体育学科
4/6

充実した環境で過ごすキャンパスライフ03▶授業紹介Department ofPhysical EducationCampus Life 鈴木 理教授人類の叡智を尽くして連綿と編み上げられてきたスポーツの文化的価値は、身体技法の「試し合い(試合)」によって決着する勝敗を超えたところにこそ見出されます。その意味を了解し、継承・発展を促すための教育的介入のあり方を考えることが、スポーツ教育学の主題です。保健体育の授業における実践と省察から物事を多面的に捉え、教員としての考えを深める授業です。「教員になってからがスタート」と考え、教材研究の仕方や“運動の感覚”を“言葉”として表現するなどの実践的な課題に取り組んでいます。日々自分の成長を感じ、理想の教員像へ近付けるよう仲間と共に切磋琢磨しています。将来教員を志す仲間が集います4年中村 駿也 さん保健体育科授業実践演習僕の中でいちばん印象的な授業!小山 貴之准教授スポーツ活動で起こる怪我やスポーツ復帰までのリハビリテーション、再発予防のための取り組み、コンディショニングなど、スポーツとリハビリテーションを主なテーマとしてゼミナールを行っています。スポーツリハビリテーション演習では、スポーツ指導者に必要なスキルとして、ストレッチングやテーピング、マッサージなどの実践的能力を身につけることができます。スポーツリハビリテーションでは、理学療法学やトレーニング理論など様々な分野の知識が必要だと感じました。授業の中では、他者へテーピングをすることの難しさを実感し、改めてスポーツトレーナーさんの偉大さに気づくことができました。どのような場面でも的確な対応ができるよう、より多くの経験と知識を身につけるべきだと思いました。実践を通して学びます4年菊池 奈美さんスポーツリハビリテーション演習毎回、目から鱗の授業です!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です