地理学科
5/8

ハイデルベルク城と旧市街地の説明海外実地研究ブリュッセルでの都市景観・観光実態調査セントラルバレーでの農業景観の観察「海外実地研究」では、海外調査を行う意義や価値を感じられるように、現地の人々や大学、研究所との交流も行っています;壷責でよさ」一一一や一ご「ヨーロッパの自然と文化」「地中海からバルト海の世界遺産を訪ねて」のテーマで、北イタリススイス、ライン川中流域、フランス中部、オランダこフィンランド、エストニアを訪ねました。都市間移動はユーレイルパスを用いて、ヨーロッパ国際鉄道で行い、都市内はトラムや路線バスを利用しました。野外調査体験談 PART2欧州8カ国の旅行者を調査広大な自然に感動しました二軍Ir■■笹= _∵∴‥-.血でィ÷ニ∵十一ト\ン∴メ地理学科二三引_てナコ二等三1着‾三二三三こて‾地理学科では毎年夏休みを利用して、約1カ月間の海外実地研究を行っています。私はイタリア、スイス、フランス、ドイツ、ベルギー、オランタこフィンランド、エストニアの8カ国を訪れました。欧州各国の地域性を見るために旅行者にアンケートを行い、Fドイツ南部の地域資源利活用」ドイツ中部フランクフルトとその周辺や、南部のバーデンヴユルチンベルク州、バイエルン州における都市や農山村地域を訪れ、地域的特色を「地域資源」として捉え、その現状を探ることをテーマに、生活文化・都市景観と機能・交通・農業の4班に分かれて14日間の調査をしました。◆誓言莞自然と文化一地中海からバルト海の世界遺産を訪ねて」◆字書悪霊おける地域資源利活用の現状を探る」◆禦禁霊造形と意匠一自然と文化の世界遺産をたずねて」◆諾警告の多様な自然環境と農牧業形態」◆監禁霊然と社会」   ◆禦禁霊都市洞と地理情軌◆禦三男悪自然と造形」  ◆慧浣雲部の地域環境を学ぶ」◆誓浣票国カリフォルニア州の自然環境と環境保全活動の理解」◆諾芸法要ヨ_。ツパの探求」/ ◆認諾監闘士と社会を診る」出身国や滞在期間、滞在目的などについてまとめました。そこでわかった欧州を訪れる旅行者の特徴は、思っていた以上に若年層の方が多いということ。地続きになっている国が多いので、日本よりも海外旅行に対するハードルが低いのかもしれません。また、欧州の大自然や生活、食文化も体感しました。なかでも、はじめて見たスイスのユングフラウの風景は爽快の一言に尽き、本当に感動しました。同国・グリュイー工ル村で食べた本場のチーズフォンデュの味も忘れられません。フィールドワークは地理学科最大の魅力◆諾豊語気レトガル.オランダの自然・歴史・文化を学ぶ」です。楽しみながら世界のことを、地理のことを学ぶことができます。積極的にさまざまな場所に行って、いろいろなものに触れてみてください。「百聞は一見に如かず」という言葉の意味を、体感できますよ。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です