり、現代の文化状況に対して真に有効
な立場である――日常性や民衆文化の意味を強調し、そこからさらに身体の美学(somaesthetics)を展開するR・シュスターマン氏が自らの哲学を語ります。皆様の来場を歓迎します。(通訳、討論つき)

【著作紹介】
シュスターマン,リチャード〔著〕『プラグマティズムと哲学の実践』(樋口聡、青木
孝夫、丸山恭司〔訳〕、世織書房 、2012年)
プラグマティズムは、真理のための真理に奉仕するのではなく、より良く生きるとい
う目的に奉仕することを哲学の第一義とする。そして、理論と実践の統一を強く主張
し、いきいきと生きる経験を中心に置く。(「日本語版への序文」より)

【会場】
日本大学文理学部 1号館5階 151教室(1号館中央の階段をご利用下さい)
(東京都世田谷区桜上水3-25-40 JR新宿駅より京王線、下高井戸駅下車徒歩8分)

【参加費】
無料、事前予約不要

主催:佐々木健一(哲学科教授)
翻訳:小山田智寛(大学院文学研究科哲学専攻 博士後期課程2年)
連絡先:日本大学文理学部哲学科事務室

平成23年度FD講演会のお知らせ >>> ポスター

  日 時:2011年10月20日(木)16:30~18:00
  場 所:3309 教室
  講 師:木野茂先生(立命館大学教授)
  演 題:学生とともに作る授業、学生とともに進めるFD

 FD(Faculty Development)とは、教員の教育能力の向上を目指す活動です。
 近年、大学教員に対しては研究能力だけではなく、教育能力も要求されるようになってきました。教員の教育能力向上は、従来教員が個人で努力する問題とされてきましたが、最近は文理学部でもFD活動の一環として授業アンケートを実施し、学生の側からも教員の教育能力向上のために積極的に関わってもらいたいという動きがあります。
 今回の講演会では、学生も関わるFD活動とはどういったものなのかということについて、そして学生が関わるFD活動の実際についてもお話しいただきますので、学生の皆さんもぜひご参加下さい。



日本大学哲学会 第62回学術研究発表会

  日 時:2011年10月22日(土) >>> プログラム



大学院特別講義

  日 時:2010年11月25日(木) >>> プログラム

桜麗祭 哲学若手研究者発表会

  日 時:2010年10月29日(金) >>> プログラム

大学院特別講義

  日 時:2010年10月27日(水) >>> プログラム

日本大学哲学会 第61回学術研究発表会

  日 時:2010年10月23日(土) >>> プログラム

日本大学哲学会 第60回学術研究発表会

  日 時:2009年10月24日(土) >>> プログラム

永井均教授
番 組 名:NHK「爆笑問題のニッポンの教養」
放 送 日:平成21年10月6日(火)23:00〜23:30
        FILE086:「<私>探し」 

卒業論文が学術雑誌に掲載

平成19年度哲学科卒業生の柴田馨さんの卒業論文が、
この度研究論文として以下の学術雑誌に掲載されました。
卒業論文が学術雑誌に掲載されることは極めて稀ですので、お知らせします。

  柴田馨「岡倉天心の国際感覚—英文著作を貫く理念—」
  茨城大学五浦美術文化研究所
 『五浦論叢:茨城大学五浦美術文化研究所紀要』
  第15号、2008年、1-20頁所収


●第 59回(平成 20年度)日本大学哲学会 学術研究発表会
日時:2008年10月25日(土)12:50〜18:00
会場:図書館3Fオーバルホール
参加費:無料(懇親会別)

プログラム

開会の辞 
研究発表(12:50〜17:30)
 司会 文理学部准教授 高橋 陽一郎
  1.事実性、現実性・可能性、そして<事実性>
    文学研究科博士後期課程1年 佐藤 邦政
  2.カント倫理におけるシラーの影響
    文学研究科博士後期課程1年 杉山 恵太
  3.チーム医療における医療過誤の問題
    —医療の倫理と法に関する一考察—
    法学研究科博士後期課程3年 西島 裕行

休憩(14:50〜15:00)

 司会 文理学部教授 嘉吉 純夫
  4.魂の非物体性について
    文理学部講師 斉藤 俊之
  5.仏教に論理学はあるか
    文理学部講師 林 慶仁

休憩(16:20〜16:30)

特別講演(16:30〜17:30)
 司会 文理学部教授 宮原 琢磨

  6.AUSPICIA ET SACRA
    Enquête sur la《Religion des auspices》 selon Vico
    リヨン第三大学教授 Bruno Pinchard

閉会の辞 
総会(17:30〜18:00)
懇 親 会(18:00〜20:00)
 カフェテリアチェリー、会費 5,000円:大学院生3,000円    


※問い合わせ先
 日本大学文理学部哲学研究室(2号館11F) 03-5317-9702


David Rosenthal 教授講演会


講演会ポスター(PDF形式、3.7MB)
※このポスターをダウンロード・プリントアウトしていただいて、
適当なところに掲示していただければ幸いです。

            

講演者:David Rosenthal
 
Professor of Philosophy, The Graduate Center, The City University of New York
 (デイヴィッド・ローゼンソール:ニューヨーク市立大学大学院教授)


講演題目: The Consciousness of Mental States
日時:2008年5月31日(土) PM 3:00〜6:00
場所:日本大学文理学部(東京都世田谷区桜上水3-25-40)
   図書館3階 オーバルホール
交通:JR新宿駅より京王線(約10分乗車)下高井戸駅下車徒歩8分
講演要旨
(PDF形式:8KB)
講演原稿
(PDF形式:504KB)
特定質問者:伊藤邦武(京都大学大学院教授)
      鬼界彰夫(筑波大学大学院教授)
参加費:無料  
 
David Rosenthal 教授紹介

 問い合わせ先:日本大学文理学部哲学研究室
       東京都世田谷区桜上水3−25−40
       電話 03−5317−9702
       責任者:古田智久

※学部生、大学院生ともに聴講可(無料)


佐々木健一教授TV出演
      
番組名:NHK「爆笑問題のニッポンの教養」
放送日:平成20年1月29日(火)
放送時間帯:NHK総合テレビにて夜11時~11時30分まで、全国放送
テーマ:
FILE025:「人類の希望は美美美(ビビビ)」 
    ~美学・佐々木健一教授~


Alex Orenstein教授講演会

             

            
      講演会ポスター(PDF形式、4MB)
     
      ※このポスターをダウンロード・プリントアウトしていただいて、適当なところに掲示して
              いただければ幸いです。


講演者:Alex Orenstein
 
Professor at The Graduate Center and Queens College, The City University of New York
 (アレックス・オーレンスタイン:ニューヨーク市立大学大学院・クイーンズカレッジ教授)


講演題目: Expressing Existence: Plato's Beard -- Objects that do not Exist
日時:2008年1月12日(土) PM 2:00~5:00
場所:日本大学文理学部(東京都世田谷区桜上水3-25-40)
   図書館3階 オーバルホール
交通:JR新宿駅より京王線(約10分乗車)下高井戸駅下車徒歩8分
講演要旨(PDF形式、16KB)
講演原稿:1.講演原稿(PDF形式、796KB)2.講演参考資料(PDF形式、556KB)
特定質問者:飯田隆(慶応義塾大学教授)
参加費:無料  
 
Alex Orenstein教授紹介

 問い合わせ先:日本大学文理学部哲学研究室
       東京都世田谷区桜上水3−25−40
       電話 03−5317−9702
       責任者:古田智久

※学部生、大学院生ともに聴講可(無料)