ドイツ語の発音について

発音ファイルのダウンロード
このページを印刷する

MENU
ドイツ語の発音=ローマ字読み?
アクセント・母音の長短
ä / ö / ü
ei / eu / au / ie
s / z / ß
ds / ts / tz
母音 + h
l と r
v と w
ch
sch / tsch
-b / -d / -g
-ig
sp / st
j
n
r の母音化
pf
dt
qu
chs
外来語: y/ti/ph/rh/th
音の省略
練習方法

TOP
ドイツ語の発音=ローマ字読み?

ドイツ語の発音は、いくつかの例外的なケースを除けば、書いてあるものをローマ字読みすれば良い、とよく言われます。確かに、音声学的な厳密さを無視すればそう言えるでしょう。しかし、それはあくまで「目安」です。辞書でも発音に仮名表記を付けているものがありますが、これも「目安」であって、ドイツ語と日本語の発音は、基本的に違うもの、と考えて下さい。とはいえ、最初からあまり細かいことを言っても始まりませんから、まずはテープやCDなどのお手本を充分に聞いたり、このページにある例語が録音された発音ファイルをダウンロードして聞き、理屈抜きに「真似をする」ということに専念して下さい。

TOP
ドイツ語の単語アクセント

原則的には、「最初の母音にアクセントがある」と覚えて下さい。アクセントが置かれない特定の前綴りの付いたものや、外来語などにはこの原則が当てはまらないものもあります。しかし、ほとんどの場合この原則が有効です。

TOP
母音の長短

ある母音を長く発音するか短く発音するかは
a) 母音+1子音→長く
b) 母音+2つ(以上)の子音→短く
と覚えて下さい。これに当てはまらない例は結構ありますが、とりあえずの原則としてはこう覚えて下さい。

TOP
3つの変母音 - ä / ö / ü

母音の上に[・・]のついたものが3つあります。この[・・]のことを変音記号と呼び、これの付いた母音(a / o / u にしか付きません)を「ウムラオト(Umlaut=変母音)」と呼びます。姿形は変わっていますが、発音は難しくありません。

ä 大声で「ア」と発音する口つきをして下さい。そして、「アー」と発音しながら、唇の両端をわずかに左右に、舌の位置をわずかに前へずらして「エー」という音を重ねます。日本語で呆れた時に「エー?!」と言う場合の音と考えて下さい。
Mädchen / März / wärmen
ö 大声で「オ」と発音する口つきをして下さい。そして、「オー」と発音しながら、唇をわずかにとがらせて、舌の位置をわずかに前へずらして「エー」という音を重ねてみましょう。
höchst / Österreich / Söhne
ü なるべく唇を突き出す形で「ウ」と発音する口つきをして下さい。そして、「ウー」と発音しながら、舌の位置だけをずらして「イー」という音を重ねてみましょう。
führen / küssen / Übung

TOP
2つ重ねの母音(複母音) - ei / eu / au / ie

ローマ字読みされては困る、という母音の組合せが4つあります。これらは「複母音」と呼びますが、くれぐれもローマ字読みしないように気を付けて下さい。

ei 日本語的には「アイ」となります。くれぐれも、「エイ」と発音しないように!(ドイツ語には、英語がそのままドイツ語に取り入れられたような場合を除いて「エイ」という発音はありません。)
 注:人名や地名以外ではほとんど使われませんが、[ey / ay]という組み合わせも同じように「アイ」となります。
Arbeit / eins / mein / Meyer / Bayern
eu 日本語的には「オイ」となります。くれぐれも、「エウ」と発音しないように!
 注:下の * 印の例のように、[äu]も同じ[e音+u音]の組み合わせであるので、発音上は「オイ」となります。

euch / heute / neu / * Häuser
au 日本語的には「アウ」よりも「アオ」に近く発音して下さい。
Baum / Haus / Traum
ie 日本語的には「イー」というふうに、「イ」を伸ばした音になります。「イエ」と発音する例外(下例 * 印)も少しだけありますが、基本的には「イー」と覚えて下さい。
Brief / lieben / viel / * Familie

