トップページ > 展示案内 - 過去の展示歴 - 2012年 > 描かれた<満・蒙>―「帝国」創造の軌跡―

展示案内

描かれた<満・蒙>―「帝国」創造の軌跡―

平成24年度第2回目展示会 『描かれた〈満・蒙〉―「帝国」創造の軌跡―』

会   期:10月1日(月)~11月4日(日)

開館時間:平日10時~17時、土曜10時~13時

休  館  日:日・祝、10/4(本学創立記念日)、10/22(展示替え日)

※ただし、11/2(金)~11/4(日)の桜麗祭(大学祭)期間は、平日通り10時~17時まで特別開館致します。

【展示内容について】

 本展は、平成22~24年度 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 「東アジアにおける都市形成プロセスの統合的把握とそのデジタル化をめぐる研究」(研究代表:日本大学文理学部教授 加藤直人)における成果の一端を広く公開するものです。

 日本大学文理学部所蔵の戦前期東アジアにおけるビジュアル・メディア(ポスター、地図、絵葉書、グラフ、記録映画など)を初公開致します。加えて、函館市中央図書館より「満蒙」関係ポスターをお借りし、南満洲鉄道株式会社のポスター等をご紹介させていただきます。

 戦前期、日本により「創出」される形で描きだされた「満洲」「蒙古」の地域像を、限られた対象ではありますが、ビジュアル・メディアを通じて追いかけていくことで、20世紀前半における東アジア世界が内包した、多様性や重層性のありように迫ってまいります。

 ご高覧いただければ幸いです。

〈主催〉日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館

〈共催〉日本大学文理学部情報科学研究所

〈後援〉世田谷区・世田谷区教育委員会

〈協力〉函館市中央図書館


【ギャラリートークのご案内】

日   時:10月20日(土)10時30分~12時 
集合場所:日本大学文理学部資料館展示室内
解  説  者:松重充浩(日本大学文理学部教授)

※申込不要。