展示案内

「近世文学資料展」

会期:5月23日(月)~6月24日(金)

(展示期間:前期5/23(月)~6/3(金)、後期6/7(火)~6/24(金)】
※日本大学総合学術情報センター所蔵資料は、後期から展示致します。ご注意ください。

開館時間:10時~17時

休館日:日曜・祝日、および6月4日(土)、6日(月)も展示替えのため休館。
     ただし、6月11日(土)と12日(日)は開館致します(開館10時~17時)。


展示会概要:
  
日本大学所蔵の貴重資料のうち、近世期に成立、刊行された古典籍を選び、展示紹介いたします。

  日本大学総合学術情報センター所蔵の貴重資料の中からは、喜多川歌麿の狂歌絵本雪月花三部

 作の『狂月坊』、『銀世界』、『普賢像』や、大田南畝の自筆本などを出陳、また、日本大学文理学部

 所蔵の古典籍の中からは、和歌・俳諧、仮名草子から草双紙まで、多様なジャンルの作品を選び、

 概観できるようにしました。近世期に多くの読者を獲得した『徒然草』の写本・版本、さらには絵本類

 など、その享受の様相の一端についても知ることができます。

  本展をとおして、それぞれに見どころのある近世文学資料の世界をお楽しみいただければ幸いです。


主な展示資料(*付は、総合学術情報センター所蔵。後期より展示。無印は、文理学部所蔵)

『竹斎』富山道冶著 江戸初期写 奈良絵本・仮名草子
『大石兵六夢物語』寛政6年(1794)5月写
『錦百人一首あつま織』勝川春章画 安永4年(1775)刊 鴈金屋清吉・鴈金屋義助版
『徒然草』西川祐信画 元文2年(1737)刊 菊屋喜兵衛版
『絵本双乃岡』西川祐信画 刊年不明 菊屋喜兵衛版
『女中風俗玉鏡』江嶋其磧著 西川祐信画 天明2年(1782)刊 菊屋喜兵衛版
『熊野の本地』江戸初期写 奈良絵本・御伽草子
『竹斎』富山道冶著 天和3年(1683)刊 鱗形屋版
『松楼私語』大田南畝自筆本 天明7年(1787)成稿 文化9年(1812)山東京伝識語
『歌曲時習考』浅野高造編 菊崎検校校訂 岡田玉山画 文政元年(1818)刊 檜皮屋友七他版

*『吉原傾城新美人合自筆鏡』北尾政演画 天明4年(1784)序刊 蔦屋重三郎版
*『銀世界』宿屋飯盛撰 喜多川歌麿画 寛政2年(1790)序刊 蔦屋重三郎版
*『普賢像』頭光撰  喜多川歌麿画  寛政2年(1790)序刊 蔦屋重三郎版
*『狂月坊』紀定丸撰  喜多川歌麿画  寛政元年(1789)刊  蔦屋重三郎版

*『浮世絵本 鶴の嘴』奥村政信画 山崎金兵衛版
*『絵本千代松』鈴木春信画 明和4年(1767)刊 山崎金兵衛版
*『彩画職人部類』橘岷江画 明和7年(1770)刊
*『絵本紅葉橋』金鶏撰 勝川春潮画 蔦屋重三郎版
*『南畝集』大田南畝自筆稿本
*『調布日記』大田南畝自筆本
*『江戸名所図会 校正刷本』斎藤月岑・長谷川雪旦自筆書き入れ 


主催:日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館

協力:日本大学文理学部図書館・日本大学国文学会・日本大学総合学術情報センター