TOP
s / z / ß

s 音節の最初にあり、後に母音があると、[s+a音/s+i音/su/s+e音/so]は「ザ・ズィ・ズ・ゼ・ゾ」のように濁った音になります。
sagen / sein / singen / sie / sehr / Sommer / suchen / Sänger / süß / System
s+a音例えば[sein]なども該当します。
s+i音例えば[sie]なども該当します。
s+e音例えば[nger]や[sehr]なども該当します。
そ の 他例えば[ß]や[System]なども該当します。

また、後に母音が無い時には、「ス」になってしまわないように注意して下さい。
Skizze (x Sukizze) / Slawisch (x Sulawisch) / Szene (x Suzene)

z 英語と違い、「za/zi/zu/ze/zo」は「ツァ・ツィ・ツ・ツェ・ツォ」となります。
Zimmer / Zoo / zwei

この理屈を馬鹿正直に実行すると、「鈴木=Suzuki」という名前は「ズ・ツ・キ」と発音することになります。実際、たまたま鈴木さんという日本人の知り合いがいなければ、ドイツ人は[Suzuki]というつづりを「頭突き」と発音します。

ß 見慣れないこの記号は、呼び名を「エス・ツェット」と言いますが、発音は澄んだ「s」の音で、難しいことは何もありません。
groß / heißen / Fuß

TOP
ds / ts / tz

通常は語の末尾に現れるこの[t]系統の音と[s]系統の音の組み合わせは、いずれも英語の"Let's go!"の[ts]の音になります。
日本語の「ツ(=tsu)」のように[u]などという余計な母音が残らないように注意します。

abends / nichts / Katze

2語からなる複合語で、前半部の末尾が"t"音、後半部の最初が"s/z"音の場合、正しくは1組にせず別々に発音すべきですが、実際は融合して[ts]音になります。
Tat+Sache = Tatsache / grund+sätzlich = grundsätzlich / acht+zehn = achtzehn / ein+und+zwanzig=einundzwanzig

ただし、次のような場合はこのような「融合」は起こりません。
  1. 後半部の最初が[sch]音になる場合
    Fortschritt / Fremdsprache / Schriftsteller

  2. 前半部の終わり"・・・t"+つなぎの"s "(=[ts]音)+後半部の最初が"t"の場合
    Geburt+s+Tag = Geburts+Tag = Geburtstag

TOP
母音 + h

母音の後に[h]が付いている時には、その[h]は前の母音を伸ばす働きしかせず、いわゆる「ハ」行の音としては発音されません。 例: gehen→ ゲーエン (× ゲーヘン  × ゲヘン)

ただし、Alkohol(アルコール、または酒類)のように音節(音の1単位)が al-ko-hol と分けられ、[o]は前の音節、[h]は後の音節に属するような場合は、「アル・コ・ホール」と読み、「アルコー・オル」とは読みません。しかし、このような例はきわめて少ないので、最初の原則を覚えてください。
gehen / Lehrer / sehen / * Alkohol

TOP
l / r

英語よりもはっきりした区別をします。

l 舌の先端を上の前歯の1~2㎜先に出して、舌を上前歯に押し付けるか、上下の前歯で軽く舌先を噛んで、舌がブレないようにします。この状態から「ラ」行の音を発音してみて下さい。英語よりもウェットな感じの[la/li/lu/le/lo]になればOKです。
blau / leben / Lied
r 巻き舌と、喉の奥をこするような発音との二通りが可能ですが、現在のドイツ語では喉を使って発音する[r]の方が一般的です。
drei / Regen / schreiben

巻き舌の「r」
落語で江戸っ子が「べらぼうめえ」と言う時の「ラ」行の音で、通常の「ラ」行の発音と比べて、舌が一度だけ動くのでなく、何度か振動するのが特徴です。
喉で出す「r」
疸を切る時に喉が振動しますね。この振動に「ア・イ・ウ・エ・オ」の母音を付けた音というのが(美しい例とは言えませんが)一番はっきりするでしょう。日本語では通常このような喉を震わす音は使わないので、意識的にそのあたりの筋肉を動かすには訓練が必要です。うがいの水を段々減らし、水なしでうがいの時のように喉を震わせることができるようにするとか、空気を吸うのではなく吐き出すいびきの音として練習する、魚の小骨が喉に引っかかった時にそれを吐き出そうとするように、喉の深い所で[ch]音を出そうとする、などというのが昔から言われている方法ですが、ともかく練習をしてみましょう。(私は後2者の練習をお奨めします!)

