トップページ > 展示案内 - 過去の展示歴 - 2015年 > 「現された「満洲国」-〈満・蒙〉影写の多様性と受容-」

展示案内

「現された「満洲国」-〈満・蒙〉影写の多様性と受容-」

日本大学文理学部資料館 展示会

「現された「満洲国」-〈満・蒙〉影写の多様性と受容-」

 会   期:平成27年10月5日(月)~11月2日(月)

 開館時間:平日10時~17時(土曜13時まで)

 休 館 日 :日曜

           ※ただし、10/31(土)~11/2(月)は、大学祭のため10時~17時まで特別開館。


 展示会概要:

   昭和6(1931)年9 月に勃発した満洲事変を経て、日本により建国された「満洲国」では、多くの写真が撮影されています。写真という記録が、被写体の客観性と共に、その記録を残すものの意志を何らかの形で内包するものであることをふまえれば、「満洲国」で日本人により撮影された写真は、日本が「満洲」と呼び慣わした地域の実態を、日本人が現そうとした「満洲国」に即して「影写」した記録でもあります。それは同時に、「満洲国」に関する写真が、日本人と現地実態の間にあった矛盾を含め、「満洲国」の多面性を示す好個な資料となり得ることを示しています。
 今回の展示では、日本大学文理学部が所蔵する日本人により記録された写真などのビジュアル資料を中心に、「満洲国」に関連する同時代の記録をご紹介し、「満洲国」が内包した多面性の一端に迫りたいと考えています。

   主催:日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館
   共催:日本大学文理学部情報科学研究所
   協力:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国際日本文化研究センター
      松本夏樹氏(武蔵野美術大学・大阪芸術大学非常勤講師)
      劉建輝氏(国際日本文化研究センター研究部教授)

  【特別講演会・ギャラリートーク開催のお知らせ】

 〈ギャラリートーク〉

   講  師:松重充浩氏(日本大学文理学部史学科教授)
   日  時:10/24(土)11:00~11:40
   日  時:10/31(土)11:00~12:00  追加開催      
   場  所:日本大学文理学部資料館展示室(図書館1階)
 

 〈講演会〉

   講 演 者:松本夏樹 氏(武蔵野美術大学・大阪芸術大学非常勤講師)
          劉 建輝 氏(国際日本文化研究センター研究部教授)
   日  時:10/24(土)13 :00開始
   会  場:日本大学文理学部3 号館3305教室
    
    ※どちらも参加費・事前申し込み不要です。どなたでもお気軽にご参加下さい。