このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

避難場所

日本大学文理学部> 学生生活ガイド> 避難場所

このページの内容を印刷

避難場所

本学部の避難場所とそれぞれの建物からの避難経路は、下図の通りです。避難の際は、教職員の指示に従って、落ち着いて避難して下さい。

避難場所

第2ゲートは,通常閉鎖されていますが,災害時には開錠します。

災害ボランティア

阪神・淡路大震災では、多くのボランティアの活動が復興の原動力となるとともに、被災者の助けとなりました。本学部でも災害時にボランティアを受け入れます。大学内部に救護所などが設けられた場合には、学生・教職員は進んでボランティア活動に参加しましょう。なお、災害の種類に応じてボランティア活動のメニューは異なります。現地のリーダーにしたがって行動しましょう。

その時、実験室にいたら

実験室では、化学薬品の混合などによって火災が発生する場合があります。揺れがおさまった後、火が小さいうちに備え付けの消火器で消火します。水を使うと火が周囲に広がることがあるので注意してください。実験室には、平日・休日、また時間を問わず大勢の人がいることが多いものです。避難の際はお互いにそれぞれの存在を確認し合い、全員で安全に避難するよう心がけて下さい。

教室・研究室・図書館などでは

むやみに外に飛び出さないようにし、揺れが収まったら、近くにいる教職員の指示に従って安全な場所に避難します。