ヘッダライン

日本大学 大学院 文学研究科

  • 哲学専攻
  • 史学専攻
  • 日本史専攻
  • 外国史専攻
  • 国文学専攻
  • 中国学専攻
  • 英文学専攻
  • ドイツ文学専攻
  • 社会学専攻
  • 教育学専攻
  • 心理学専攻

    • 概要
    • 概要へのリンク
    • 教員紹介
    • 教員紹介へのリンク
    • カリキュラム
    • カリキュラムへのリンク

    日本大学大学院文学研究科デジタルパンフレット

    教育情報等は,以下のパンフレットをご覧ください。

     日本大学大学院文学研究科デジタルパンフレット

     

    平成29年度進学説明会を開催いたします
    大学院文学研究科・理工学研究科地理学専攻進学説明会を開催いたします。
    参加申し込み等は不要ですので、関心をお持ちの方はぜひご参加ください。
    ※全体説明40分ののち、専攻別の個別説明を行う予定です。
    第1回 平成29年4月27日(木) 17時~
    第2回 平成29年10月1日(日) 15時~
    場 所 : 日本大学文理学部 オーバルホール(図書館3階)

     

  • 教育研究上の目的
  • 心理学専攻 博士前期課程
  • 心理科学及び臨床心理学の学問分野を柱に、基礎から応用まで幅広く学べるカリキュラムで研究を行い、人材を養成する。
  • 心理学専攻 博士後期課程
    • 専攻分野について研究者として自立して研究活動を行い、さらに高度な研究能力及び基礎となる豊かな学識を養い、人材を養成する。
  • 入学者受入方針 教育課程編成・実施方針 学位授与方針

  • 入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

     心理学専攻では,今後更なる発展が予想される心理学の諸領域,あるいは関連領域において求められる高度な学識と技能を有することで,学問の進展に寄与し,専門的職業に従事する人材を育成することを教育目的とします。

    本専攻ではこの目的のもと,心理学を創造的に社会へ還元することの意欲と適性を有する次のような学生の入学を希望します。

     

    [博士前期課程]心理科学コース

    心理学の専門家として学問の進展に寄与するために,基礎学力を有しつつ,専門・分化した心理学の知識の全体を俯瞰しながら,自主的に研究する意欲的な学生を迎え入れます。

     

    [博士前期課程]臨床心理学コース

     心理学に関する基本的な知識と技能を有していることを前提とします。そのうえで,臨床心理学の学修課題を体系的に履修し,心理臨床実践と臨床心理学研究の両面において実際に遂行する意欲をもった学生を迎え入れます。

     

    [博士後期課程]

     心理学領域及び関連領域において国際的かつ先端的な研究指向性を有し,研究・教育あるいは高度に専門的な業務に従事して斯界の発展に貢献しようとする学生を迎え入れます。
  • 教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

     心理学専攻は,心理科学及び臨床心理学の学問分野を柱に,基礎から応用まで幅広く学ぶことができるカリキュラムを通して,有能な人材を養成します。

     

    [博士前期課程]心理科学コース

     心理学の幅広い領域の講義科目を履修することによる「専門的知識の獲得」,高度な研究環境の中での活発な「研究活動の実践」,自身の研究成果を適切に発表し討議するための能力を身につけるための「研究発表」を主軸として,心理学の専門家として高水準の知識とスキルを身につけられるカリキュラムを編成しています。

     

    [博士前期課程]臨床心理学コース

     心理学を土台とし,臨床・研究・教育のバランスのとれた臨床心理職者の養成を基本方針とします。必修科目は,学内・学外における実習とそれを支える多彩な臨床心理学関係科目で構成されています。また,学内実習の場でもある心理臨床センターでは,地域貢献活動を通してさまざまな実践経験を積みます。

     

    [博士後期課程]

     専攻分野における研究者として自立した研究活動を行い,さらに高度な研究能力及び研究活動の基礎となる豊かな学識を養いながら将来の心理学界を担うべき人材を養成しうるカリキュラムを編成し実施します。

  • 学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

     心理学専攻では,十分な心理学の知識と技能を基盤として,多面的かつ総合的な思考力と,実社会における問題解決力をもち,社会からの附託に応えられる人材を輩出することを目的としています。

     

    [博士前期課程]

     専門分野における幅広い学識と研究法を修得し,将来的に専門的職業を担うことができる能力を有していることが課程修了の基準です。

     

    [博士後期課程]

     専門とする当該研究分野における専門的知識,方法論,理論等に精通し,自ら研究課題を発見し,その課題を創造的に解決できる高度な専門性を身に付けるとともに,新たな心理学研究を創出する能力を有していることが課程修了の基準です。

  • ページの先頭へ戻る

フッタライン