哲学科
18/20

Q 大学では哲学科の専門科目だけを履修すればよいのですか?A 専門科目以外の授業も履修する必要があります。 卒業するために必要な単位数(最低124単位)が設定されていますが、その中で哲学科の専門科目として必要なものは半分ほど(最低70単位)です。哲学科の専門科目のほかに、幅広い教養を身につけるための総合教育科目(最低16単位)や外国語科目(最低8単位)、健康・スポーツ教育科目(3単位)、コンピュータ科目(2単位)を修得しなければ卒業できません。もちろん、哲学科の専門科目を70単位以上修得することも可能です。 また、哲学科の専門科目といっても、日本大学文理学部哲学科では、哲学、倫理学、美学、宗教学、以上四つの学問領域の授業が開講されており、1年次にはこれらの領域から万遍なく単位を修得しなければならないようにカリキュラムが設定されています。2年次以降は、自分が関心を寄せる分野を重点的に学習することもできるようになっています。他に、教員免許状、司書、学芸員、等々の資格を取得するためのコース科目も充実しています。Q 哲学科で学ぶことは、自分の人生にとってどのように役に立ちますか?A 明晰な思考力を高めることができます。  哲学科では、哲学・倫理学・美学・宗教学の理論と方法とを学ぶことを通して、人間の価値と文化的実践とに関する総合的研究を行うことを主目的としています。具体的には、哲学では知識と存在に関する分析を、倫理学では人間の行為の規範を、美学では美と芸術の本質を、そして宗教学では人間と聖なるものとの関わりを探求します。さらに例を挙げれば、哲学科では、偉大な哲学者たちの著作を厳密に読解することを基本姿勢にしつつ、学生諸君が自力で明晰判明な思考を行うことができるようになるための手助け・トレーニングを行います。 哲学科で得られた分析能力や知識は、卒業後のあなたの人生にとって必ずやプラスになるはずです。また各教員もゼミ活動を通して生き方や人生の航路についての一手本を身をもって示しますので、哲学科での4年間の学生生活は、あなたの人生の方向性を決める上で大いに参考になることと思います。Q 哲学科では、どのような資格が取れますか?A 教員免許や司書などが取得できます。  さまざまなコース科目が開講されていて、たとえば哲学科の場合には、中学・高校で社会・公民・宗教を教えるための教員免許状(高等学校第1種、中学校第1種)を取得できますし、頑張れば他の科目の免許状も取得可能です。また、すべての学生が、図書館の専門職である司書や博物館などの事業に携わるために必要な学芸員の資格の取得にチャレンジできますし、その他にも社会教育主事コースも開講されています。これらは自由に選択することができます。Q&A哲学科によく寄せられる質問とその答えを集めました。●17

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です