トップページ > 展示案内 - 過去の展示歴 - 2009年 > 「日本の書物 かたち・とじかた」

展示案内

「日本の書物 かたち・とじかた」

2009年4/20〜5/13 「日本の書物 かたち・とじかた」

S%E6%9B%B8%E8%AA%8C-%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%97%E8%A1%A8.jpg

展示概要

「日本の書物 かたち・とじかた」

会期:2009年4月20日(月)〜5月13日(水) 
    ※休館日:日曜・祝日及び4月30日〜5月2日
開館時間:平日10時〜17時 土曜10時〜13時 
観覧料:無料 

〔展示会概要〕
 古来より、我が国の書物は、さまざまな姿で変容しつつ、今に受け継がれてきました。
 今回の展示では、文理学部所蔵品の中から、伝存する写本及び版本等に焦点をあて、書物のさまざまな「かたち」、「とじかた」などの変容を身近に感じ、系 統的に理解していただくことを旨としています。時代を超えた書物の形態や装いが発信する諸情報を自身の眼を通して受信していただくよう企画しました。

〔主な展示品〕
・『葛城』(観世謡本) ※古活字版    ・『毎月抄』(藤原定家著)室町時代末頃写 
・『清少納言』 ※寛永古活字版      ・『晴月集』(飛鳥井雅縁著)江戸時代写
・『頓阿法師名所集』室町時代写     ・『神語考』の版木  など

〔主催〕日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館
〔協力〕日本大学文理学部図書館


 


こちらから、展示会のチラシ(PDFファイル)をダウンロードできます。