トップページ > 展示案内 - 過去の展示歴 - 2007年 > 「書写材料と印刷文化展」

展示案内

「書写材料と印刷文化展」

2007年 4/23〜 6/ 2 「書写材料と印刷文化展」

 

 

 

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E5%B9%B3%E6%88%9019%E5%B9%B4%E5%BA%A62%EF%BC%8D1%20028.jpg %E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E5%B9%B3%E6%88%9019%E5%B9%B4%E5%BA%A62%EF%BC%8D2%20029.jpg

 

展示概要

会期:2007年4月23日(月)〜6月2日(土)※本展示は終了いたしました。

紙や活版印刷の発明が社会や文化に与えた影響はきわめて大きなものでしたが、電子メディアの時代を迎えた今、印刷技術の変容や書物と私たちとの関わりなどの問題については、多様な視点から考えてみることが求められています。紙 が発明される以前の時代にはどのような材料を用いて書写したのでしょうか。また、印刷技術の進展によってどのような書物を作ることが可能になったのでしょ うか。今回の展示では、近代にいたるまでの書写材料の歴史について、文理学部資料館所蔵の日本の古い印刷物や世界の書写材料・書物などを中心にして紹介し ます。


こちらから、ちらし(PDFファイル)をダウンロードできます