プロジェクト全体の説明

本プロジェクトは、「東アジアにおける都市形成プロセスの統合的把握とそのデジタル化をめぐる研究」(代表:加藤直人)を構成する日本語日本文学班の活動の一環である。

日本語日本文学班は近世文学・近代文学・日本語学の3チームからなり、日本語・日本文学の観点から日本最大の都市圏である江戸・東京圏の再構築を試みている。

本プロジェクトでは、3チームが収集したテキスト・画像・言語景観データをWebGIS(GIS=Geographic Information System,地理情報システム)上に実現することで、江戸・東京圏を多層的・多角的に視覚化している。時代・ジャンルを超えたデータが収められたWebGISによって江戸・東京圏の様相を浮かび上がらせ、従来の二次元的観点からの分析では埋没してきた新たな特性を捉えることを主眼に置いている。

現代地図の上に重ね合わせた古地図と、それぞれのチームがこのプロジェクトのために用いた資料は、次の通り。いずれも日本大学所蔵の資料または独自調査に基づくものである。

古地図:
『江戸切絵図』・『東京市全図』
近世文学チーム:
『江戸名所図会』の画像とテクスト京伝黄表紙・南北歌舞伎のテクスト泰平纏一覧の画像とテクスト
近代文学チーム:
小林清親版画
日本語学チーム:
「小森コレクション」に収録された銀座の写真、ならびに独自に行った言語景観調査に基づく銀座・秋葉原の写真と調査報告

古地図概要と凡例

『江戸切絵図』概要

近江屋版
発行年:1849-1852(嘉永2-5)年
日本大学文理学部所蔵:19葉

『江戸切絵図』凡例

地図タイトルの中に含まれている地区名を記名した。

『東京市全図』概要

発行年月日:1907(明治40)年4月15日

発行者:東京市役所東京市編纂係

『東京市全図』凡例

東京市全図を25等分割し、実質的な地形図を伴う17区画について示した。
区画の見出しについては、区画内の主要駅を中心として示した。
検索の便宜の観点から、現在の鉄道・地下鉄駅名を用いている。

『江戸名所図会』概要と凡例

『江戸名所図会』概要

『江戸名所図会』は江戸の名主であった斎藤幸雄・幸孝・幸成(月岑)が三代にわたり書き継ぎ、完成させた地誌である。挿絵は長谷川雪旦による。七巻二十冊。天保五・七年(1834・36)刊。当WebGISでは、日本大学文理学部所蔵本を底本として使用した。

『江戸名所図会』「本文」凡例

  • 『江戸名所図会』のテキストデータは原文の抄録である。翻字に際し、適宜句読点を付した。
  • 〔 〕はデータ作成者による補記である。
  • ( )は原文の割注である。
  • 原文に引用される文献名に『 』、引用文に「 」を付した。

京伝黄表紙・南北歌舞伎の概要と凡例

  • 18世紀後半の山東京伝(1761-1816)の黄表紙と19世紀前半の四代目鶴屋南北(1755-1829)の歌舞伎から、江戸周辺の土地にかんする記述を抽出した。ただし全作品からの悉皆抽出ではない。
  • 山東京伝の黄表紙は『山東京伝全集』黄表紙1~3(ぺりかん社、1992-2001)、鶴屋南北の歌舞伎は『鶴屋南北全集』2・3・5・7(三一書房、1971-73)を参照した。
  • 読解の便宜上、原文の「/\」記号を平仮名にひらく等の処置を施した。

『泰平纏一覧』の概要と凡例

『泰平纏一覧』は各組の目印である纏(まとい)・人足が着用する半纏(はんてん)・担当町域・人足の人数を示した書物である。
1856(安政3)年刊行。
担当町域は原文を翻刻して抽出した。
各組の中心地は、『泰平纏一覧』の文字配当図に記載されている町名・地名とした。
文字配当図に記載されていない場合は「N」と入力し、各組の先頭に挙げられている町名を中心地とした。
地図上に表示されている範囲は、担当町域の4角の緯度経度情報を取得し、表示したものである。

「小林清親版画」の概要

日本大学総合学術情報センターが所蔵する小林清親版画のうちから、明治前期の東京やその周辺を描いた風景版画52点を、描かれた題材の位置に則してWebGISに収めた。1876年から1881年に制作され、後に『東京名所図』と総称される風景版画シリーズを中心に、古典的作風に回帰したとされる『武蔵百景之内』(1884)を加えた。小林清親(1847-1915)は明治期を代表する版画家、浮世絵師。西洋絵画の技法などを取り入れ、光と影、水面や空気の色彩などを新しい感覚で描き出した風景版画で人気を博した。

小森コレクションの概要と凡例

小森コレクション概要

「小森コレクション」とは、小森孝之氏が収集した銀座にかんする資料が、アルバム形式でまとめられているものである。基本的な資料の収集・編集は小森孝之氏本人によるものとみられるが、妻である小森孝(ペンネーム:多花)氏も資料の編集にかかわったと思われる。

同コレクションに収められているのは、小森孝之編(1983)『ふるさとの想い出 写真集 明治 大正 昭和 銀座』,国書刊行会刊行で使用された資料類を中心とする。資料種は写真・写真接写・絵葉書・雑誌切り抜きなどが主である。関東大震災-バブル期前までの銀座の街並みや人物の記録が中心である。「素顔の銀座(『ふるさとの想い出 写真集 明治 大正 昭和 銀座』に寄せられた安岡章太郎氏の序文より)」が近代化されていく様子が、小森氏の視点を通して写し出されている。

当コレクションは日本大学文理学部が所蔵している。

小森コレクションの構成

アルバム冊数:「本誌編集分」(上記刊行物で実際に使用した資料類のアルバム) 全 5冊
「ネガ&ベタ」(写真のネガ・ベタのみ収められたアルバム) 全 3冊
「複写&オリジナルプリント」(写真のみのアルバム) 全 2冊
資料撮影/収集の時代幅 明治元年(1868)~昭和57年(1982) 計 10冊

小森孝之氏略歴

小森孝之氏:1920年(大正9年)11月東京市京橋区木挽町1丁目(現・東京都中央区銀座2丁目)生まれ。1988年(昭和63年)死去。

法政大学法文学部政経学科卒。学徒出陣。朝日新聞東京本社編集局入社。調査部、家庭朝日編集部を経て、昭和29年9月、同出版局アサヒカメラ編集部勤務。元アサヒカメラ副編集長。大阪芸術大学、九州産業大学写真学科講師。東京写真専門学校講師。日本写真協会会員。日本映像学会会員。

小森孝(多花)氏:1923年(大正12年)11月東京市小石川区高田老松町(現東京都文京区目白台3丁目)生まれ。1948年(昭和23年)小森孝之氏と結婚。

参考資料:小森多花(孝)編(1991)『小森孝之<朝日新聞記者>遺稿集 花発多風雨』小森コレクション

小森コレクション凡例

当WebGISに収められている情報はすべて「小森コレクション」に準じた。

解読不能な文字にはXを付した。