大学院 総合基礎科学研究科

専攻紹介

総合基礎科学研究科の教育研究上の目的

 本研究科の目標は自然と人間との共生という理念のもとに,地球に優しい科学・技術の探求と確立を目指すところにある。本研究科は,地球情報数理科学専攻と相関理化学専攻の2専攻から構成され,多彩な境界領域で接する両専攻が横断的に結ばれているところに特色があり,それぞれの学問領域を融合させた総合的な教育・研究を通じて,以下に記した特色ある人材の育成を目指している。

  • 1 専門の分野に対して,深い学識と優れた思考力を持つ人材の育成
  • 2 専門分野や関連分野を幅広く理解し,それらを柔軟に応用できる人材の育成
  • 3 新しい社会や産業の動向を迅速に解析し,広範な知識と能力を発揮できる人材の育成
  • 4 学際的学問領域の学習を通じて,新しい学問の芽を育てる創造性豊かな人材の育成
  • 5 国際的視野と見識で新しい科学技術の問題を正視できる人材の育成

日本大学大学院総合基礎科学研究科には以下の2つの専攻があります。

地球情報数理科学専攻 教育研究上の目的

博士前期課程

 地球情報数理科学専攻においては、地球環境部門、基礎数理部門、情報科学部門を主な研究部門とし,これら3部門の複合化を目指している。
 また,アクチュアリーコースを設け,高度な専門性を持つアクチュアリーの養成を目指している。

博士後期課程

 地球情報数理科学専攻は、地球環境部門、基礎数理部門、情報科学部門から成り,3分野の複合化を目指し,3部門が学際的に協力し合うことを目標としている。
 地球環境部門:地球を構成する物質の研究に基礎を置くと同時に,地球各圏の相互関係の解明を目指す。
 情報科学部門:
 (情報科学特別研究):情報処理のモデルを厳密に定めて,情報処理の方法や情報の理論的分類の解明を目指す。
 (システム解析特別研究):システム解析学の手法により現象のモデル化を目指す。
 (ソフトウェア科学特別研究):多種多様な情報に対する多様な方法による特徴づけを目指す。
 基礎数理部門:情報科学,地球科学と関連させながら,基礎数学の側面から数理科学の発展を目指す。

 3部門の内容は次の通りです。

地球情報数理科学専攻 各部門関連図 アクチュアリーコース

相関理化学専攻 教育研究上の目的

博士前期課程

 相関理化学専攻は、ミクロ系からマクロ系にいたる幅広い物質系の構造・相互作用・反応・機能に関する基礎と応用に関する理論的・実験的研究と教育を行う。
 本専攻は、物性科学部門と光・電子科学部門を中心にして、これを数物科学部門と分子機能科学部門が、それぞれ物理学及び化学の両面から学際的に相互に補完する4部門で構成されている。

博士後期課程

 高度な知識と技能をもつ研究者の育成を行う。
 (数物科学部門):凝縮系の物理現象の理論的解明を目指す。
 (物性科学部門):物質諸相の実験的解明を目指す。
 (光・電子科学部門):様々な条件下での光・電子機能の制御と応用を目指す。
 (分子機能科学部門):新しい機能性・生理活性物質の合成と構造決定並びに反応機構と物性機能の解明を目指す。

 4部門の内容は次のとおりです。

相関理化学専攻 各部門関連図