TOP
v / w

v 英語の「f」と同じです。下唇に上前歯を当てて発音します。日本語の「ファ・フィ・・・」のようにならなよう注意して下さい。
 注:下の * 印のような外来語では英語の[v音]と同じ有声音になります。
davon / viel / voll / * Revolution / * Violine
w 英語の「v」と同じです。下唇に上前歯を当て、ヴァイブレーションがかかるように発音します。日本語の「わ」行音にならぬよう、しっかり「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」とヴァイブレーションをかけるようにします。
Antwort / Wagen / Wein

TOP
ch は「チ」ではない

[ch]の発音には、[i]・[e]系統の音か子音に続く場合と、それ以外の[a][o][u]に続く場合の2種類の発音があります。
i/e音+ch
子音+ch
日本語の「ヒ」と同じ口を作り、「ヒ=hi」の最後の[i]音を出さずに、空気が口蓋を通過する時に出る音です。[ch]は子音なのですから、「ヒ=hi」のように後に[i]の音は残りません。
ich / Milch / durch / erreichen / riechen / euch / lächeln

[i]系統の音に続く場合というのは、[i]以外に複母音の[ei] [ie] [eu]に続く場合も同じ発音になるということです。
[e]系統の音に続く場合というのは[e]以外に[ä]に続く場合も同じ発音になる、ということに注意して下さい。

a/o/u/ 
au+ch
喉で出す[r]の音を、喉のもう少し浅い部分で発音した音です。
日本人的な誤りとして、[ach]や[och]での[ch]を、「アッハ」、「オッホ」のように「は」行音にしてしまうというのがあります。この点には十分注意して下さい。

acht / doch / Buch / auch

TOP
sch / tsch


sch 後に続く母音と一緒に、「シャ・シィ・シュ・シェ・ショ」と似たような音になります。ただし、「汽車、汽車、シュッポ、シュッポ」と言う時のように(あるいはキスをする時のように)、少しだけ唇をすぼめて発音して下さい。
schön / Schule / Tasche
tsch [sch]の前に[t]を付けて発音しようとすると、自然に「チャ・チィ・チュ・チェ・チョ」となりますね。それで結構です。ただし、[sch]の場合と同様、唇を少しすぼめて発音してください。
Deutsch / Dolmetscher / Quatsch
2語からなる複合語で、前半部の末尾が"・・・d/t"で、後半部の最初が[sch]音であるような組み合わせの場合、正しくは1組にせず別々に発音すべきですが、実際の発音では"・・・d/t"+[sch]音の部分が"tsch"と同じ発音になります。
Landschaft / Hand+Spiegel = Handspiegel

TOP
b / d / g =最後にあったら p / t / k

[b] [d] [g]という濁音が語の最後(厳密には音節の切れ目)にあれば、b=p、d=t、g=k のように、それぞれ同系統の清んだ音になります。
halb / wird / Flugzeug (=Flug+zeug) / abfahren (=ab+fahren)

注意:語末の[p/t/k]を「プ」「ト」「ク」のように発音しないことも大切です。

例 ab=p (× プ)  wird=ヴィrt (× ヴィルト)  Tag=ターk (× ターク)

TOP
-ig =最後にあったら [ich] 音

[-ig]が語の最後(厳密には音節の最後)にあり、後に母音が続かなければ発音は[ich]と同じになります。後に活用語尾や接尾語の母音が続くような場合(下例 * 印)には、[g]と後の母音が音節を作るので、[ich]音にはなりません。
billig / fleißig / König / * billige / * fleißiger / * Königin

TOP
sp / st

語の最初(厳密には音節の最初)に[sp]か[st]が来ると、[s]が[sch]と同じように発音されます。
Sport / stehen / aufstehen (=auf+stehen)

TOP
j の発音

ドイツ語での[j]は、フランス語などから借用した言葉でない限り、「イャ・イィ・イュ・イェ・イォ」というふうに、最初に口を「イ」の形にしてから、それに後の母音を重ねていくといった発音になります。
日本は[Japan]ですが、「ヤーパン」のように「ヤ」を軽く発音せず、「イャーパン」のように最初に「イ」音を力強く発音して下さい。

