このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

奨学金制度

日本大学文理学部> 学生生活ガイド> 奨学金制度

このページの内容を印刷

奨学金制度

日本大学文理学部では、学生の勉学意欲に応えるための支援制度として、文理学部独自の奨学金制度や日本大学の奨学金制度を設けています。
奨学金には、人物、学業、成績が優秀な学生に対する奨学金と、経済的理由により修学が困難な学生に対する奨学金があります。
文理学部・日本大学の奨学金とも返済不要の給付の奨学金です。
また、独立行政法人日本学生支援機構が運営する奨学金制度(貸与)や、地方公共団体・各種奨学財団の奨学金制度もあります。
奨学金の募集及び、説明会の開催等の情報は、その都度学生課掲示板に掲示します。 掲示には十分注意し、出願の機会を逃さないようにしてください。
詳細につきましては学生課窓口でお問い合わせください。


1.文理学部の奨学金制度

※平成28年度実績
奨学制度名 対象 金額 給付・貸与 募集時期 担当事務課
文理学部奨学金(第1種) 学部2年生以上の学業・人物が優秀な者(学部生・大学院生) 学部学生 24万円 給付 5月 学生課
大学院生 40万円
文理学部奨学金(第2種) 学部2年生以上の外国人留学生で学業・人物が優秀な者(学部生・大学院生) 学部学生 24万円 給付 5月 学生課
大学院生 40万円
文理学部奨学金(第3種) 学部2年生以上の在学者で不測の事態発生により学費の支払いが困難な者(学部生・大学院生) 学費相当額限度 給付 随時受付 学生課
文理学部後援会奨学金 経済的理由により学費等の支弁が困難な者(学部生・大学院生) 24万円 給付 9月 学生課
文理学部校友会奨学金 経済的理由により学費等の支弁が困難な者(学部生・大学院生) 24万円 給付 9月 学生課
日本大学事業部奨学金 経済的理由により学費等の支弁が困難な者(学部生・大学院生) 24万円 給付 5月 学生課

※平成28年度実績
奨学制度名 対象 金額 給付・貸与 募集時期 担当事務課
大学院生特別奨学金 古田、ロバート・F・ケネディ奨学生に給付(大学院生) 授業料相当額 給付 ※募集はいたしません。 学生課
文理学部大学院博士後期課程奨励研究費 文学研究科・総合基礎科学研究科・理工学(地理学専攻)研究科博士後期課程在籍者(大学院生) 15万円 給付 前年度2月(在学生)
4月(新入生)
教務課
大学院学術論文奨励助成金 文学研究科・総合基礎科学研究科・理工学研究科(地理学専攻)に在籍する者で、有審査学術論文が学外誌に掲載された者(大学院生) 審査の上決定 給付 11月 教務課
大学院生学会(海外)発表補助金 大学院生 交通費 給付 年1回 教務課
大学院生学会(国内)参加補助金 大学院生 交通費・宿泊補助 給付 年2回 教務課
文理学部海外派遣留学生補助金 文理学部海外学術交流協定に基づき、海外へ派遣される大学院生 30万円 給付 ※募集はいたしません。 教務課
大学院海外派遣奨学生補助金 日本大学大学院海外派遣奨学生規程に基づき海外へ派遣される者(大学院生) 派遣期間1年 20万円/派遣期間半年 10万円 給付 ※募集はいたしません。 教務課

2.日本大学の奨学金制度

全学部学生を対象とした奨学金制度には以下のものがあります。

※平成28年度実績
奨学制度名 対象 金額 給付・貸与 募集時期 担当事務課
日本大学特待生 学業・人物ともに優秀な2年生以上の学生を対象とする制度(学部生) (甲種)授業料1年分相当額及び図書費 給付 ※大学が対象者を決定するため募集はいたしません。 教務課
(乙種)授業料1年分相当額
日本大学古田奨学金 大学院生 20万円 給付 4月 学生課
日本大学ロバート・F・ケネディ奨学金 大学院生 20万円 給付 4月 学生課
日本大学創立100周年記念外国人留学生奨学金 外国人留学生で学業成績が優秀で人物が優れている者(学部生・大学院生) 学部学生 授業料相当額 給付 4月 学生課
大学院生 授業料相当額
日本大学校友会(奨学金付教育ローン)奨学金 校友会準会員(在学生) 教育ローンの利息分 給付 通年 学生課

3.日本学生支援機構の奨学金制度

※平成28年度実績
奨学制度名 対象 金額 給付・貸与 募集時期 担当事務課
日本学生支援機構 学部学生 第一種奨学金 貸与 4月初旬 学生課
自宅通学者 3万円・5万4千円
自宅外通学者 3万円・6万4千円
第二種奨学金
3・5・8・10・12万円の選択
大学院生 第一種奨学金 貸与 4月初旬 学生課
博士前期課程 5万円・8万8千円
博士後期課程 8万円・12万2千円
第二種奨学金
5・8・10・13・15万円の選択

4.その他、地方公共団体、奨学財団から毎年奨学生の募集があります。