TOPへ

研究者
教授・准教授・講師・
    助教・助手

 
 
 
 
 
  ら・わ

共通施設設備
一覧

活動報告
研究活動報告

研究紀要
一覧

問合せ先
事務課


共通施設設備

岩水圏サイクル分析装置
 岩石圏と水圏の相互作用を物質循環の観点から解析することを目的として1996年に導入されました。このシステムは9号館1階に設置され、主として、X線マイクロアナライザ、ICP-MS,気体安定同位体質量分析装置の3つの装置から構成され、それぞれ岩石・鉱物試料や天然水試料を対象として下記のような様々な目的に使用されています。

A: X線マイクロアナライザ(日本電子社製 JXA-8800R)
 本装置は1996年4月に導入された波長分散型のEPMAで、主に岩石鉱物の化学分析に利用されています。
 微小領域の非破壊分析が可能であることを特徴とし、定量分析、定性分析、面分析、線分析の他、画面に表示された反射電子像(組成像)による岩石組織の観察も行っています。

X線マイクロアナライザ
カコウ岩のSi強度の面分析例
カコウ岩のSi強度の面分析例
B:ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析計)
 ICP-MS装置は、アルゴンガス等を用いてプラズマを発生させ、溶液中に含まれる元素をイオン化することにより、短時間に多くの元素を極めて高感度(pptレベル)に分析することができます。 ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析計)
ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析計)
C:気体安定同位体質量分析装置(Micromass社製OPTIMA)
 この分析システムには、地球表層部における気体・液体(水)・固体(岩石)間の相互反応や物質循環系を理解する際に有用な軽安定同位体比を測定できる分析装置が導入されています。本装置は、主に気体の水素・炭素・酸素・窒素・硫黄の安定同位体比分析用に設計されていますが、併設する全自動制御の前処理装置を利用すれば液体試料の分析も可能であり、河川水・海水・地下水等の水試料の酸素・水素同位体比を求めるのにも利用されています。
気体安定同位体質量分析装置(Micromass社製OPTIMA)
気体安定同位体質量分析装置(Micromass社製OPTIMA)

施設設備一覧へ >>

Copyright (C) by Nihon University.