Januar / Japan / jung

TOP
n の発音

[n]は、鼻濁音になる[ng]のような場合を除いて、「ナ・ニ・ヌ・ネ・ノ」の発音と同様、必ず舌先を上前歯の裏に押し当てて発音して下さい。
特に注意が必要なのは、[machen]や[denn]のように、弱い[e]の音に[n]が続く時で、この注意を守らないと舌が下がった状態の「ン」、いわゆる日本人的な、つまり非常に非ドイツ的な発音になります。

denn / machen / nein / * lang

TOP
r の母音化:語末(音節末)の母音 + r

---er    2音節以上の語の語末にある[er]は、母音の「ア-」として発音されます。
aber / Meier / September

-er     1音節の語の語末にある[er]は、「エァ」となります。
er / der / sehr
(sehrの[h]は前の母音を伸ばすだけで発音しません。)

-ir/-ur/-or 「イア/ウア/オア」となります。
Vorname / Uhr / Ihr
(UhrやIhrの[h]は前の母音を伸ばすだけで発音しません。)

-ar という場合は、母音化は起こりません。

TOP
pf は「プフ」ではない

[pf]は1つのまとまった音です。

  1. まず[f]の音を出すように、上前歯をしっかりと下唇に当てます。

  2. 次に、そのまま下唇から歯を離さずに、[p]の音を出すときのように上下の唇を閉じます。

  3. 最後に、下唇から上前歯を離さずに[p]の発音をするように上下の唇のわずかな隙間から勢い良く息を吐き出します。
    この時、[p]音は出さないことが重要です。あくまで「上前歯を下唇から離さずに息を強く吐き出す」だけです。
    [p]の音を出してしまうとどうしても「プフ」になってしまいますから注意しましょう。

最初の間は、上下の唇を少し唾で湿らせると発音がし易いでしょう。但し、唾が飛ぶ恐れがあるので、近い距離から人の顔に向けて練習することはしない方が無難です。
Apfel / Kopf / klopfen

TOP
dt=[t]

たまに出てくる[dt]という子音の組み合わせは、ひとかたまりで[t]と同じ発音です。「ドト」などと発音しないように!
gewandt / Stadt / Verwandte

TOP
qu=[kv]

これもたまにしか現れない[qu]という組み合わせは、英語のように[kw]ではなく、[kv]と後半に[v]のヴァイブレーションのかかる発音になります。
bequem / Qualität / Quittung

TOP
chs=[ks]

3文字で一単位です。「クス」のように、最初の[k]を「ク」と発音しないように注意して下さい。また、最後が[s]ですが、後に母音が続いても[s]は清音のままで濁りません。
 注:下の * 印のように、[Mittwoch 水曜日]を「水曜日にはいつも」と副詞化するために[s]を付けるような場合は[mittwoch]+[s]の発音となります。
Lachs / sechs / wachsen / * mittwochs

TOP
外来語の発音

ドイツ語の単語を始めて見て、それがドイツ語にとって外来語であるかどうかを判断するのは難しいでしょうが、何となく英語でも見たことがある綴りだな、と思ったような時には辞書で発音を確認してみましょう。

y ドイツ語の [ü]と同じ発音になります。  (例1)
ti 日本語的には「ツィ」となります。「チ」と発音しないよう注意してください。  (例2)
ph 発音上は[f]です。語頭での"ph"という綴りは外来語にしか現れません。  (例3)
rh 発音上は[r]であり、[h]は無視します。語頭での"rh"という綴りは外来語にしか現れません。  (例4)
th 英語と違い、単なる[t]の発音となります。語頭での"th"という綴りは外来語にしか現れません。  (例5)

1. Symbol / System 2. Nation / Patient 3. Philosophie / Physik 4. Rhein / Rhythmus 5. Theater / Thema

TOP
・・・t d・・・=d / ・・・d t・・・=t →音の省略

前の語が[t]音で終わり、次の語が"d/t"で始まる場合、または前の語が"d"で終わり(=語末の"d"ですから発音上は[t]音ですね)、次の語が"d/t"で始まる場合、(特に丁寧に発音しない限り)実際の発音では前の語の末尾の[t]音が消えてしまいます。
下の例では、"Hast du"が"Hasdu"のように、"und dunkel"が"undunkel"のように、"und Tat"が"untat"のように発音されます。

Hast du heute Zeit? / Im Zimmer war es still und dunkel. / Er hat mir mit Rat und Tat geholfen.


TOP
発音は一人で練習できる?

