入試特設サイト

このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

教職ボランティアについて

日本大学文理学部> 教職支援センター> 教職ボランティアについて

このページの内容を印刷

教職ボランティアについて

教職ボランティアとは

教員採用試験の合格を目指す学生にとって、教職ボランティアは必須です。各教育委員会は継続的に子ども・教師・学校と関わり、教師の職務を体得している人を教員として採用したいと考えています。しかし、漠然とボランティアをするだけでは意味がありません。たとえば、子どもたちと関係を構築するのには一定の時間がかかります。子どもとの距離をどのように縮めていくかなど工夫をし、自分から積極的にボランティア活動を行うことが大切です。また、自分が教職に向いているのか迷っている学生は、自分の適性を見極めるためにも教職ボランティアの経験は大変参考になります。

そしてさらに、本学の近隣の小・中学校や高等学校は、皆さんの力に大いに期待しているのです。

中学校にて放課後に数学の補習を行っている様子です。実際に教壇に立ち,放課後補習を行うことで,教員になった姿を思い描くことが出来,将来の大きな糧となるでしょう。 小学校にて書道の授業補助を行っている様子です。児童たちと授業を通じて触れ合うことによって,教員を目指す学生たちの大きな経験となっています。

教職別ボランティア

学科やコース、取得免許の教科に応じて設定されているものです。なかでも数学科ホームページ上で公開されている「学生支援プロジェクト」は、複数の高等学校・中学校・小学校と連携した「授業観察」「指導補助」というメニューで展開され、専門の教科教育に特化して極めて充実した内容となっています。