学科案内

日本大学文学部に教養部を吸収し,理系の学科を増設して「文理学部」が誕生したのは1958年(昭和33年)であるが,翌1959年4月(昭和34年)には「独文学科」が開設され,初代の主任教授は奥津彦重先生であった。 2002年4月(平成13年)にドイツ文学科と改称した現在の学科はドイツ文学,ドイツ語学,ドイツ文化を専門の三本柱とし,総合的なドイツ語能力を養うことに力を入れている。 とりわけ一年次よりネイティブの教師を配し,初歩の段階から音声面の訓練を含めた自然な運用能力を育てる教育システムは,一人一人の語学力を高める上で大きな成果を上げている。  本学はベルリン自由大学,マインツ大学(ヨハネス・グーテンベルク大学)と姉妹校であり,両大学へは、毎年のように本学科学生(学部生、大学院生)が留学している。