このページに掲載されている内容について、疑問やご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせフォーム

想定される地震

日本大学文理学部> 学生生活ガイド> 想定される地震

このページの内容を印刷

想定される地震

首都圏直下型地震とは?

直下型地震とは、陸地の地下に存在する活断層がずれることにより生ずる地震です。地震の規模のわりに大きな被害をだすことがあります。2005年7月23日には、千葉県北西部を震源とするM6.0の地震があり、都内では震度5強が観測されました。また、都内には、「立川断層」と呼ばれる活断層の存在がわかっています。

東海地震とは?

東海地震は、日本列島を乗せる北米プレートとフィリピン海プレートの境界にあたる駿河湾下(駿河トラフ)での発生が予想される地震です。ここでは、安政元年に安政東海地震(1854年、M8.4)が発生しました。この地震は、東南海(中京〜南紀)や南海(南紀〜四国)で発生する地震(東南海地震・南海地震)としばしば連動して発生してきました。

地震による被害

阪神・淡路大震災では、10万棟以上の建物が全壊しました。建物が崩壊しなくとも、室内にある大きい備品などが転倒し、大けがや死亡することがあります。また、薬品や火を扱う実験室などでは、火災が同時に発生することも考えられます。これら被害を未然に防ぐためには、建物の耐震性について理解するとともに、備品や薬品等の転倒防止策、初期消火訓練への参加が重要です。

関東大震災と江戸の地震

関東大震災と江戸の地震 もっとも最近、東京が地震によって大規模に被災したのは、1923年9月1日のことです。関東大震災と呼ばれるこの地震は、相模湾を震源とし、M7.9でした。都心部での震度は6、また、その周辺で5という揺れが観測されました。被害は、死者が10万人余り、家屋は30万戸余りに及びました。死者はおもに火災によるもので、本所被服廠跡地だけで焼死者44,000人にのぼったといわれています。江戸時代にも、大規模な災害をもたらした地震が知られています。元禄地震(1703年、M7.9〜8.2)や江戸地震(1855年、M6.9)などです。とくに安政時代に起きた江戸地震では江戸町方での死者が4千人余り、家屋の被害が1万4千戸余りにも達しました。

震度とマグニチュード

地震の規模はマグニチュード(M)で示され、マグニチュードが1上がると地震のエネルギーは32倍となります。震度は地震の揺れの程度を示すもので場所によって異なります。震度階級は0〜7の10階級(震度5・6は強弱の2段階に区分)に分かれ、「震度5弱」でも、耐震性の低い鉄筋コンクリートの建物の壁に亀裂がはしり、窓ガラスが割れて落下する。未補強のブロック塀が倒れたり、道路にも亀裂が入るなどの被害が出ることが予測されます。

震度とマグニチュード