このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

応急手当

日本大学文理学部> 学生生活ガイド> 応急手当

このページの内容を印刷

応急手当

やけど

  • きれいな冷水で直ちに冷やす(患部に直接強い水圧をかけない)。時間は15分以上が目安です。多量の水がない場合、清潔な布を水に浸したものを患部に当てて冷やします。
  • 十分に冷やした後、滅菌ガーゼや清潔な布で患部を覆う。
  • 衣類の上から熱湯をあびた場合、直ちに衣服の上から水をかけるか、水に浸して冷やします。
  • 衣服は、十分に冷やしたのち脱がせます。皮膚が衣服に付着している場合は無理にはぎ取らないこと。ハサミを使って衣服を切ろうとするのも危ないので避けて下さい。
やけど

多量の出血

多量の出血
  • 手足からの出血は、その部分を高く上げる
  • 直接圧迫止血
    傷口に清潔なガーゼやハンカチをあてて手でしっかり押さえたり、包帯を少し強めに巻いて圧迫する。外傷を受けた部分は心臓より高く上げる。
  • 間接圧迫止血
    傷口より心臓に近い動脈(止血点)を手や指で圧迫して血液の流れを止める。
  • 直接圧迫止血と間接圧迫止血の併用
    直接圧迫止血だけで止まらないときには、間接圧迫止血を加えて行います。また、直接圧迫をすぐに行えない場合には、まず間接圧迫を行います。

骨折

骨折の部分に副子(副木)をあてて安静を保つ。副子がない場合は、杖、傘、スキーの板、物差し、新聞紙、雑誌、座ぶとんなどでも代用。ポイントは患部を動かさないこと。動かすと、折れた骨が動いて周囲の血管や神経などを傷つけてしまう。 骨折

意識不明から心肺蘇生

反応(意識)の確認→気道確保→呼吸の確認→人工呼吸→胸骨圧迫→人工呼吸と胸骨圧迫の組合せ
気道確保 頭部後屈とあご先挙上(頸椎損傷が疑われるときは行わない)
  1. 救助者は肘をついて、一方の手を傷病者の額に、他方の手を下あごの先にあて、下あごを押し上げるようにして、頭を後方に傾ける。
  2. 額に当てた手で、頭が動かないように、しっかりおさえる。下あごの先に当てた手は、あご先の骨の部分だけを支える。

※文理学部内AED設置場所については避難場所を参照してください。

意識不明から心肺蘇生