文理学部報父母号53号
15/16

14文理学部報 第53号● 場  所:日本大学文理学部本館B1Fセンターホール   ● 定 員:400名(先着順)● 受講料:5,000円(資料代を含む)● 申込期間:平成29年4月中旬を予定 (*講師・講義題目は,確定次第,ホームページ等でお知らせします)申込方法については,4月以降,文理学部ホームページをご確認ください。〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40  TEL:03 (5317) 8497申込方法平成29年度公開講座講義題目(予定)①だまし絵と宇宙の形②箱根は火山て知っていた?③VISCUITによるプログラミング体験とコンピュータサイエンス入門④植物の性表現って何種類?⑤人工イクラの原料は意外に有用⑥音から理解する共鳴現象⑦ススキと人間のかかわり(仮題)⑧観光行動の科学講義題目(予定)①ICT時代のメディア ー講座のガイダンスとして②広告マンが語るデジタルとグローバル時代の広告③NHK,民放,両アナウンス経験をもとに語るテレビの世界④芸能マネージャーが語るタレントを輝かせるWEB戦略⑤リサーチ会社社長が語るデジタルによって変化する消費者のメディア視聴⑥CMディレクターが語るデジタル時代の映像表現⑦テレビ番組ディレクターが語るインターネット時代の映像コンテンツ⑧映像会社社長が語る映画のプロデュース平成29年9月30日~11月25日の毎週土曜日(後期8回)*11月4日を除く平成29年5月13日~7月1日の毎週土曜日(前期8回)前期後期統一テーマ「身近な現象を科学する」統一テーマ「文理学部のOB・OGが語るメディアの今とこれから」 平成29年4月から利用できる新「本館」の1階に,複数の学生が集まり議論を進めて学習をすることができる〝ラーニングコモンズ”と〝アカデミックコモンズ”を開設します。 〝ラーニングコモンズ”は,学生が自主的に学ぶ公共的な空間です。ここには,合計177席に及ぶ様々な形態のテーブルや椅子が配置されます。個人やグループで,あらゆる用途に応じて利用できます。 〝アカデミックコモンズ”は,学生と教職員が談話したり議論したりする空間で,合計86席が配置されます。 曜日や時間帯によっては,学部内の各部署による様々なイベントが行われ,大学院学生による学習アドバイザー(「LA」(Learning Assistant))が待機するときもあります。 さらに,〝アカデミックコモンズ”の一角にカフェを設け,自由な雰囲気のなか,ゆったりとくつろぎながら,学生同士,また,教職員も交えて,学びや対話を楽しむことができます。 〝ラーニングコモンズ”と〝アカデミックコモンズ”を利用することにより,学生の皆さんの自主的かつ主体的な学びに繋がることを期待しています。新「本館」に〝ラーニングコモンズ”と〝アカデミックコモンズ”を開設

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です