トップページ > 展示案内 - 過去の展示歴 - 2008年 > 「旅〜中古・中世日記紀行文学の世界〜」

展示案内

「旅〜中古・中世日記紀行文学の世界〜」

2008年 9/26〜10/24 「旅〜中古・中世日記紀行文学の世界〜」

     
 

展示概要

のあり方やとらえ方は、時代や文化的な背景によって異なっています。 
日本においては、鎌倉時代以降、京都と東国との交通が盛んになり、 
貴族階級・隠遁者の手になる日記紀行文学が出現します。 
文理学部資料館所蔵の和書の中から代表的な作品をとりあげ、 
平安時代以降、室町時代までを中心として、 
当時の旅の風景や表現世界を探り、 
旅に対する考え方の変遷をたどってみましょう。

[主な展示資料] 
・『土佐日記』慶長五年写 *松木宗綱筆本系統      ・『伊勢物語』鎌倉後期写 伝玲泉為相筆
・『西行物語』江戸後期写                     ・『更級日記』江戸初期写 *松平文庫旧蔵本
・『十六夜日記』文化四年写 日野資矩筆 *日野文庫  ・『十六夜日記』江戸前期写 *寶玲文庫旧蔵本
・『建礼門院右京の大夫集』江戸初期写 伝了哲筆       ・『平家物語』元禄四年刊 *献上本・絵入
・『左大臣義教公富士御覧記(時しらぬふみ)』江戸中期写 
・『類従名所和歌集』元和三年刊 *11行古活字本


会期:9月26日(金)〜10月24日(金) 開館時間:10時〜17時(土曜は13時まで) 休館日:日曜・祝日・10月4日(創立記念日) 観覧料:無料

こちらから、展示会のちらし(PDFファイル)をダウンロードできます。