入試特設サイト

このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

イベント

日本大学文理学部> お知らせ> 文理学部資料館『考古学所蔵品展~所蔵資料から見る日大の考古学~』

このページの内容を印刷

2017年5月8日~2017年7月22日 文理学部資料館『考古学所蔵品展~所蔵資料から見る日大の考古学~』

 文理学部資料館では『考古学所蔵品展~所蔵資料から見る日大の考古学~』と題した展示会をおこないます。

 日本大学では,1929(昭和4)年に初めて人類学・考古学に関連する講義が開始されました。以来現在に至るまで多くの考古学専攻生を輩出しています。日本大学における考古学研究は,松村瞭・門上秀叡・八幡一郎の3名の研究者によってその礎が築かれ,その後も内外の研究者が関わって発展してきました。その間,様々な時代・地域の遺跡を発掘調査し,資料を収集しています。
 また,このような活動を続ける中で資料の寄贈を受けることもあり,さらに発掘調査実習の授業などを通じ,所蔵品は年々増加しています。多年にわたり発掘したこれらの資料は,調査・研究,成果の公表を通じて広く社会への還元を目指しています。
 本展示会では,文理学部が所蔵する考古学資料の中でも,本学を代表する資料を中心に展示し,日本大学における考古学の軌跡を紹介します。



 
 
  会     期 : 平成29年5月8日(月)~7月22日(土)
  会     場 : 文理学部資料館展示室(図書館棟1階)
  開 館 時 間 : 平日10時~17時(土曜日は13時まで)
  休  館  日 : 日曜日
            ※ただし,7月16日(日)は夏季オープンキャンパスにより
                 平日の時間で特別開館いたします。
  入  館  料 : 無料
  主     催 : 日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館
  お問い合わせ先 : 資料館事務室03-5317-8590(直通)

※詳細は,資料館ホームページ,またはこちらをご覧下さい。