ヘッダライン

日本大学 大学院 文学研究科

単位互換

    • 大学院他研究科の履修等について
    • 大学院研究科においては,教育研究上有益と認められる場合,あらかじめ協議の上,他研究科または他大学大学院研究科の授業科目を履修することができる制度を設けています。また,この制度に基づいて履修した授業科目の単位は,日本大学学則に基づき10単位を超えない範囲で修了要件に必要な単位として算入されます。

      なお,文学研究科において認められているこの制度は以下のとおりです。詳細については教務課に問い合わせてください。
    •  

    • 日本大学大学院相互履修
    • 日本大学大学院では,本大学院学生が在籍する研究科以外の研究科の授業科目(各研究科が指定した相互履修科目)が履修できる制度が設けられています。受講にあたっては,在籍研究科の指導教員,在籍研究科及び受入研究科の許可が必要となりますので,相互履修願を定められた期間内に,在籍研究科で許可を受けた後,受入研究科の教務課に申し込みしてください。なお,相互履修科目,手続き方法等については教務課窓口で確認してください。
    • 大学院国文学分野の単位互換制度
    • 平成17年度から,文学研究科国文学専攻の学生は,大学院国文学分野の単位互換制度に関する協定により加盟する大学院の授業を特別履修学生として履修し,単位を修得することが出来るようになりました。

      研究上の必要から,下記の大学院の授業の履修を希望する学生は,指導教授の了解を得たうえで,教務課窓口で所定の手続きをしてください。
      (1) 大学院国文学・国文学分野の単位互換制度に関する加盟大学院

         駒澤大学大学院国文学専攻

         鶴見大学大学院日本文学専攻

         日本大学大学院国文学専攻
      (2)  授業料等(無料)


      • 首都大学院コンソーシアム
      • 首都大学院コンソーシアムは大学間の学術交流を通じて,大学院における教育・研究活動のより一層の充実をはかるため,(1)他の大学院の授業科目を履修することができる(協定聴講生),(2)他の大学院の教員に研究指導を受けることができる(協定研究生),(3)各大学院で実施する共同研究等に参加することができることを認める学術交流に関する協定を締結し,成立した組織です。

        日本大学大学院の学生が,協定聴講生・協定研究生として参加するにあたっては,所属大学院から許可・推薦を得たうえ,聴講を希望する大学院への申請・許可が必要となりますので,指導教員の許可を得て,教務課窓口で手続きを行ってください。
        (1) 協定聴講生 授業料         1科目 4単位 2,000円 / 2単位 1,000円
        (2) 協定研究生 研究指導料    大学院により異なる
        ※ 実験実習料等特別に要する費用については,実費徴収されます。
        ※ 受け入れが許可された場合には「学生教育研究災害障害保険」等の加入が義務付けられます。
        ※ 加盟大学院によっては,受入のない研究科・専攻もあるので事前に教務課に確認してください。

         

       

               

             

             

       

  • ページの先頭へ戻る

フッタライン