トップページ > 展示案内 - 過去の展示歴 - 2008年 > 「『徒然草』―兼好と古典文化―」

展示案内

「『徒然草』―兼好と古典文化―」

2008年 4/24〜 6/ 4 「『徒然草』―兼好と古典文化―」

%E5%9B%B3%EF%BC%93.jpg こちらから、ちらし(PDFファイル)をダウンロードできます。

展示概要

  


 『徒 然草』は、現在に至るまで多くの人々に親しまれてきた随筆文学ですが、今回の展示では、その成立の背景や作品としての魅力について、日本大学文理学部資料 館所蔵の『徒然草』関連の和本資料を中心に探ってみることにしました。『徒然草』の享受の様相を江戸期の写本、絵入り刊本などでたどり、とくに兼好法師と 古典文化との関係に照明をあてることにより、さまざまな書物と人との出会いが生み出すドラマについても思いをめぐらせてみましょう。

会期  2008年4月24日(木)〜6月4日(水)
    ※休館日 日曜・祝日及び4月29日〜5月6日は休館

開館時間  平日10時〜17時 土曜10時〜13時

観覧料  無料

主催  日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館 
協力  有吉 保(日本大学名誉教授)