トップページ > 展示案内 - 過去の展示歴 - 2009年 > 「写された満洲〜デジタルアーカイブから甦るハルビン都市空間〜」

展示案内

「写された満洲〜デジタルアーカイブから甦るハルビン都市空間〜」

2009年10/6〜10/17「写された満洲〜デジタルアーカイブから甦るハルビン都市空間〜」

A4-%E6%BA%80%E5%B7%9E%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg   
ちらし(PDF版)は、こちらからダウンロードできます。 ちらし表面をダウンロード ちらし裏面をダウンロード

展示概要

展示会名 
写された満洲〜デジタルアーカイブから甦るハルビン都市空間〜

 会期 2009年10日(火)〜1017日(土) 
 開館時間 10時〜17時
 休館日 11日(日)・12日(月・祝)  ※8日(木)臨時休館
 
展示会概要  
  戦前期の日本で「満洲」と呼びならわされてきた地域では、様々な民族、国家、文化が時に激しく切り結びながら、相互に連関しつつその歴史を展開してきまし た。19世紀末、松花江河畔にロシアが建設した哈爾濱(はるびん)も、そのような「満洲」の特徴を色濃く反映した都市の一つです。
 今回の展示では、哈爾濱都市を写した絵葉書(黒崎コレクション)を中心に展示し、ポスター、写真、書籍等で補い、哈爾濱都市空間の変容をご紹介します。
 
また、絵葉書の情報と地図情報をリンクさせたデジタルアーカイブ検索システムをご利用いただき、より立体的な哈爾濱(はるびん)都市の街並みをご体感下さい。
 
なお、現在のところ所蔵が確認できるのは文理学部のみという『蒙古横断』(映画)をDVD化したものを常時上映いたします。あわせてお楽しみ下さい。


関連企画 
①『蒙古横断』上映  
1920年代の東部内モンゴルに関する貴重な記録映画である『蒙古横断』を展示室内スクリーンにて、会期中常時、上映します。  

②講演会   新たな<満蒙>像への挑戦 ―日本大学文理学部所蔵画像資料の可能性―  
10月17日(土) 15時〜17時(終了予定) 
文理学部3号館2階3203教室
講師 千葉正史(明治学院大学ほか非常勤講師) 「近代満洲の歴史とハルビン都市像の変遷」  
        広川佐保(新潟大学人文学部准教授)「『蒙古横断』の<現在>」  
      ※参加費無料・予約不要  ※一般の方々も気軽にお越しください。