 よく「発音できない音は聞き取れない」と言われます。また、「発音できない単語は覚えられない」とも言いますね。これは事実です。

 幼児が言葉を習得していくのを観察していると、かなりの間はいわゆる「言葉」としての発声ではなく、「ダーダー・ウーウー」といった発声に終始します。これが親が使う「言葉」をまねるという形になるまでには、実はかなり長い「耳からの学習と発声の練習をする」という過程があるわけです。

 この間に幼児は色々な「音」を試しながら、長い試行錯誤の中からやがて「こういうふうに音を出すと、これこれの反応が返ってくる」ということを学習していきます。幼児には、自分の発した「音」によって自分が期待したような反応が返ってくるかどうかが一番大事なことであるわけですが、やがて声帯を調整して、親の発声をまねることができるようになり、何度か「成功体験」をすると、今度はその「言葉=発声の仕方」が固定され、やがて自動化されて行きます。こうして、コミュニケーションの道具としての言葉が徐々に習得されて行くわけです。

 一方大人が外国語を習得する場合には、少し条件が異なると言えるでしょう。大人は、文章の構造を「文法」という枠組みで理解しようとします。また個々の単語の意味を辞書で調べることもできます。ある語や文章からどのような反応が返ってくるはずか、ということを予想もします。つまり、「理屈は分かっている」という状態にあります。そうすると必要なことは、単語を覚える、そしてそれを正しい発音で相手に届けること、ということになりますが、問題は自分の発音が正しいかどうかをどうやって判断するか、ということです。発音を矯正してくれる人が身近にいれば問題はありませんが、そうでない場合には困ってしまいますね。

 そこで、入門段階としてまず次のような努力をしてみて下さい。すべて「耳と口との連携プレー」のための工夫です。

  1. 同じ語でも、口にするたびに違った発音になる、というのが一番困ります。そこで、練習にある文や語を繰り返し発音し、完璧であるかないかはとりあえず問題にせず、一定の語に対して決まった発音が出て来るようにして下さい。そのためには、口の形、口の開き方、舌の位置などを一定させることが重要ですから、自信がなくなったら解説を読み直して、繰り返し「口の形の固定化」に努めて下さい。

  2. 会話などの文を自分で読んで練習する時には、耳を指でふさぎ、自分の声が自分の頭で響いて聞こえるような状態を作って下さい。マイク付きのテープレコーダーをお持ちならば、不要なテープをテープレコーダーにセットして録音状態にし、マイクに向かって文を読みながら、ヘッドホンで自分の声をモニターする、というのも集中力をあげるのに効果的です。(ただし、この方法は結構疲労を伴いますので、10分程度で一度休憩するようにしてください。)

  3. 可能ならば、衛星放送のドイツ語ニュースや、ドイツ語の歌のCD、二か国語放送でのドイツ映画のビデオなどをできるだけ頻繁に耳にできるように工夫して下さい。と言っても、内容を理解する必要はまったくありません。あくまでバックグラウンドミュージック(?)と考えて、ともかく「ドイツ語の音」がしょっちゅう耳に入って来る、という状況を作って下さい。

 こういった工夫で発音が一気に上達する、というわけにはいきません。しかし、このような工夫と努力を習慣とした人と、そうでない人ではいずれ大きな差が出て来ます。ぜひチャレンジしてみて下さい。

TOP



発音ファイルのダウンロード
左のマークをクリックすると、このページの中で同じマークのついたドイツ語の例語がすべて録音されたWAVファイルをダウンロードして、電話回線を切ってから、このページを見ながらゆっくり聞くことができます。
WAVファイルを聞くには、ダウンロードしたファイルのアイコンをダブルクリックするだけです。(Windows に添付の「サウンドレコーダ」や「メディア・プレーヤ」などが起動します。)

それぞれの項にあるスピーカー・マークをクリックしても例語の発音が聴けますが、オーディオ・ソフトが一々に起動して時間がかかるので効率的ではありません。なるべくなら上の方法で、圧縮された一括ファイルをダウンロードすることをお奨めします。なお、ダウンロードの仕方に自信のない方は、リンク集の[ダウンロードのお手伝い]にある[圧縮ファイルを元に戻す方法]の説明を先に読んでください。


戻る:ブラウザの[戻る]ボタンをお使いください!