英文学科
4/16

講義で広く、演習で深く、卒論で極める。1年次2年次アカデミックな英語の技能を身につけながら、専門分野の基礎知識を身につけます。1年次で身につけた基礎知識をもとに演習形式の授業でより深く学びます。コミュニケーション・自主創造の基礎・英語発音演習・英文法演習・Academic English 1・2英文学科の学生として身につけるべき英語の基礎的な力、学修方法、コミュニケーション能力を養います。・Academic English 3・4・異文化間コミュニケーション概論1年次で養った基礎力をふまえて、より高度なコミュニケーション能力を養います。外国語教育科目英語学(英語ということばを学ぶ)・英語教育・英語学概説英語学の各分野(音声学、形態論、統語論、意味論、英語史など)の基礎的な知識を修得して、英語学とはどのような学問なのかを学びます。・英文法・英語音声学・英語史・英語学演習専門的な英文法、音声学、英語史を学ぶとともに、英語学の研究方法の基礎を学びます。英米文学(英語で書かれた作品を学ぶ)・英米文学概説・西洋古典英米文学の基礎的な知識を修得することによって、英米文学とはどのような学問なのかを学びます。・イギリス文学史1・2・アメリカ文学史・英米文学演習・文学・文化批評理論・イギリス社会論・アメリカ社会論18世紀末までのイギリス文学の歴史、アメリカ文学の歴史を概観するとともに、英米文学の研究方法の基礎を学びます。私が大学で学んでいることは、大きく分けて3つあります。1つ目は英語で自分の意見を表現するコミュニケーション能力を培うための学習で、ネイティブの先生が英語で授業を行い、学生が先生や他の学生と英語で会話することにより、自分の考えや意見を英語で発することができます。2つ目は英語学で、英語という言語の構造や機能や仕組みを理解し、直感を頼りにした英語ではなく、理論的に理解した英語を習得できます。そして3つ目が私がこの学科に入ってやりたかった英米文学で、詩、劇、小説などの英米文学作品を読み、文化や思想、物語の背景を知る学習です。授業では洋書を読み、グループや個人で感想や考察を述べ、それらを議論することで、文化や思想を深く理解することができます。吉岡誠也さん(英文学科4年)に聞きました!どんなことを勉強していますか?イギリスのケント大学に交換留学した吉岡さん・英語1・2(コミュニケーション)・英語3・4(リーディング)・英語5・6(ライティング)・英語7・8(資格・検定)・英語9・10、英語11・12(専門的なリーディング)必修・英語リスニング1〜4・英文ライティング・オーラル英語1〜4・観光英語・通訳英語選択(実用英語)カリキュラム4

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です